Ferrari 355 オーナーご依頼ポイント チェック

フェラーリ 355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回 Ferrari 355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

 Ferrari 355 トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

フェラーリ 355

不具合発生ポイントのトラブルシューティング。

現状のマシン状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2で、Ferrari 355 マシンコントロールユニットと交信。

各ErrorコードのみのチェックではなくSD2で、現状の状態を詳細に把握します。

また、関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上でできうる全てのチェックを行います。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

近年のマシンは、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連のトラブルか、機械機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めトラブルシューティングを行ないます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

データー全てを鵜呑みにせず、各ポイントの状態を専用機器を使用し単体点検を実施。

独自のチェックを進め、確実にマシンに発生している不良ポイントを把握し切ります。

フェラーリ 355

エレクトロニクスまた、メカニカル機構も専用機器を使用し単体点検を実施。

ピンポイントで不具合発生ポイントを確定します。

何故この様な不具合が発生しているのか?

そこまで追求するトラブルシューティングを行ない根本の不具合発生個所を特定します。

フェラーリ 355

全てのチェックを完了のFerrari 355。

担当エンジニアが、現状マシンに発生している不具合個所をピンポイントで把握し切らせて頂きました。

内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

現状マシンに発生しているトラブルポイントまた、なぜトラブルが発生したのかを、ご報告し1セクションを確実にリペア&メンテナンスする今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

Ferrari 355 リペア&メンテナンス開始の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 355

フェラーリ 355

プロテクションカバーを装着。

フェラーリ 355

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 355

冷却水にエアーが混入していた為、2次的破損してしまっているサーモスタットの交換。

サーモスタットは、エンジンの加熱 冷却を制御し、エンジンを常に適正温度に保つパーツ。

フェラーリ 355

リペア&メンテナンスと同時にエンジンルームもクリーニングアップ。

エンジン冷却水の注入です。

今回のトラブルは、冷却水内部にエアーが混入していたのが主原因。

2次的破損まで引き起こしていました。

しいてはエンジンブローにつながるポイントでも有ります。

Ferrariの冷却系統には多数のエアブリーダーが点在します。

冷却水交換1つでも安易なメンテナンスは厳禁。

基本プロセスでの交換が必要です。

また、一定期間エンジン始動しないマシンもエアー溜りが起こるので要注意。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

砂や泥汚れで汚れきっていたフロアーカウル類。

組み込み前にクリーニングアップを行います。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

リペア&メンテナンスに伴った分解パーツ。

また、マシン フロアー部分も完璧にクリーニングアップ。

フェラーリ 355

続いてステアリングの換装です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

お持込頂いた、フェラーリ 360 チャレンジのステアリング。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

360 チャレンジのステアリングへと換装終了。

カバーリングで保護。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

リペア&メンテナンス終了。

クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

各部メンテナンスと同時に施工する、クリーニングアップ。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど….. 素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

インテリア エクステリアも最終仕上げ終了。

フェラーリ 355

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari 355。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の、1部分のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお渡し致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »