フェラーリ ケーニッヒ  テスタロッサ 710ps コンプリート車輌 リペア

ケーニッヒ テスタロッサ

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもフェラーリ ケーニッヒ  テスタロッサ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたケーニッヒ  テスタロッサを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

ケーニッヒ フェラーリ テスタロッサ

パーツ入荷致しましたので早速作業に入ります。

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

車輌から取外したオルタネーター。

オルタネーターは、内部の交流発電を発生させる代表的なパーツ。

ローターコイル、ステータコイルで、三相交流電力を取り出す回転界磁形を形成。

交流発電機より出力された三相交流電力を直流電力に変換するレクチファイア。

また、発電能力を調整(マシンの電力不足の時には増やし、エンジンが高回転の時に規定電圧よりオーバーしかねない時には減らす)するICレギュレーター。

 

オルタネーター内部には他にも色々な半導体が詰め込まれたエレクトロニクス パーツ。

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

画像左が今回装着するパーツ。

右が車輌に装着されていたパーツ。

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

今回装着するリビルト済みオルタネーター。

 

近年、フェラーリのリビルトパーツのラインナップが増えてきています。

リビルトパーツもOEMパーツ同様に、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと良質なパーツの見極めが非常に重要ですね。

私たちが使用するリビルトパーツは、信頼できるパートナーの下で完璧に仕上げられたパーツです。

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリテスタロッサ

再使用するクーリングファン、プーリーは、独自のクオリティーでリフレッシュ。

 

私たちのリペア&メンテナンスは、単にパーツの組み替えだけに留まりません。

再使用パーツ全て、独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し、再使用します。

ケーニッヒ フェラーリ テスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリ テスタロッサ

機能性は当然のこと、機能美まで蘇らせます。

ケーニッヒ フェラーリ テスタロッサ

ケーニッヒ フェラーリ テスタロッサ

周辺部位も細部までクリーニングアップ。

基本装着位置また、ハーネス、クランプの取り回しの見直しも図り組込み。

 

きめ細やかなメンテナンスを随所に施します。

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

パワーユニット スタート。

スタート時から細部のデータチェックを緻密に行います。

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

専用機器でチェック。

同系統のチェックも細部まで実施。

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

最終チェックも終了。

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

ケーニッヒ テスタロッサ フェラーリ

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ ケーニッヒ テスタロッサ 710ps。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 40枚 及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので車輌と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »