Ferrari F430 マイスターチェック & エキゾースト交換

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 マイスターチェック & エキゾースト交換 御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F430 を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア & インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F430 マイスターチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、 F430 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F430を細部までチェックさせて頂きます。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F430特有のの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違います。

マシン全体のチェックを進めて参ります。

エキゾーストから交換作業開始させて頂いております。

各部分解後のリヤーエンドからの画像です。

こちらの画像は、マシンより取り外させて頂きました、純正のエキゾーストの画像です。

今回装着させて頂きますエキゾーストの画像です。

装着開始です。

エキゾースト仮組み付け完了です。

これより、細部のチリなどの調整を確実に行せて頂きます。

左右リヤーバンバーエキゾースト開口部からのエキゾーストエンドの間隔も左右等間隔でバッチリ装着完了です。

細かな個所も、1つ1つ丁寧に組み込ませて頂きます。

エンジン上部からのエキゾーストの画像です。

続いて、油脂類の交換&マシンフロアーのボルト&ナットのトルク管理。

及び、調整の為、フロアーパネルの分解作業に入らせて頂きます。

油脂類の交換&マシンフロアーのボルト&ナットのトルク管理及び、調整も実施完了です。

続いて、各フロアーパネルのクリーニングアップに入らせて頂きます。

フロントアンダーカウルインナー側の現状の画像です。

走行していると、どうしても汚れが付着してしまう部分。

フロントアンダーカウルアウター側の現状の画像です。

続いて、センターカウルインナー側の現状の画像。

センターカウルアウター側の現状の画像。

フロントからリヤーまでのカウル全てクリーニングアップ実施開始です。

各フロアーパネルのクリーニングアップ完了させて頂きました画像です。

クリーニングアップ完了後のフロントアンダーカウルインナー側の画像です。

続いて、フロントアンダーカウルアウター側のクリーニングアップ後の画像。

センターカウルインナー側のクリーニングアップ後の画像です。

続いて、センターカウルアウター側のクリーニングアップ後の画像です。

続いて、最終リヤーデュフューザーのクリーニングアップ後のインナー側の画像です。

全てのクリーニングアップは、艶出し剤などを一切使用せず、クリーニングアップを行わせて頂いております。

リヤーデュフューザーのクリーニングアップ後のアウター側の画像です。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工をして参ります。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム & ブレーキシステムまた、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

上記クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F430 。

続いて、リヤーフェンダー内部の画像です。

クリーニングのみで、ここまで綺麗な状態を取り戻させて頂きます。

続いてホイール クリーニングアップ開始です。

現状のF430ホイール表面の現状の画像。

続いて、ホイール インナー側の現状の画像です。

ブレーキダストなど、かなりの汚れが付着致しておりますので、4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

上記、クリーニングアップ後のホイールの画像です。

クリーニングアップ後のホイールインナー側の画像です。

ホイール内側 & 表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、メーターインジケーターのコーションランプ異常点灯させておりました、主原因パーツも入荷。

早速交換を実施。

また各作業や、調整作業と同時に実施させて頂いておりました心臓部のクリーニングアップも完了。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を再度接続。

作業終了後のメカニカルパーツ & エレクトロニクスパーツの作動状況を、全てチェックしていきます。

また、同時に関連各パーツのセットアップもコンピューター上で行い、テストラン開始です。

テストラン & セットアップもバッチリ完了。

本来のF430 マシン全体のポテンシャルを取り戻させて頂きました。

F1マチックや、エンジンレスポンスも飛躍的に向上させて頂いております。

全ての作業完了です。

エクステリア & インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F430 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス部位の書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いております。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »