Ferrari 512M 定期チェック

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

フェラーリ 512 M

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari 512M メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 512Mを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 512M

Ferrari 512M 定期チェック 開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

まず、オーナーご依頼ポイントからのチェック。

フェラーリ 512M

定期チェックまず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、 512M 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、マシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

フェラーリ 512M

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデーター。

現状の512 M マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部のデーターを取得。

前回チェック時の保管データーと比較しどのような変化が有るかもチェック。

最新のデーターとも比較します。

マシンのエレクトロニクス関連の状態を全て把握しました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ 512M

テスタロッサの最終進化バージョンの512M。

エンジンマネージメントシステムは512TR 同様のボッシュ製モトロニックM2.7で制御されますが、TRのF113D型エンジン内部を更にMではアルミ製ピストン、チタン製コンロッドを採用し、圧縮比も10.4:1 にまで高められ最高出力 は、440 PSを発揮するG113G 型。

G113G 型エンジン モトロニックM2.7の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

常に定期チェックをご依頼頂いているマシン。

抜群のコンディションが保たれています。

フェラーリ 512M

マシンはさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台のマシンとして構築されています。

マシン毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

ただ、これまでマシンがどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?  

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

マシン内部の隠れた部分まで、的確なチェックが行われます。

常に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

フェラーリ 512M

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

512M モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ 512M

全てのチェックが終わった512M。

常に定期チェックをご依頼頂いているマシン。

ベストコンディションが保たれています。

今回、定期時期の油脂類の交換また、セットアップ&クリーニングアップを行います。

実作業開始です。

フェラーリ 512M

油脂類の交換より開始です。

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。
エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

マシンやモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

フェラーリ 512M

ほぼ走行されていないコレクターズ マシン。

ドレンより抜き出しているエンジンオイル。

見た目には非常に綺麗です。

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくい物です。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用期間や走行距離で判断します。

今回の場合は使用期間での交換です。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できずマシンを痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

フェラーリ 512M

続いてブレーキオイルの交換。

新しいブレーキオイルを専用機器を使用し、各部最後部より交換します。

一般的なブレーキオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

ブレーキオイル&クラッチオイルは、1年に1回の交換が必要です。

ブレーキオイルも512Mに合ったオイルをチョイスします。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた各部の動きが機敏になるメンテナンス開始です。

フェンダー内部もコンディションが非常に良い状態ですが今回も、定期的な足回りのトルク管理&マシン全体のトルク管理&各部の調整を行います。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップも行ないます。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

リヤーフェンダー内部です。

フロント同様に、足回りのメンテナンスを行ないます。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フロント&リヤー 足回りのメンテナンスまた、クリーニングアップ後のサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

独自のクオリティーでメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ 512M

チェック&メンテナンスに伴う全ての分解パーツはクリーニングアップ実施後、組み込みます。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

チェック&メンテナンスと同時に関連部分も全てクリーニングアップします。

スッキリ。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

前回のメンテナンスからホイールもほぼ、汚れが付いていない状態でしたが今回も4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

マシン フロアー部分も完璧にチェック&メンテナンスまた、クリーニングアップも終了。

フェラーリ 512M

最終のエレクトロニクス部位のセットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセットし初期化。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で最終チェックまた、セットアップを実施します。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

Maintenance Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

メンテナンス工程も詳細に撮影していますので、お渡しします。

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

フェラーリ 512M

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ 512M

全てのメンテナンス終了の512M 。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写及び、今回のメンテナンス内容書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »