フェラーリ 512 TR オイル交換及びオイルホース交換

s-DSC05596

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

いつもフェラーリ 512 TR メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05602

フェラーリ 512 TR オイル交換及びオイルホース交換 開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC05652

ボディープロテクターの装着。

整備&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05706

s-DSC05755

整備&メンテナンスに伴う各油脂類の抜き取り。

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選したフェラーリ 512 TRに推奨するオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05798

ドレンボルトに付着している金属粉。
 

金属粉等放置すると研磨剤と同様の影響を及ぼします。

エンジンやミッション損傷の原因になる為、その除去は重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05768

ドレンボルトをスッキリ クリーニングアップ。

一度締め付けたガスケットの再使用は行いません。

 
クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05681

ミッションリターンホースの交換工程へと進みます。

s-DSC05694

s-DSC05688

ロック部分に亀裂が入りミッションオイルが漏れ出している状態。

リターンホース交換前にクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05829

クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC05840

s-DSC05835

クリーンな状態からミッションリターンホースの交換を行います。

クリーンな状態から分解する事で砂汚れ等、ミッション内部への混入を避けます。

 

整備前のクリーニングアップ。

ナカムラエンジニアリングの整備の特徴の1つでもあります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05650

s-DSC05873

ミッションリターンホース交換後の画像です。

 
リターンホースの取り回しも整然と組上げます。

単にホース交換するだけではなく組み上がりの美しさも重要ですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05944

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 512 TR。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのメンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 
詳細な写真 90枚 (CD-R 1枚に落としてあります)を、車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

2 Comments

  • S.M| 2016年4月7日 at 4:33 PM 返信

    いつも、拝見しています。 とても、丁寧なメンテナンスに関心しています。 これからの、レポートが楽しみなのと、日常点検の勉強になります。 がんばってください。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »