フェラーリ 612 スカリエッティ オイル交換&チタンナンバーボルト取り付け。

フェラーリ 612 スカリエッティ

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、フェラーリ 612 スカリエッティ メンテナンス御依頼有り難う御座います。

早速作業へと入らせて頂きます。

フェラーリ 612 スカリエッティ

リフトセクションへと。

フェラーリ 612 スカリエッティ

リフトUP。

フェラーリ 612 スカリエッティ

油脂類。

一言で油脂類と言っても、車輌には、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツは、高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

フェラーリ 612 スカリエッティ

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくい物です。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず車輌を痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番ベストなオイルを選択します。

フェラーリ 612 スカリエッティ

フェラーリ 612 スカリエッティ

周辺部分もクリーニングアップし作業終了。

フェラーリ 612 スカリエッティ

フェラーリ 612 スカリエッティ

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

 

メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ 612 スカリエッティ

フェラーリ 612 スカリエッティ

クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ 612 スカリエッティ

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らす意味で1番適した仕上げを行ないます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

フェラーリ 612 スカリエッティ

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、基本装着位置の見直しも図り組み込み。

カウル取り付け1つとっても、リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

 

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンスetc.の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、車輌をより良いコンディションに仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 612 スカリエッティ

続いて、NEW Design Nakamura Engineering オリジナル 64チタン製 ナンバープレート装着用 ボルトset へ換装。

フェラーリ 612 スカリエッティ

64チタンならではの焼き色の入ったチタンブルーで演出したNakamura Engineering オリジナルナンバープレート ボルトsetです。

64チタンとは、軽量なのはもちろんのこと、非常に強い強度を持っており、モータースポーツ等の強い負荷のかかる個所に最適な素材となっています。

その強度はクロモリと同じ強度を持っており、F-1車両やMOTO-GPには、この64チタンが多数使用されているほど最先端の素材です。

その高額な64チタンから製作したボルトset。

ボルトホールもクールな6角ヘキサで製作。

通常のナンバープレートボルトは、ボルト&ワッシャー(直径13ミリ)

NEW Design オリジナル 64チタン ナンバープレート ボルトset はワッシャーを使用せず、そのままナンバープレートに装着します。

通常のナンバープレートボルトは直径が大きく目立ちますが、NEW Designオリジナル 64チタン ナンバープレートボルトは、ボルトヘッドを直径5ミリ~10ミリのテーパー角度で製作。

ナンバープレートをスッキリまた、64チタンならではの輝きと焼き色の入ったチタンブルーでクールさを演出します。

フェラーリ 612 スカリエッティ

こちらの商品はPremium Partsでご購入して頂けます。

フェラーリ 612 スカリエッティ

エンジンオイル交換&チタンナンバーボルト取り付け終了のフェラーリ 612 スカリエッティ 。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »