Ferrari F355 車検&メンテナンス

フェラーリ F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355  チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F355

チェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、Ferrari F355 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、マシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

フェラーリ F355

F355の パワーユニットは、90度 V8 DOHC 5バルブ。

348tb/tsのF119G型 TB/GTS用のF119H型をベースに開発されたF129B型。

F119Hからストローク量を2mm延長して排気量を3.5リッターへとアップしたF129B型パワーユニット。

他にもさまざまな進化を遂げているF129B型パワーユニット。

代表的なのは5バルブ化。

IN側に3本 OUT側に2本のバルブを配し、ピストンはマーレー社のショートスカートの鍛造アルミニウム コンロッドはチタン製。

また、R/H L/Hバンク独立するタイミングベルトでカムシャフトを駆動させます。

更なる高回転型パワーユニットへと進むフェラーリのプロジェクトが垣間見れます。

ブロックとヘッドは鍛造アルミニウム製パーツで構成されている心臓部のメカニカルチェックも実施。

フェラーリ F355

エンジンマネージメントシステムは、PA / PR / XR 異なるスペックで制御されています。

PA / PRはM2.7 XRではM5.2に進化しています。

フェラーリ F355

最高出力は、380PS / 8,200rpm、最大トルク36.7kg·m/5,800rpmを搾り出します。

高回転型で、フェラーリ最高の官能的なエキゾーストノートを奏でるF129B。

F129B型エンジンのメカニカルまた、モトロニックM2.7 / 5.2 の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F355

常に定期チェックをご依頼頂いているマシン。

クリーンな状態が保たれているF129B型パワーユニット。

フェラーリ F355

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F355 モデル毎の傾向的不具合発生ポイントも存在します。

また、メンテナンス状況や、マシンの使用状況 保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので的確なチェックを行います。

フェラーリ F355

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ F355

近年のマシンは、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、マシン下部アンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計されエアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力が発生させるダウンフォースを作り出します。

マシン下部全面にアンダーカウルが装備されているのでオイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい反面もあります。

フェラーリ F355

フェラーリのストラダーレモデルとして初めてグランドエフェクトデザインを導入されたのはF355から。

348ではあえてボディ下面にエアが流入しないようデザインされていました。

逆にF355ではボディ下部へ流れ込むエアを活用しヴェンチュリー効果でダウンフォースを得られるアンダーカウルを採用しています。

横置きギアボックスという構造を引き継いでいるため、ギアボックス周辺はカウルされていませんが効果的には非常に大きい効果を得る構造となっています。

エアを高速でスムーズに取り込むために、ノーズのデザインは中央部が湾曲しここからボディ下部へ入ったエアは、フロントアクスル部分で収束。

さらに速度を高めた後、アンダーカウルの中心部で拡散するシステム。

リアアクスルに向けてニ分割し、再びひとつに収束して高速でリアから排出される過程で強力なダウンフォースが生まれ、目立った空力パーツがなくてもF355は高いグランドエフェクトを発揮します。

ただノーズやマシンの動きでボディ下面に導き込まれるエアが乱れ、逆にダウンフォース抜けしてしまう部分は現在のストラダーレも同様に起こりえます。

フェラーリ F355

シャシーは基本的には348同様、一部に鋼管スペースフレームを残しつつもよりスタンダードなモノコックフレームを採用したモデル。

センターモノコックのリアにはエンジンなどのユニットがマウントされているシャシー。

足回りは前後ともダブルウィッシュボーン。

サスペンションシステムは電子制御タイプの可変ダンパーを装着し2種類のプログラムが選択可能なシステム。

ブレーキシステムはF/R共にベンチレーテッドディスク。

ステアリングシステムは、パワーアシストシステムが採用されたラック&ピニオン。

フェラーリ F355

マシン毎の傾向的不具合ポイントも含め独自のチェックを進めます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

各項目 全て個別にチェックしていきます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

油脂類の漏れ。

アンダーカウルが全面に装着されている為、中々オーナーには気づけない場合が多々あります。

クリーンな状態を常に保っていますのでリークポイントも即座にピンポイントで確定できます。

フェラーリ F355

フェラーリの傾向的不具合発生ポイント。

熱害によるドライブシャフトブーツのダメージ。

フェラーリ F355

全てのチェックが終了したFerrari F355。

担当エンジニアが確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F355

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、その中でご予算に合わせ決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355

Ferrari F355 車検&メンテナンス 開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

リフトUP。

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

まず、エンジンマウント&ミッションマウントの交換から。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

右が車輌から取り外したエンジン&ミッション マウントの画像。

左がニューパーツ。

エンジン&ミッションマウントは、同年数また、同走行距離の使用なので同時交換がお奨め。

エンジン、ミッション、デフといった機関内部では、部品が回転する事でさまざまな振動が発生します。

その為、こうした機関と、ボデーとの間に振動が直接伝わらないようにする働きを持たせるのが、各マウント類。

フェラーリ F355

画像右の装着されていたマウントは完全に切れ、マウントとしての役割を完全に消失してしまっている状態。

各マウントやブッシュ類は、使用用途や、経年劣化で使用許容範囲を超えてしまいます。

大切に手厚く保管されている車輌でも、常に車重やパワーユニット重量の負荷が掛かるポイント。

マウントや、ブッシ等、使用許容範囲を超えた場合、ボデー全体に振動が伝わり不快であるばかりか、振動によって結合部やメインフレームにストレスを与え基本骨格でもあるフレームにダメージを与えるポイントです。

事前のチェック&リペアが大切です。

フェラーリ F355

マウントや、ホースに使用される代表的なラバーパーツの劣化は、酸素、オゾン、光、放射線、薬品、オイル、高温にさらさせる事などなど………によって引き起こされゴムの物性は低下してしまいます。

特に、二重結合を主鎖に持つゴムは劣化しやすく、亀裂を生じたり、分解して粘着性を示すようになります。

いろいろな部位に用いられているラバーパーツは種々の配合剤を用い、更に架橋反応を行うため、劣化反応は非常に複雑です。

ラバーパーツの劣化は、ゴム材料が持っている機能が許容限界以下に低下することにより発生してしまいます。
 

フェラーリ F355

マウントサイドからもう1カット。

画像右が、マシンに装着されていたマウントの画像。

画像左がニューパーツ。

左右のパーツを比べると一目瞭然です。

装着されていたマウントがニューパーツより、約3.0cmヘタリ込んでマウントとしての役割を完全に消失してしまっている状態。

加重の掛かっていない取り外した状態で、これだけの違いがあります。

車重や、パワーユニット搭載状態では、全くマウントとしての役割は消失し基本骨格にダメージを与えてしまう状態。
 

パーツ構造体としての機能が使用に耐えなくなる状態が発生しマシンにダメージを与えてしまいます。

完全に劣化したエンジン&ミッションマウント全て交換です。
 

交換が必要かどうかの判断は、1つ1つのパーツの基本計測&的確なチェックまた、テストランでのドライバビリティーで判断します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

マウント組み込み前に装着部分の微調整また、周辺部位もクリーニングアップ。

精度を出した装着部分また、クリーンな状態から組み込みます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生しているズレ。

組み込みは、基本位置へ修正し組み込みます。

この様な、メンテナンスの積み重ねで車輌の基本ベースを底上げします。

フェラーリ F355

トルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F355

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、と言う当たり前の習慣を日々欠かすことなく行なっているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

私たちのサービスはそこから始まります。

フェラーリ F355

続いてエレクトロニクス制御系のリペア。

なぜトラブルが発生してしまったか?

トラブルを引き起こしている主原因は?

これらの要因は、トラブルシューティング時特定済み。

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

周辺部位もクリーニングアップ。

クリーンな状態でリペアを進めます。

 続いて各部の微調整や、最終チェック&セットアップへと。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

項目別にクリーニングアップから始まり、微調整 セットアップ 最終チェックへと進めます。

フェラーリ F355

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

フェラーリ F355

常に定期チェックをご依頼頂いているマシン。コンディションも良い状態です。

今回も、定期的な足回りのトルク管理&マシン全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

フェラーリ F355

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

リヤーフェンダー内部です。

フロント同様にメンテナンス&クリーニングアップを行ないます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

同じくリヤーサスペンションシステム。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フロントバンバー ロアー部分の現状。

よく擦れ傷が付く部分です。

チョットひと手間かけてみます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

出来る限りのペイント修正をしました。

フェラーリ F355

ウエッブサイト Premium Parts で紹介しています 『Ferrari  355用 フロント パンパー キズ付き防止 スキッドプレートset 』

ポリプロピレン製の柔らかい樹脂のスキッドプレート。

フロントバンバー 両サイドの底に装着する事により フロント パンパー ロアー部をキズ付きから守ります。

柔らかいポリプロピレン製の為、衝撃を受けても、バンバー本体 へのダメージは有りません。

スキッドプレートが削れるのみでバンバーへのキズをシャットアウト。

装着しても、全く見えませんので外観の美観を損なう ことは有りません。
 

大切なマシンをキズから守る、効果絶大な商品をPremium Partsでご購入して頂けます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

マシン全体の最終チェック&セットアップに入ります。

チェックと同時に細部までクリーニングアップも行ないます。

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

独自のクリーニングアップ方法により、クランプ1つまで完璧にクリーニングアップを実施。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

クリーニングアップ済みのフロアープロテクターを組み込み。

車輌 ロアーセクションの最終チェックと同時に細部までクリーニングアップも終了。

フェラーリ F355

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを行います。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…

素材を熟知したエンジニアが、部位部位に1番適した本来の素材を蘇らす意味での仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易な仕上げは一切行いません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンス。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻し組み込みに備えます。

フェラーリ F355

リヤータイヤは、ハイパフォーマンスのニュータイヤに交換。

タイヤ交換には色々なポイントがあります。

単に残り溝が1.6mmに達したスリップサインに近づいた状態。

溝が残っていても長年の装着で硬化し、ひび割れてきた状態。

ただ、タイヤ本来のパフォーマンスを発揮させるにはタイヤによって異なりますが3年〜5年でタイヤ交換時期の1つの目安といえます。

3年〜5年程度でタイヤのゴムが劣化しコンパウンドが硬くなり本来のパフォーマンスを発揮出来なくなります。

フェラーリ F355

独自のリペア&メンテナンス方法で精度や機能性をバージョンアップ。

また、きめ細やかなクリーニングアップ。

フェラーリ F355

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で最終チェックまた、セットアップを実施します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、セットアップを行ないます。

このプロセスが重要です。

フェラーリ F355

最後の詰め。

独自のセットアップも終了。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ F355

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari F355 。
 
こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。
実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。
全て担当エンジニアが撮影致しています。
詳細な写真 197枚 (CD-R 1枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。
いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。
 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »