Ferrari F355 エンジン始動不良

フェラーリ F355

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355 トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

エンジン始動不良 トラブルシューティング開始です。

まず、第1段階。

Ferrari F355 車輌コントロールユニットに、Ferrari純正車両診断テスター SD2を接続。

ECUのモニタリング開始。

 

Errorコードのみのチェックではなく、SD2で車輌全体のエレクトロニクス系統の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上でできうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い、現状の車両の状態を把握します。
フェラーリ F355

近年の車輌は、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

 

最新の設備と最新のデーターで、独自のチェック項目を細部までチェックします。

フェラーリ F355

SD2でモニタリングしたデーターは、あくまでもデーターとし受け止めトラブルシューティングを行ないます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

データー全てを鵜呑みにせず、各ポイントの状態を専用機器を使用し単体点検を実施します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

独自のトラブルシューティングでトラブルポイントをピンポイントで確定します。

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ F355

全てのチェックが終了したFerrari F355。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめ、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F355

現状車輌に発生しているトラブルポイントまた、なぜトラブルが発生したのかをご報告し決定させて頂いた今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355

Ferrari F355 リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

フェラーリ F355 リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F355

ピンポイントで確定している主原因。

エレクトロニクス系統にトラブルを抱えています。

フェラーリ ランボルギーニのエレクトロニクスは非常に繊細です。

間違ったトラブルシューティングでのリペアや、安易なハーネス処理などを行なうと、メインユニット等の高額なパーツを破損さます。

また、使用を継続すると確実に他の関連パーツを破損させる負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

今回も2次的破損しているパーツがあります。

エレクトロニクス関連箇所に異変を感じた場合は早急な対応が必要不可欠です。

それも確実なトラブルシューティングで主原因を1回で的確に判断しリペアしないと、負の連鎖反応が全く違った系統に飛び火します。

どの箇所のトラブルシューティングも同じですが、ここで間違うと致命的。

 

今回非常に高額なユニット内部のトラプル。

独自の的確なトラブルシューティングで不良箇所の根本を確定。

現品ユニットを完璧にリペアできると判断。

現品ユニットのリペア&メンテナンスへ…
フェラーリ F355

フェラーリ F355

リペアには、非常に高度なエレクトロニクス解析知識及び、ノウハウが必要です。

現品で完璧なリペアを進めます。

 

Maintenance  Reportでは全ての画像をアップ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程や、精度を取り戻すメンテナンス工程も詳細に撮影していますのでCD-Rで、お渡しします。
フェラーリ F355

フェラーリ F355

ユニット現品リペア完了。

全ての作動、作動範囲、出力波形も専用機器でチェック。

完璧なユニットに復元。

 

続いてフロア カウルのリペアへと。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

R/H L/H共にガムテープが安易に貼られている現状。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ガムテープを取り除いた状態。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フロア カウルが破損した状態。

フェラーリ F355

取り付けボルトが折損。

フロア カウルとボルトの折損は別々の要因で起こったと考えられます。

ボルトの折損は、よく他の車輌でも見受けられますが、オーバートルクでのボルトやナットの締め付けが原因です。

 

フロアカウルは高額な為、また取り付けボルトは車輌パネルから直に形成されている為、現品を修復していきます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

車輌より取外したフロアカウル。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

独自のクオリティーで修復していきます。
フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

表裏から、グラスファイバーで形成します。

 

グラスファイバーは、プラスチック等では得られない高強度、高靭性、軽量を兼ね備えている素材。

今回この素材を使用し破損部位をリペアします。

車輌は、さまざまな素材のパーツで構築されています。

適材適所に応じ最適な素材を選択し使用します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

グラスファイバーは成形性が高く、大型の形成物もパーツを組み合わせるのではなく、一体成形することができます。

また、ハンドレイアップのような手作業を主とした形成法から、SMCのような大量生産向けの形成法まで対応できるのも特徴ですね。

 

リペアが進みます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ハンドレイアップ成形・加工終了のフロアパネル。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

裏側の画像です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

表面の画像。

高品質で、付加価値と信頼性の高い、車輌にとって本当にクオリティーの高い成形方法のリペアを提供させて頂きます。

どのような形状のパーツに対しても、これまでの蓄積されたデータベースから、最適な成形・加工方法を選択し、ご満足いただけるリペアご提案をさせて頂きます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

リペア終了のフロアパネルを組み込み。

フェラーリ F355

ハンドレイアップ成形の精度を追求しリペア。

装着精度も完璧です。

フェラーリ F355

折損していたボルトも新車時と同じ工法でリペア完了。

復元方法や、過程にもこだわります。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

続いて、今回のメンテナンスメニューの最終チェック。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

このプロセスが重要です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

最終チェックも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

隅々まで独自のクオリティーで仕上げます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ F355

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F355。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 110枚 (CD-R 1枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので車輌と一緒にお渡し致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

2 Comments

  • y| 2012年4月10日 at 10:47 PM 返信

    このたびは、電話でのファーストコンタクトから引き取り、作業内容の打ち合わせ、作業、納車まで、とても丁寧に対応いただきありがとうございました。丁寧な作業のおかげで、車の調子はとても良いです。また、作業内容の打ち合わせの際には、こちらの予算に最大限ご配慮いただき、感謝しております。今後とも、メンテナンスや車検等で、よろしくお願いいたします。  

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2012年4月11日 at 2:25 PM 返信

      今回、ご依頼を頂き有難う御座いました。
      お引取りから納車までの一連の工程にご満足頂き、また、メンテナンス後のお車にもお喜び頂けている事が、何より嬉しく思っております。
      私たちも独自の考え方のもと、その視点でチェックを行い、メンテナンスメニューをご提案させて頂いています。
      その上で、オーナーのご意向を踏まえ、メニューを決定していきます。
      車両に対してのオーナーの思いや価値観を理解し、常に業務に携わらせて頂いています。
      今後も、良きパートナーとして共に車両を向上させて頂ければと思います。
      末永く宜しくお願い致します。

    Leave a reply to ナカムラエンジニアリング Cancel Reply

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »