フェラーリ 512M トラブルポイント チェック&リペア

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

s-DSC02869

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 512M メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 512Mを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回もご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC05134

トラブルシューティング開始です。

s-DSC05141

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

また、複合したトラブルも的確に判断します。

 

車輌に異変を感じたときは、早急な対応が必要不可欠です。

間違ったトラブルシューティングでのリペアでは、一向に不具合は改善されません。

また、関連パーツを破損させる負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

 

エレクトロニクスまた、メカニカルの基本構造を熟知したエンジニアが、確実なトラブルシューティングで主原因をピンポイントで確定します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ 512M。

 

車輌に発生している不具合個所を確実にピンポイントで把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定した今回のメンテナンスメニュー。

早速、実作業に入らせて頂きます。

s-DSC05142

クリスタルのような繊細なインテリアを丁寧に分解していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05204

内部のリペア&メンテナンス完了。

 

Maintenance  Reportでは全ての画像をアップ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、リペア過程や交換過程、セットアップ工程の画像も詳細に撮影していますので納車時にお渡しします。

s-DSC05190

インテリアパーツを組上げる上での、細かい微調整。

最終的な合わせこみが重要です。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップ済みパーツを基本装着位置の見直しを図り組込みます。

s-DSC02946

全てのリペア&メンテナンス 終了のフェラーリ 512M。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 37枚 及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »