フェラーリ F430 車検

フェラーリ F430

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、フェラーリ F430 メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F430を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430 チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F430

チェック開始です。

 

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD3を、Ferrari F430 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari純正車両診断テスター SD3で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い、現状の車両の状態を把握します。

フェラーリ F430

各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD3で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

ただ、コントロールメインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

SD3でモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

フェラーリ F430

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F430

Ferrari純正 車両診断テスターSD3で取得した各部のデータ。

現状のF430 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

フェラーリ F430

続いて、SD3で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F430

F360後継モデルのF430。

心臓部は、4.3L V8気筒32バルブ。

F355~360に採用されていた1気筒5バルブ F131Bの改良版ではなく、マセラティ用にフェラーリのエンジン開発部門が作った4.2Lを大きく改良したユニット。

4バルブをベースに排気量を4308ccに拡大したTipoF136E型。

フェラーリ F430

最高出力はエンツォのために開発された可変式バルブタイミングシステムの採用また、圧縮比を 11.3までに引き上げられ490PSを発揮。

フェラーリ F430

エンジンマネージメントシステム ボッシュ製モトロニックをME7までバージョンアップ。

フェラーリ F430

TipoF136E型 モトロニックME7の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

フェラーリ F430

フロア全面にアンダーカウルが装備されているので、オイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい反面もあります。

フェラーリ F430

続いて、メカニカル関連のチェック。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F430 前期、後期の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また、車輌の使用状況や保管状態で車輌の状態が全く違う為、的確なチェックを行います。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく、樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

 

指定交換に列記されているパーツでも、必ず交換しないといけない訳ではありません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ F430

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ、1台の車輌として構築されています。

フェラーリ F430

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

 

ただ、これまで車輌がどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも、使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

車輌内部の隠れた部分まで、的確なチェックを行います。

定期的な確実なチェックで、ベストな車輌の維持が可能になります。

フェラーリ F430

オーナーが通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

各部位からのオイル漏れ。

 

漏れ出したオイルが他のパーツなどに付着し、全く問題の無いパーツまで攻撃し始めます。

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルをつけると数日でゴムの弾力性が無くなり、伸ばすと直に切れてしまいます。

これと同じ事が車輌に生じます。

また、個所によっては車輌火災につながるオイル漏れ。

 

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こります。

また特にパワーユニット関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しないマシンは、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して格子間隔が大きくなり、そのため弾性変形を生じ、パーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

ピンポイントで確実なリペア方法を確定します。

次に、なぜオイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ F430

こちらは滲み程度。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

今回は、クリーニングアップを行いクリーンな状態を取り戻しておきます。

次回チェック時に漏れの進行具合を確認しリペアが必要か否かを判断します。

フェラーリ F430

F430のサスペンションシステムは、フロント /   リヤ共に、ダブルウィッシュボーン。

F360から、アップライト接続部分に使用されているスフェリカルジョイント。
 

レース車輌などに多く使用されているスフェリカルジョイント。

F360以前のストリートモデルは、ボールジョイントが使用されています。

カウンタックのサスペンションシステムなどはほぼ、スフェリカルジョイントで構成されています。

ダイレクトでクイックなステアリングフィールをもたらしてくれる反面、正しいメンテナンスを常に行わないと、メリットよりデメリットの方が大きくなってしまうスフェリカルジョイント。

フェラーリ F430

フロント /  リヤのサスペンションシステム。

汚れてはいますが、個々の構造体には全く問題が無く、コンディションの良い状態です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ディスクパッドは、10~20程度の複数の複合材料で成型されていますね。

パッドは、複合材料で形成されているので、経年劣化も進みます。

劣化が進むと本来の制動能力が著しく低下します。

残量だけでなく、劣化の見極めも重要です。

フェラーリ F430

フロントポジションバルブの不灯。

フェラーリ F430

ライセンスバルブの不灯。

ライセンスバルブは、LED化されています。

トラブルシューティングを緻密に行っていきます。

フェラーリ F430

エキゾーストプロテクターの現状。

フェラーリ F430

数本の取り付けボルトが装着されておらず、全くロックされていません。

フェラーリ F430

ドアミラー R/H L/H 共にガタ付きがあります。

このままの状態での使用は不具合箇所のダメージが大きくなり、非常に高額なドアミラーAssyの交換を余儀なくされます。

 

現品で確実にリペアできるのか?

パーツ交換をしなければ確実なリペアが出来ないのか?

ここがトラブルシューティングの要。

 

現状の状態から、現品を完璧にリペアできると判断しました。

リペア工法等のメンテナンスメニューをご提案させて頂きます。

フェラーリ F430

全てのチェックが終了したフェラーリ F430。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F430

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430 リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F430

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F430

ボデープロテクタの装着。

フェラーリ F430

F1マチック クラッチシステムのリペア&メンテナンスから。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

分解に伴う油脂類の抜き取り。

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、フェラーリ F430にベストな油脂を注入します。

フェラーリ F430

トラブルシューティング時に確定済みの、エンジン冷却水の状態。

非常に希釈された状態。

 

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを常に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

このような希釈状態では本来の性能を発揮できず過酷な状況下におかれます。

 

注入時には、F430にベストな冷却水を配合し注入します。

フェラーリ F430

ドレンボルトをクリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

リペア&メンテナンスに伴うリヤセクションの分解。

接合部にマスキング。

丁寧な作業が進みます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

まず、F1マチッククラッチ関連のリペア&メンテナンスから。

セミオートマチックトランスミッション F1マチックと、6速ミッションとの違いは、マニュアルで手動変速操作するか、セミオートマチックトランスミッションF1マチックをパドルシフトで手動変速操作するかの違いです。

勿論、エレクトロニクスの介入や、メカニカル面での相違点はありますが…

フェラーリ F430

F430は、SPORTS / RACE / CST等、5タイプをコントロールできる機構を搭載しています。

クラッチの消耗具合は、フェラーリのF1マチック、ランボルギーニのeギヤ共に、使用用途や操作の仕方で、クラッチの磨耗は大きく変化します。

デュアルクラッチシステム搭載のF1マチックは別ですが…

 

走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保つことが出来ます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

 

まず分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

アルコア社のフレーム。

上記の状態では、リペア&メンテナンス時に異物の混入が避けられません。

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃しクリーンな状態を取り戻します。

変化振りを……

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーニングアップ終了のパワーユニット&パワートレインの画像です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

隅々までクリーンな状態に。

フェラーリ F430

ボルト、ナット1つまで、クリーニングアップ。

分解、組込み時に、ボルトやナットにストレスをかけません。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

周辺部分も、クリーニングアップ。

 

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーンな状態から取外したパワートレイン。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、パワーユニット側のリペア&メンテナンスへと。

 

こちらも分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーンな状態からパイロットベアリング、クランクシールを交換。

パイロットベアリングは、パワーユニットとトランス アクスルを直結する部分のベアリングで、常にエンジンと同じ回転数で回転しています。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

画像右が磨耗したクラッチコンプリート。

画像左がニューパーツ。

 

クラッチ本体は、パワーユニットのクランクシャフトと直結しているフライホイールと、トランスミッションのメインシャフトとスプラインで連結されているクラッチディスク、ダイヤフラムスプリングとプレッシャプレートの組み合わせで構成されています。

クラッチは経年使用により摩擦材が摩耗し、最終的には滑り症状が発生して動力の伝達が不可能になります。

クラッチ残量が僅かな状態で使用し続けた場合、摩擦板が完全に失われたクラッチプレートの金属部分が、フライホイールや他の構成パーツを切削してしまうため、早めの交換がお勧め。

 

F430 F1マチックのクラッチ機構チェックは、フェラーリ純正テスターで行います。

走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保つことが出来ます。

フェラーリ F430

クラッチディスクは、ブレーキに置き換えると、ブレーキパッドに相当します。

そこには動力断続時の衝撃などを緩和するためのダンパスプリングが組み込まれ、ディスクに求められる要件は非常にシビアです。

 

クラッチカバーは、クラッチディスクを圧着しているダイヤフラムスプリングと、クラッチディスクと摺動する摩擦面を設けたプレッシャプレートが一体となったパーツ。

フライホイールにダイレクトに付けられています。

常にエンジンと同じ回転数で回転しています。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ディスクの素材は、オルガニック、カッパ、メタルなどが主流です。

近年では、クラッチディスクに2つの素材を使用したディスクも開発されています。

繋がり出しはカッパで圧着。

高回転、高出力時にはメタルで圧着され、パワーユニットの出力を最大限に引き出します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンスを行ったフライホイールに、クラッチコンプリートを組み込み。

トルクレンチを使用し最終ロックします。
 

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは、材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F430

クリーンな状態から組み込み完了のクラッチコンプリート。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

パワートレイン側のリペア&メンテナンスへと。

 

こちらも分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーンな状態から、リペア&メンテナンスを行っていきます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

パワートレインの組込み。

 

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

組み込みは、基本搭載位置の見直しも図り搭載完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

私たちのサービスはそこから始まります。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、アルコア社リムーバブルフレームのメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F430

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部の測定、またメンテナンスを行い適正化を図ります。

現状の状態です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス&クリーニングアップ後のリムーバブルフレーム。

フェラーリ F430

クリーンな状態で細部までチェック&メンテナンス。

フェラーリ F430

適正化を図り組み込みに備えます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス&クリーニングアップ実施後のパーツ群を装着。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

トルクレンチを使用し最終ロックします。
 

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは、材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

適正化を図ったリムーバブルフレームを、メインフレームへと。

メインフレームの基本装着位置の見直しも図って組込み完了です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

1つ1つのパーツ機能、精度を取り戻したパーツを組み込み。

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ F430

細部に至るまで、丁寧にメンテナンス&クリーニングを実施。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

付属部位のメンテナンス&クリーニングアップを行い組み込み。

精度を取り戻したパーツを、高いクオリティーで組み込む事で、パワーユニット本来のキャラクターが顔を覗かせます。

 

独自のクオリティーで、リペア&メンテナンスを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

F1マチックオイルの交換。

 

F1マチックオイルの交換も見逃されがちです。

FerrariのF1マチックオイル交換は、Ferrari純正車両診断テスターで通信しながらの交換。

Lamborghini のeギヤーオイル同様、純正テスターを使用せず無理に交換すると、F1マチックポンプや、各ソレノイド機構に負担が掛かります。

破損してしまうと非常に高額なパーツ。

Ferrari純正車両診断テスターでのメンテナンスが必要です。

F1 マチックオイルも車輌にベストなオイルで…

 

全ての油脂の劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくいものです。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用部分の構造や使用期間、走行距離で判断します。

また、全てのオイルには食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず、メカニカル機構を痛めてしまいます。

どのような高額な油脂であっても、使用期間や賞味期限はあります。

油脂の管理は非常に大切なポイントです。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ノーマルのポジションランプ。

今回、灯火類のリペアと共にLED化します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

リペアに伴いLED化した、ポジション&ライセンスランプ。

 

LEDの光特性は、蛍光灯や白熱灯など他の多くの光源と違い、不必要な紫外線や赤外線を含まない光が点灯と同時に最大光量を発生させます。

基本的に定電流で発光しますが、電源電圧 電流に適切な抵抗値など、フェラーリ F430にベストな構造のLEDを組み込み。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてフロントセクションのリペア&メンテナンスへと。

フェラーリ F430

フロアーやフェンダー内。

通常オーナーが見えない部分は砂や汚れが付着しています。

フェラーリ F430

現状の画像。

サスペンションシステム分解前に、分解していくボルトやナットを重点的にクリーニングを行います。

砂や汚れが付着したまま回すと、ボルトやナットにダメージを与えてしまいます。

分解前に簡易クリーニングアップを行い、ボルトやナット山に付着している砂や埃をクリーンな状態から分解し、再使用パーツを守ります。

フェラーリ F430

ブレーキシステムも同様にクリーニングアップを行いリペア&メンテナンスに入ります。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

分解前のクリーニングアップ完了画像。

クリーンな状態に。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ボルト、ナットに付着していた砂や錆等もクリーンな状態に…

分解部位をクリーンな状態から分解しストレスをかけません。

フェラーリ F430

クリーニングアップ後のブレーキシステム。

クリーンな状態からリペア&メンテナンスを行っていきます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーンな状態から分解したフロントセクション。

専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスを進めます。

専用SSTを使用する事で、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、分解&組み込み精度が飛躍的に向上します。

フェラーリ F430

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちが行うリペア&メンテナンスは、単にパーツの組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し再使用します。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロントセクション メンテナンス&リフレッシュ後の画像。

クラックチェック、測定による修正、また細部までメンテナンスも完了です。

 

機能性だけでは無く見た目にも、新車時の輝きを取り戻すメンテナンス&リフレッシュを…

フェラーリ F430

再使用する構造体を、私たち独自の厳密な数値に復元。

フェラーリ F430

使用許容範囲に十二分な機能を持っているパーツは安易に交換する事無く、メンテナンスし再使用します。

ただ再使用するだけでは無く、徹底したメンテナンス&リフレッシュを行い再使用します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス部分のキャラクターを存分に発揮出来るように、車輌側取り付け部位のチェック&メンテナンス完了。

クリーンな状態から、リペア&メンテナンスを実施したパーツを仮組み。

仮組みでフィッティングの確認。

より精度を高め、リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

 

このプロセスが非常に重要。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

規定トルクで確実にロック。

締め付けはトルクレンチを使用し最終ロックします。
 

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ブレーキディスクパットの交換へ。

画像右が、ニューパーツ。

画像左が、装着されていたブレーキディスクパッド。

フェラーリ F430

ブレーキディスクパッドは、残量だけでなく、劣化の見極めも重要です。

ディスクパッドは、10〜20程度の複数の複合材料で成型されています。

パッド複合材料の経年劣化も進みます。

 

今回は残量不足の為、フロント、リヤ共に交換します。

フェラーリ F430

ニューパーツへと。

 

ブレーキディスクパッドにもこだわります。

ストッピングパワーを犠牲にすることなく、高いコントロール性でブレーキングコントロールを可能にするように。

唐突に効くのではなく、踏力に応じて効きが上がるビルドアップも大切な要素です。

ローター攻撃性もなく、ロングライフ化が可能。

使用用途に応じ、このような要素を盛り込みパーツ選択を行う事で、より一層安全で楽しいドライビングフィールをご提供します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

完璧な下準備。

そこへ独自のノウハウ&工法を織り込み、最高のポテンシャルを発揮できるよう組み込み完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス済みのキャリパーに、ディクスパッドも組み込み。

フェラーリ F430

機能性また機能美も復元。

フェラーリ F430

ボルト1本まで、素材や処理工法に1番適した工法で再使用パーツをリフレッシュ。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F430

上記メンテナンス&クリーニングアップ前の画像です。

 

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ F430

同じくリヤセクション。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F430

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ F430

同じくリヤーサスペンションシステム。
フェラーリ F430

フェラーリ F430

ニュータイヤへと4set交換。

F430のパフォーマンスを十二分に受け止めるスペックを選択。

より一層ドライビングパフォーマンスを楽しんで頂けるスペック。

 

タイヤは、重い車重を支えている重要なパーツです。唯一路面と接し、常に大きな負荷がかかっている重要なパート。

タイヤの寿命は、様々な要因によりどの程度劣化してしまっているかによります。

一般的にはスリップサインと呼ばれる、溝が1.6mmになった際に出る警告の目印が交換時期とされています。

しかし、タイヤはゴム製品であり、日々の走行で雨や土、油などの物質と接し、また、駐車時においても直射日光やオゾンにさらされ徐々に劣化していくものです。

そういった劣化の進み具合も、タイヤの交換時期に大きく関わることを忘れてはいけません。

スリップサインではまだまだ使えるタイヤでも、タイヤにヒビや傷などがある場合は要注意です。

パンクやバーストなどの原因になったり、危険を伴う場合があります。
 

タイヤパフォーマンスを発揮させ安全にドライビングを楽しむには、スリップサインだけでなく、タイヤ全体の劣化や損傷具合も点検し、見極める必要があります。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

フェラーリ F430

ホイール側、ハブとの締結面に錆が発生しています。

ブレーキローター同様、加工修正し精度を出します。

また、錆の侵食からもホイールを守るメンテナンス。

 

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ F430

ホイールの錆も加工修正。

ハブとの面接触圧力も本来の圧力へ戻すと共に、ホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、F1マチック油圧系統のリペア&メンテナンスへと。

 

油圧系統にトラブルを抱えています。

ニューパーツは非常に高額です。

ピンポイントで、現品を完璧にリペアできると判断した工法で、トラブルポイントのリペアを行います。

間違ったトラブルシューティングでのリペアや、安易な処理などを行うと、メインユニット等の高額なパーツを破損させます。

また、使用を継続すると、確実に他の関連パーツを破損させる負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

それも確実なトラブルシューティングで主原因を1回で的確に判断しリペアしないと、負の連鎖反応が全く違った系統に飛び火します。

車輌全体に言える事ですが、トラブルシューティング時に誤った判断をすると致命的。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

現品を完璧にリペア。

同時にメンテナンスも実施し完了です。

 

Maintenance  Reportでは全ての画像をアップ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程や、精度を取り戻すメンテナンス工程も詳細に撮影していますので、CD-Rでお渡しします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてラジエータキャップの交換。
 

ラジエータキャップは加圧弁、負圧弁、水漏れ防止パッキンで構成されているパーツ。

加圧弁には、設定圧力まで開かないようなバネ定数を持ったバネが付いています。

冷却水の過熱と共に、膨張による圧力を一定まで逃がさず、加圧圧力を保ち放熱効率を上げるのが、ラジエータキャップの一番大切な役割です。

また、冷却水路の圧力を正常化すると共に、空気の混入を防ぐラジエータキャップ。

画像右のラジエータキャップの場合が、加圧圧力が低下しエンジン冷却水の沸点温度が下がり、100℃近くで沸騰させオーバーヒートをまねきます。

100℃ではパワーユニットに大きなダメージを与えるようなオーバーヒートではありませんが、冷却水が吹き返して減少することによってオーバーヒートに発展し、パワーユニットに2次的ダメージを与えます。

小さなパーツですが非常に大きな役割を担っています。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

画像右が今回換装するアップデート ラジエータキャップ。

純正のウイークポイントを全てリセットすると共に、設定圧力もベストな圧力へと変化させます。

 

安易なノウハウでの換装は、メリットよりデメリットばかりが大きくなり、パワーユニットにダメージを与えてしまったり、即エンジンブローへと直結します。

フェラーリ F430

アップデート ラジエータキャップへ換装。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、フロントバンパー&フロントアンダーカウルの現状の画像。

フェラーリ F430

ノーズ部分。

よくヒットしてしまう部分。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

 

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロントアンダーカウルと、バンパー取り付けボルトホールが完全に欠損しています。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロントバンパー側。

こちらも装着部分が完全に破損しています。

フロントバンパーやアンダーカウルは非常に高額なパーツです。

 

現品を完璧に修復可能と判断し、メンテナンスメニューでご提案させて頂いたリペア工程。

独自のクオリティーで修復していきます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

現品を、ハンドレイアップ成形・加工終了のフロントカウル。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

アップ画像。

表裏から、グラスファイバーで形成します。

 

グラスファイバーは、プラスチック等では得られない高強度、高靭性、軽量を兼ね備えている素材。

今回この素材を使用し破損部位をリペア。

車輌は、さまざまな素材のパーツで構築されています。

適材適所に応じ最適な素材を選択し使用します。

フェラーリ F430

グラスファイバーは成形性が高く、大型の形成物もパーツを組み合わせるのではなく、一体成形することができます。

また、ハンドレイアップのような手作業を主とした形成法から、SMCのような大量生産向けの形成法まで対応できるのも特徴ですね。

独自のクオリティーで完璧に復元。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

同じく、現品をハンドレイアップ成形・加工終了のフロントバンパーのアップ画像。

 

高品質で、付加価値と信頼性の高い、車輌にとって本当にクオリティーの高い成形方法のリペアを提供させて頂きます。

どのような形状のパーツに対しても、これまでの蓄積されたデータベースから、最適な成形・加工方法を選択し、ご満足いただけるリペアをご提案させて頂きます。
フェラーリ F430

フェラーリ F430

リペア終了のフロントカウル&フロントバンバーを組み込み。

 

ハンドレイアップ成形の精度を追求しリペア。

復元方法や、過程にもこだわります。

装着精度も完璧です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F430

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウル一部の画像です。

フェラーリ F430

クリーンな状態で組込みに備えます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

 

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

シャシ細部までクリーニングアップを実施。

フェラーリ F430

クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行っていきます。

チェックと同時にまた、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

独自のチェック、セットアップで、精度やパフォーマンスもバージョンアップ。

 

これらの工程は、私たちのごく通常の作業の流れです。

メンテナンスやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、Ferrari 純正テスター SD3でパワーユニット&パワートレインのリペア&メンテナンスに伴うECUのセットアップ。

まず、以前の車輌セットをセットダウン。

続いてリペア&メンテナンス後の車輌に合わせセットアップします。

 

この工程で仕上がりが大きく左右します。

フェラーリ F430

最終セットアップ。

Ferrari純正車両診断テスターSD3で、TipoF136Eの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自のセットアップを実施。

独自の味付けを行い、F430のポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ F430

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F430。
 

こちらのMaintenance Reportには、作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 325枚 (CD-R 2枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

FerrariやLamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でもあります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ、完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども、常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そういったメンテナンスを実施するべき車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。
 

今回オーナーと御相談の上、決定させて頂きましたメンテナンスメニュー。

今後も、車輌全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして、共に車輌を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

2 Comments

  • ぱぱつん| 2012年7月20日 at 3:54 PM 返信

    この度は素晴らしい整備をありがとうございました。愛車が戻ってきて早速運転したのですが、以前とは別物かのようなF430に仕上がっており感動しました!素人の私でも分かる素晴らしさのおかげで、通勤の足として使っているF430を今まで以上に乗り回して楽しみたいと思います。今後も中村エンジニアリング様にメンテナンスはすべてお任せしたいと思えるメンテナンスでした。本当に感謝しています。ありがとうございました!

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2012年7月20日 at 8:44 PM 返信

      今回はF430メンテナンスご依頼誠に有難う御座いました。
      ぱぱつんさんにご満足頂き喜んで頂けている事が、私達にとって、自分の子供が学校で1番の成績をとったと同じ喜びなんです。
      一切妥協する事無く、納得した作業をお客様にご提供させて頂く。
      独自の思想や理念を持ちFerrariや、Lamborghiniのメンテナンスに携わらせて頂いています。
      私たちがご提供する作業は全て、フルオーダーメイド。
      効率化を求めない独自の世界観があり、メカニックも存分にクラフトマンシップを発揮してくれます。
      ぱぱつんさんのFerrariに対するジェントルな思いに応えるべく、これからも良きパートナーとして末永く宜しくお願いします。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »