Ferrari 355 マイスターチェック

 

フェラーリ 355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari メンテナンス御依頼有り難う御座います。

増車されましたFerrari 355が弊社へ搬入されました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

Ferrari 355 マイスターチェック開始準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

フェラーリ 355

マイスターチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2で、Ferrari 355 車輌コントロールユニットと交信。

ErrorコードのみのチェックではなくSD2で現状の電子制御系統の状態や、セット状況また、出力電圧 波形に至るまで、チェックします。

フェラーリ 355

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ 355

SD2で取得した各部のデーター。

現状のFerrari 355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルのセットアップ状況。

関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各ポイントの基本作動も専用機器で単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックが担当エンジニアにより進められます。

フェラーリ 355

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ、項目別に分類。

電脳化が進んだマシンのチェック&トラブルシューティング。

上記の項目などを完全に熟知し、あやつり切る能力が無ければ近年のマシンをチェック&トラブルシューティングまた、セットアップする事は困難ですね。

フェラーリ 355

近年のマシンは、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連また、機械機構を確実に見極める事が重要です。

フェラーリ 355

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

355 前期 中期 後期  各モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

マシン内部の隠れた部分。

また、アンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

フェラーリ 355

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari 355。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

先程は、お忙しい中お電話にて対応頂き有り難う御座いました。

1セクション1セクション確実にメンテナンスする方法で、お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

Ferrari 355 メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 355

プロテクションカバーを装着。

フェラーリ 355

室内メーター類や電子機器パーツを全てチェック。

作動状況を再度確認しリヤーセクションよりリペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

今回は、エンジン関連を、1くくりとする1セクションを確実にリペア&メンテナンスしていきます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジン脱着開始です。

フェラーリ 355

補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当エンジニアにより丁寧に行われます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

F355の心臓部にセット。

このリフトを使用しエンジンを降ろします。

マシンの価値観を考え、細部に工夫が施された、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

フレームに一切キズ等が付かず、載降を繊細にコントロールし、エンジンルームに接触する事も無くクリアランスを確保しエンジン脱着する事が可能なリフト。

各モデルに対し全て、完備しています。

さて、エンジン脱着開始です。

フェラーリ 355

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧に各部を分解。

的確な作業が、担当エンジニアにより進められFerrari F355 エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前にエンジンやミッションなどに付着している細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施します。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、行ないます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のエンジンフロントからの画像です。

フェラーリ 355

現状のエンジン左バンクからの画像です。

フェラーリ 355

同じく現状のエンジン右バンクからの画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジン後方、ミッション側からの画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジン Vバンクの現状の画像。

エキスパンションタンクなどでオーナーが中々目にする機会がない部分ですね。

フェラーリ 355

コンディションの良いバルブカバーの結晶塗装。

分解前に、これ位汚れの付着していないマシンも少ないですね。

今回オーナーのご希望でボデーカラーと同じイエローで結晶塗装を行ないます。

フェラーリ 355

こちらも、通常オーナーが目にする事の無い部分。

エンジン シリンダーの現状の画像。

マシンの価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所の、クリーニングアップを非常に重要視します。

フェラーリ 355

タイミングベルトケース内部から飛散したオイルが表面に出てきている現状。

タイミングベルトにオイルが付着してしまうと、ベルト本来の強度が奪われ最悪の事態(バルブクラッシュ)を引き起こしてしまいます。

フェラーリ 355

メカニカル チェックで指摘させて頂いた、割れてしまっているタイミングベルトカバー。

今回、交換と同時にオーナーのご希望でボデーカラーと同じイエローで塗装を行ないます。

フェラーリ 355

続いて、現状のフレームの画像。

マッドブラックの発色をしているフレーム。

こちらも、独自のクリーニングアップにより、本来の発色を蘇らせます。

フェラーリ 355

現状の、サスペンションシステムや、アップライト部分のアップ画像。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

サブフレーム&サスペンションや、アップライト部分。

上記の状態では、やはりリペア&メンテナンス時に、異物の混入が避けられません。

これより全てクリーニングアップを行ないます。

2〜3年走行していれば必ず汚れが付着してしまいます。

その汚れを独自のクリーニングアップ方法により一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

変化振りを……..乞うご期待!!

フェラーリ 355

フェラーリ 355

クリーニングアップ終了のFerrari 355。

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

まず、フロントからの画像です。

フェラーリ 355

クリーニングアップ後、エンジン左バンク の画像です。

フェラーリ 355

同じく、エンジン右バンクからの画像。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

続いて、エンジン後方ミッション側からの画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

クリーニングアップ後のエンジンVバンク。

細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

汚れも一掃。

フェラーリ 355

バルブカバー結晶塗装アップ画像です。

独自のクリーニングアップ方法により、完璧なクリーニングアップ実施後の画像です。

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも細部までクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻した結晶塗装。

今回は、ボデーカラーと同色の結晶塗装をパートナーの下で行ないます。

フェラーリ 355

エンジン シリンダーのクリーニングアップ後です。

隠れたシリンダーもバッチリクリーニングアップ。

フェラーリ 355

続いて、クリーニングアップ後のフレーム。

こちらも、マッドブラックの発色を、独自のクリーニングアップで蘇らせました。

フェラーリ 355

サスペンションシステムや、アップライト部分のアップ画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

サブフレーム&サスペンションや、アップライト部分も隅々までクリーンな状態。

全てがクッキリ映える様になりました。

また、作動部分に付着した汚れ、古いグリス類も一掃。

リペア&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウト!!

全ての部位に対しクリーンな状態からリペア&メンテナンスします。

上記のクリーニングアップは作業の一貫とし行います。

エクステリアやインテリアは綺麗。

だけどエンジンルームを開けるとチョット…….では、マシンも陰が薄くなってしまいますよね。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

現状のバルブタイミングを知るには、分解前に必要なチェック。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

単にタイミングベルトの交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込みには、バルブタイミングをマシンに合わせノウハウを盛り込みセットアップします。

フェラーリ 355

各気等毎、計算式により現状の数値をチェックします。

非常に大切なポイントですね。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

バルブタイミングの測定も終了。

この355は、F1マチック。

エンジンリヤーセクション&F1マチックのリペア&メンテナンスの為、ミッションを脱着。

まず、リペア&メンテナンスの為、クリーニングアップを実施。

クリーンな状態からリペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 355

Ferrari専用SST(専用工具)で、丁寧なリペア&メンテナンスが進みます。

専用SSTを使用する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上致します。

イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンスと、レーシングマシンのメンテナンス ディーラーである ROSSO CORSA , SPA の指定を東洋で初めて受けていますので、全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にリペア&メンテナンスする事が出来ます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジンリヤーセクション&F1マチックのリペア&メンテナンスも終了。

Maintenance  Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでDVD-Rで、お渡しします。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

続いて、フロントセクションのリペア&メンテナンスをクリーンな状態から行ないます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

現状のバルブカバー。

イエローの結晶塗装前に、接合部分面の歪みを計測。

歪が発生している接合面を、専用機器を用い完璧に歪みを抜き取ります。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

接合面 加工修正後の画像です。

随所に、この様なパーツが多々存在します。

各部、分解毎にチェックを行い修正が必要な場合即座に加工修正し精度を的確に出し組み込みに備えます。

接続部分等に歪が発生していると、どうしても数ヶ月また、数年経過すると滲みや漏れが発生してしまいます。

これら細かな1つ1つのチェック&修正により格段に精度の良いマシンへと変化します。

フェラーリ 355

クリーンな状態でパートナーの下へと……..

フェラーリ 355

タイミングベルト交換と同時にオーバーホールすることが好ましいウオータポンプ。

通常はフルオーバーホールしますが、今回エンジン側との接合部分が許容範囲以上の歪が発生していた為交換します。

フェラーリ 355

エンジン側フランジは加工修正で、精度を取り戻し接触面圧をアップ。

接合部分からのエンジン冷却水の漏れをシャットアウト!!

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

今回のエンジンオイル漏れ主原因に伴い分解された各ギヤーやプーリーの現状。

漏れ出したオイルが付着し、錆も発生してしまっています。

この状態では、紙やすりで削る様な作用が発生します。

その為、タイミングベルトが攻撃され指定交換時期まで、タイミングベルトが持たない可能性があります。

各ギヤー&プーリーのメンテナンスも同時に行います。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

ギヤーも加工修正&クリーニングアップ終了。

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これで、シッカリとタイミングベルトが噛み込み、またキッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

また、タイミングベルトを攻撃する脅威も完全になくなりました。

1つ1つの細かな作業には、全て理由が有ります。

問題の発生しているパーツに関しては、現品で的確に修正し確実な精度を取り戻します。

今回のオイル漏れ個所のリペアーに伴う分解パーツ。

1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より精度の高いエンジンに仕上げます。

この修正作業など、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いマシンに仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 355

左がオイル漏れの発生でエンジンオイルが付着しているタイミングベルト。

この状態は非常に危険。

タイミングベルトにオイルが付着しベルト強度が奪われています。

タイミングベルトだけでは無く他の部分もこの様な危険部位は多々存在します。

事前のチェック&リペアで多大な損傷を未然に防ぎ、マシンにダメージを与える事無くまた、余計な出費や押さえ、他の部分をキッチリメンテナンスする事が出来ますよね。

フェラーリ 355

Vベルトもオイルの付着で劣化しきった状態。

こちらもニューパーツへ……..

フェラーリ 355

このマシンには、オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングが装着されていました。

最低5年以上経過していますが内部のグリス漏れも一切無い状態ですね。

左が古いオリジナルのベアリング。

右がオリジナルのニューパーツ。

オリジナル タイミングベルトテンショナーベアリングは、アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完 全にシャットアウトする亜鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

作動が非常にスムーズになりタイミングベルトへの負担も著しく軽減。

全ての問題をクリアし、またエンジンレスポンスの向上も狙ったオリジナル ベアリング。

フェラーリ 355

見逃されがちなタイミングベルトテンショナー。

左が古いパーツ。

右がニューパーツ。

タイミングベルトを油圧で常に張力を持たせる為の大切なパーツ。

内部は油圧式のショックアブソーバと同じ様な構造。

ショツク同様にヘタリが発生してきます。

確実なスパンでの交換が必要です。

フェラーリ 355

スパークプラグです。

点火プラグはシェル 碍子および中心導体(中心電極及びターミナル)で構成されています。

点火プラグは燃焼室を貫く形で配置される為、シリンダーで発生する圧縮圧力や熱が外部に漏れないような密閉構造を持ち合わせているパーツ。

フェラーリ 355

モータースポーツの世界ではエンジンのセッティングに応じて適切なプラグ熱価を選択する事が必要になります。

点火プラグの電極と碍子脚部は燃焼室の内部で大きな影響を受けています。

極と碍子脚部の焼け具合は燃焼室内部の燃焼環境を直接示す目安となる為、点火プラグを取り外した際には電極と碍子脚部の焼け具合を目視する事で、その点火プラグがそのエンジンのセッティングに対して適切か否かの判断を下す事が可能となり、セッティングに応じて選択し直す場合も有ります。

新品のプラグであっても製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によってはプラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整します。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

ボデーカラーと同色で結晶塗装を施されたパーツがパートナーの下から搬入されました。

メリハリが効きコントラストが綺麗なパーツ群。

バッチリですね。

フェラーリ 355

規定締め付けトルクで確実にロック。

基本トルクでの締め付けが必要不可欠です。

他の部位も同様に必要な事ですね。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

ノウハウを盛り込んだバルブタイミングで、セットアップ完了です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジンハーネスや、配管細部まで、丁寧にクリーニングを実施。

ハーネス接続部分もリフレッシュを行いエンジンへの供給電圧を復帰させます。

また、リフレッシュと同時にチェック&整列させ組み込み。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

リペア&メンテナンスまた、セットアップも完了の心臓部。

フェラーリ 355

続いて、エンジン搭載前 マシン側エンジンルームを細部までクリーニングアップします。

現状のエンジンルームの画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

独自のクリーニングアップ方法で付着した汚れを細部まで一掃し、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻します。

変化振りを……..

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エンジンルームクリーニングアップ終了の画像です。

エンジン脱着時のみ可能な細部に渡るクリーニングアップ。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻しました。

各部メンテナンスと同時に施工する、クリーニングアップ。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど….. 素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ 355

フューエルストレーナ。

オイルエレメントと、ほぼ同様の役目と構造。

フューエルが、そこを通過することにより、不純物が濾し取られます。

燃焼室内部に金属粉や塵の混入を避ける為、その除去は重要ですね。

交換終了のフューエルストレーナ。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エアクリーナーBOXもリフレッシュ。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エアーフィルターの交換。

使用許容範囲に近づいている為 ダストの清浄効率と捕捉能力また、フィルター抵抗が大きくなりフレッシュエアーの吸入を妨げます。

エンジンへフレッシュエアーの安定した供給を確保します。

フェラーリ 355

さて、クリーンなエンジンルームへとメンテナンス完了のエンジンを搭載開始です。

エンジン搭載開始にあたり、各部のクリアランスを確実に確保。

Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフトで微調整をし、マシンへと搭載します。

フェラーリ 355

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生しているズレ。

組み込みは、基本搭載位置へ修正しエンジン搭載完了です。

この様な、メンテナンスの積み重ねでマシンの基本ベースを底上げします。

フェラーリ 355

エンジン搭載フロアーからの画像です。

Ferrariエンジン脱着専用 油圧式エンジンリフトの使用でフレームに一切キズ等が付く事無く搭載。

確実なメンテナンスと、行きとどいたクリーニングアップ。

気持ちの良いものですね!

フェラーリ 355

マシンフレーム側と、エンジンフレームをドッキング。

基本締め付けトルクで確実にロックします。

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、エンジンの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

トルク管理が確実に出来るトルクレンチで、的確なトルクでの締め付けが必要です。

他の部位も同様です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

折損していたフロアパーツもリペアします。

フェラーリ 355

折損していたフロアパーツもリペア終了。

リペアに伴い、ちょっと1手間かけます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

通常、見えない個所も1手間かけると…….

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

続いて足回りのメンテナンス。

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた各部の動きが機敏になるメンテナンスも開始です。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップも行ないます。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フロアーまた、リヤーセクション カウル類もクリーニングアップを行ないます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フロント 足回りのメンテナンスまた、クリーニングアップ後のサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

独自のクオリティーでメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フロアーまた、リヤーセクション カウルもクリーンな状態から組み込みます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フロント同様、メンテナンス完了のリヤーセクション。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

細部のチェック&メンテナンスも完了。

クリーニングアップしたカウル類の組み込みも終わりました。

バッチリ!!

もし、僕自身のマシンなら、ここまで徹底的にして欲しい。

その思いを、皆さんのマシンにも実践しています。

何処を見ても綺麗。隠れた所にも気遣いをする。

そう言ったメンテナンスを実施するマシンだと、僕は思います。

フェラーリ 355

最終のセットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセットしセンサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で最終チェックまた、セットアップを実施します。

よくセットアップしましたと言う言葉は聞きますが、トラブルコードの消去だけではセットアップとは言えません。

メカニカル面も、担当エンジニアにより的確な最終チェックまた、セットアップが行われます。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

リセット&独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

フェラーリ 355

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari 355。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

2 Comments

  • マキノヨシノブ| 2010年9月17日 at 7:53 PM 返信

    F355を増車するにあたり、中村社長ご夫妻にいろいろお世話になり本当にありがとうございました。

    愛しい人を待つような気持ちで納車の日を楽しみにしております。

    宜しくお願いいたします。

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2010年9月18日 at 9:11 AM 返信

      所有されているFerrari 512Mのメンテナンスを常に携らせていただき、また増車するに当たり、御相談頂いた事がこれまでのエンジニアのメンテナンスまた、僕自身を信頼して頂いているんだと言う思で凄く嬉しかったです。

      増車されたマシンの事は、僕自身知っており非常にコンディションの良いマシンです。

      今回も、期待に答えるべくベストを尽くさせて頂きますので宜しくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »