Ferrari F430 排気不良&チャレンジホイールへと換装&サスペンションシステム製作

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼、誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中、お越し頂き誠に有難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

御依頼頂きましたチャレンジホイールのパールホワイト化。

弊社の信頼できるパートナーの下、パールホワイトペイントを終え戻ってきましたチャレンジホイールの画像です。

非常に綺麗に仕上がっています!

今回、換装致します、チタン製ボルトセットの画像です。

非常に軽量で、見た目にも非常にレーシーになるチタン製ボルトセット。

今回、クワンタムレーシングにて、特注製作致しますサスペンションシステム。

1番オーナーのご要望に適した、ストローク量また、減推力や、仕様で製作させて頂きます。

特注製作の為、各部の計測を実施。

弊社のノウハウを盛り込んだサスペンションシステムを製作致します。

Ferrari F430 排気不良のトラブルシューティングに入らせて頂きます。

第1段階。

現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F430 車輌コントロールユニットと交信開始です。

F430から以降のマシンは、この最新のFerrari純正車両診断テスターSD3のみ通信可能です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、各部位のパーツ状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、的確に細部までチェックし、現状のデーターを把握します。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なチェックが行われました、F430 排気不良のトラブルシューティング。

コントロールユニットから、電気信号にてアクチュエーターを制御する回路の不具合の場合、ECUからの出力信号のみならず、作動条件の要素となる入力信号のチェックも欠かせません。

パールホワイト化した、チャレンジホイールに、Scuderia Ferrari製 フルチタン ホイールボルトへと換装させて頂きました画像です。

ワンポイントのチタンのボルトが非常にレーシーに決まっています。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なチェック&メンテナンス完了の、エンジン&エンジンルームの画像です。

アップ画像で、もう1カット。

非常にクリーンな状態と、完璧なチェック&メンテナンス完了です。

全ての作業完了です。

ご要望に適した、ストローク量また、減推力や、仕様で製作させて頂いております、クワンタムレーシング 特注サスペンションシステム。

製作完了次第、再度ご入庫頂き、装着セットアップ実施させて頂きます。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F430。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »