フェラーリ f355 エンジンオイル点検・フェンダーエンブレム修理・タイヤ交換

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

フェラーリ 355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari 355  メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

早速リフトセクションに移動。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジンオイルのチェックも、ご依頼頂いていますのでタイヤ交換の間にチェック開始。

ほとんどのFerrariに採用されているドライサンプの潤滑方式。

ドライサンプ方式は色々な利点が有ります。

オイルパンの厚みを薄くしてエンジン搭載位置を出きる限り低い位置に搭載でき、ロールセンターを下げるメリットがありますね。

また、エンジンコンディションの安定の為、オイル圧を安定させます。

オイルタンクに安定したオイル量が確保でき、高い旋回Gを受けても安定した潤滑が可能。

オイルタンク容量を大きくしたり、オイルラインの途中にオイルクーラーを追加することが容易なため、オイルの温度上昇が抑えられる。

スカベンジポンプによりオイルが回収され、またさらにクランクケース内が負圧になるため、クランクシャフトなどによるオイル攪拌抵抗が軽減されます。

色々な利点が有る為、レーシングカーなどのエンジンでは、ほとんどがドライサンプ方式です。

欠点としては、構成が複雑でパーツ点数が多くなり、パーツコストや外部に露出したオイルラインや、フィッティング部からのオイル漏れのトラブルが多い事でしょうね。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

さて、サイドエンブレムの交換。

糊をしっかり剥離&脱脂し新しいエンブレムを装着します。

フェラーリ 355

真新しいニュータイヤ。

フェラーリ 355

常にメンテナンス御依頼時クリーニングアップしているホイールインナー。

やはり綺麗ですね。

今回も、ブレーキダストなどの汚れをシッカリ クリーニングアップします。

フェラーリ 355

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、スッキリ!!

フェラーリ 355

剥離&脱脂も終了。

規定の位置へと確実に装着します。

フェラーリ 355

今回、換装するアルミニュウム製 ドリルド加工 フットレスト キット。

スッキリしたスタイリッシュなデザイン。 

肉厚の有るアルミニュウムのフットレストに、滑り止めドリルド加工済みのフットレストです。

ガッシリと作り込まれたフットレストに洗練されたスタイル。

インテリアの雰囲気がレーシーなイメージに変わると共に シッカリと踏ん張れるフットレストです。

フェラーリ 355

フットレスト キットへと換装終了。

フェラーリ 355

ニュータイヤと、フットレスト交換でのサーキット走行はいかがでしたか…….

先導車つきでは、物足りなかったのでは(笑)

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »