Ferrari F430 車検&オーナーご依頼ポイントチェック

 

フェラーリ F430

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F430  メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F430を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

Ferrari F430 車検&オーナーご依頼ポイント チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F430

まず、第1段階。

 

Ferrari純正車輌診断テスター SD3を、F430 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD3で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状の車輌の状態を把握します。

フェラーリ F430

ボデープロテクターを装着。

フェラーリ F430

F360後継モデルのF430。

心臓部は、4.3L V8気筒32バルブ。

F355〜360に採用されていた1気筒5バルブ F131Bの改良版ではなく、マセラティ用にフェラーリのエンジン開発部門が作った4.2Lを大きく改良したユニット。

4バルブをベースに排気量を4308ccに拡大したTipoF136E型。

最高出力はエンツォのために開発された可変式バルブタイミングシステムの採用また、圧縮比を 11.3までに引き上げられ490PSを発揮。

フェラーリ F430

エンジンマネージメントシステム ボッシュ製モトロニックをME7までバージョンアップ。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3で取得した各部のデーター。

現状のFerrari 430車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部のデーターを取得。

最新のデーターとも比較します。

車輌のエレクトロニクス関連の状態を全て把握しました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F430

TipoF136E型 モトロニックME7の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F430

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

 

ただ、これまで車輌がどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

車輌内部の隠れた部分まで、的確なチェックを行ないます。

定期的な確実なチェックでベストな車輌の維持が可能になります。

フェラーリ F430

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計されエアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

フェラーリ F430

車輌、下部全面にアンダーカウルが装備されているのでオイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい反面もあります。

フェラーリ F430

続いて、メカニカル関連のチェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F430 の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また、車輌の使用状況や、保管状態で車輌の状態が全く違う為、的確なチェックを行ないます。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

 

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ F430

F360同様アルコア社と共同開発されたアルミ押し出し材を鋳造材で連結したフレーム構造。

F430では、それに加えフレーム構造の底になるフロア部分に超超ジュラルミンを張り込み剛性を向上。

フェラーリ F430

F430では、これまでの機械式LSDから電子制御の作動制限システムが内蔵されたe-diffを搭載。

また、各モード毎にショックアブソーバーの減衰力、CST、F1マチックの変速スピードが変更されるマネッティーノを搭載。

フェラーリ F430

サスペンションシステムは、F360同様のF/Rともにダブルウィッシュボーン。

430では、ジオメトリーが変更されています。

ダンパーはより一層可変幅が広がった電制の減衰力可変システムを搭載。

フェラーリ F430

独自のノウハウを盛り込み、最新の設備とデーターでチェックします。

フェラーリ F430

Ferrariのモータースポーツ統括部門で開発された チタンホイールボルトが装着されています。

このホイールボルトの脱着は専用SST(専用工具)が必要です。

ヘックスの山が…専用SSTを使用されていなかったのでしょう。

 

弊社は、Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスを行ないます。

専用SSTを使用する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上します。

 

イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンスと、レーシングマシンのメンテナンス ディーラーである

ROSSO CORSA , SPA の指定を東洋で初めて受けています。

全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にリペア&メンテナンスします。

フェラーリ F430

続いてオーナーご依頼ポイント。

ナンバーステー。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

バンバの湾曲に綺麗に沿っていない状態。

現品で加工修正を行ないます。

フェラーリ F430

同じくオーナーご依頼ポイント。

テールユニットの異常。

ピンポイントでトラプルポイントを確定します。

 

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ F430

全てのチェックが終了したFerrari F430。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

また、車輌に発生している不具合個所もピンポイントで把握し切らせて頂きました。
 

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F430

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

Ferrari F430 リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F430

リフトUP。

フェラーリ F430

ボデープロテクターの装着。

リペア&メンテナンス開始です。

 

まず油脂類の交換から。

一言で油脂類と言っても、車輌には、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし交換する事で、車輌をよりベストな状態へと導きます。

フェラーリ F430

パワーステアリングオイルの交換。
 

パワーステアリングは、エンジンの出力を利用してポンプを作動させることで高圧な油圧発生させ、その力でステアリング回転力を軽減する部位。

ラック&ピニオン式とボールネジ式に大別されます。

また、スピードを感知することによりアシスト力を制御するパワーステアリングも有ります。

F430は、油圧式。

油圧式を採用する利点に、自然なステアリングフィーリングが得られると共に、ドライビングプレジャーを追求出来ます。

パワーステアリングオイルの劣化が進んだ場合には、パワーロスによる操作性悪化やポンプからのオイル漏れが発生するなど、2次的不具合を誘発させます。 的確な交換距離及び年数での交換が必要です。

フェラーリ F430

エンジン冷却水。

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを常に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

フェラーリ F430

ドレンプラグクリーニングアップ後の画像。

クリーンな状態で組み込み。

フェラーリ F430

ミッションオイルの交換。

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で大きなギヤーが噛み合ったり、外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますがギヤーオイルの場合この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

車輌やモデルに応じてオイル成分や、粘度などなど……ベストなオイルを選択します。

フェラーリ F430

交換を適切なスパンで行なわれていなかったか、F430のポテンシャルに対応不足のオイルが注入されていたか?

ドレンにミッション内部の金属粉が…

応力分散作用が不足していたのでしょうね。

ミッションも破損すると非常に高額なリペアになるので、交換スパンはキッチリと…

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ドレンプラグクリーニングアップ後の画像。

クリーンな状態で組み込み。

フェラーリ F430

続いてブレーキオイルの交換。

リザーバタンク内部底に、大気中の水分を吸って加水した浮遊物が貯まっています。

この状態ではブレーキシステム構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

 

ブレーキオイルの交換時期はオイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けるとハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをベーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生しピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

通常のストリートでの使用また、乗らなくても1年毎の交換をお奨めします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ブレーキオイル交換と同時に、周辺部分もクリーニングアップ。

F430の車輌スペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてオーナーご依頼ポイント。

ポジションランプのLED化へ。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてナンバーステーのメンテナンスへ。

フェラーリ F430

現状の画像。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス後の画像。

フェラーリ F430

現品で確実に修正。

流れる様な曲線に…

フェラーリ F430

もう1カット。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

テールユニットの不良。

ピンポイントで確定しているトラブルポイントのリペアを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

生産時と同じ工程で確実に現品リペア&メンテナンス完了のテールユニット。

フェラーリ F430

周辺部位も同時にクリーニングアップ。

プロテクターの基本装着位置の見直しも図り組み込み。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてサスペンションシステムのメンテナンス&クリーニングアップへ。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

また、定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロント、リヤ共にメンテナンス&クリーニングアップを行ないます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

同じくメンテナンス&クリーニングアップ後のリヤサスペンションシステム。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウルの画像です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

細部まで完璧にクリーニングアップを実施。

クリーンな状態で組込みに備えます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

 

続いて車輌全体の最終チェックに入っていきます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

シャシ細部までクリーニングアップを実施。

クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行なっていきます。

 

チェックと同時にまた、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

車輌全体の最終チェック&セットアップも完了。
 

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、基本装着位置の見直しも図り組み込み。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてフロントバンパー ロアー部分の現状。

よく擦れ傷付く部分です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

チョット一手間…

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

出来る限りのペイント修正。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

サイドスカート部分。

まずオーナーには見えない部分。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

チョット一手間かけてみます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーニングアップ後のR/H L/Hサイドスカート。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

汚れも落ちクリーンに…

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてタイヤエアーを窒素ガスへと。

窒素ガスを使用用途やキャラクターを存分に発揮できる圧力に設定します。

必ずしも車輌に記載されているタイヤエアーの設定値がベストとは限りません。

 

窒素ガスへの変更。

弊社では、タイヤエアーを窒素ガスへ変更するメニューをご提案しています。

ジェット機や、F1また、レーシングカーのタイヤには純粋な窒素ガスを充填したタイヤが使われています。

窒素ガスをロードカーに入れた場合、色々な有効な効果が発生します。

多々有る有効な効果の中でも下記の事を重んじ窒素ガスをお奨めします。

① 通常のエアーでは、高速走行時にタイヤの温度が上昇するにつれ、タイヤエアーの圧力も上昇し操舵性に不安定感が生じます。

② 通常行われる従来の空気充填では、タイヤに2気圧の空気を入れると約20ccの水分が混じります。

そのうち10ccが水の状態・10ccが気化した状態で注入されます。

10ccの水が温度変化により気化すると1250倍の水蒸気容積になり、2気圧のタイヤの場合2.3〜2.4気圧までになってしまいます。

通常のエアー充填を繰り返せば、その傾向は更にひどくなります。

③ 窒素ガスへと交換する事により、タイヤ温度が上昇しても、タイヤ内圧の上昇が非常に少ない効果をもたらします。

結果、高速コーナーで安定した操舵性を得る事が可能となります。

④ タイヤとホイール間にエアーが充填されていると、10ccの水分が混入する為、ホイール内部にサビの発生原因となります。

このサビの発生を防ぐ為にも使用します。

フェラーリ F430

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD3でティーポ F136Eの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェックまた、独自の味付けを行いF430のポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行ないます。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

独自のセットアップも終了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

隅々まで独自のクオリティーで仕上げます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ F430

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari F430。

 

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 193枚 (CD-R 2枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので車輌と一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

Ferrariや、Lamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でも有ります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新の設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そう言ったメンテナンスを実施する車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。
 

今回オーナーと御相談の上、決定させて頂きましたメンテナンスメニュー。

今後、車輌全体のコンディションも把握させて頂きながら良きパートナーとして共に車輌を向上させて頂ければと思います。

 

お問い合わせ

2 Comments

  • ちゃんち| 2011年12月10日 at 6:28 AM 返信

    中村社長様、先日は、こちらの都合で早朝(午前4時)にお引き取りをお願いしまして本当に感謝しています。        
    また、ドライバーさんも朝早くから’(奈良を午前2時)出発して頂きありがとうございました。
    私の大切な愛馬をお願いするのに、中村社長のフェラーリに対する考え方、お客様の愛馬であっても、自分の愛馬のように丁寧にそして大切に扱ってくれるところを感じ、中村社長の男気に惚れ込んでお願いしました。
    それでは、愛馬の車検整備よろしくお願いします。

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2011年12月10日 at 11:46 AM 返信

      ちゃんち様

      お世話になっております。
      私共のメンテナンスに対する姿勢にご理解を頂き、ご依頼頂いていますので昼夜を問わずオーナー様のご希望に添えるよう努めております。
      私の信念にもとづくメンテナンスをエンジニア皆が実践をし、向上心を持って更なるステージへ車輌を導く為の探求をおしみません。
      これこそがナカムライズム。

      ご期待にお応えするメンテナンスを行なわせて頂きますので宜しくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »