フェラーリ 328 GTS 車検&タイミングベルト交換

フェラーリ 328

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもフェラーリ 328 GTS メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328GTS チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

チェック開始です。

フェラーリ 328

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ TipoF105Cユニット。

 

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のTipoF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更。

それに伴い最大出力の違いもあります。

フェラーリ 328

インジェクションも年代で3種類。

 

前期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 Kジェトロ。

後期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 KAジェトロ。

最後期には、ボッシュ製 KEジェトロのインジェクションシステムも存在します。

フェラーリ 328

K KA KE ジェトロ。

 

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くてもセットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的な基本セットアップが性能を保ちます。

 

また、エレクトロニクス系統も全て基本作動をチェック。

K KA KE ジェトロの構造や基本原理を熟知したエンジニアが各項目、全て個別にチェックします。

フェラーリ 328

F105C ユニットまた、マレリ製マイクロプレックス メカニカルのチェック。

独自の思想、理念にもとずいた目線で、的確なチェックを行います。

フェラーリ 328

鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担もフレームだけでなくボディパネルにも依存する設計。

フェラーリ 328

328では、2種類のフレームが存在します。

フェラーリ 328

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

フェラーリ 328

続いて、メカニカル関連のチェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ 328 各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

フェラーリ 328

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

フェラーリ 328

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

フェラーリ 328

これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また、目線で的確なチェックを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

現状のフロント、リヤサスペンションシステム。

フェラーリ 328

外部からの要因また、対応年数の超過で完全に劣化し切っているサスペンションブッシュ。

サスペンションブッシュとしての役割を完全に消失してしまっている状態です。

フェラーリ 328

車輌の基本骨格でもあるフレームに多大なダメージを与える部分の1つ。

サスペンションブッシュ。

 

パーツ構造体として機能が使用に耐えられなくなる状態が発生し車輌にダメージを与えてしまいます。

サスペンションブッシュの役目は、路面からの凹凸の衝撃を、タイヤやサスペンションで吸収できなかった残りの衝撃や入力を、車体の基本骨格であるフレームに入力されることを防ぐ役割。

衝撃からフレームやボデーを守る、非常に重要な役割を担うのがサスペンションブッシュ。

また、ステアリング特性では、前後左右に荷重が掛かったときアームが簡単にヨジレ、ロールしやすくなります。

しかも急激に車体がロールしアライメントが崩れ、ダブルウィッシュボーンのメリットが崩れ、デメリットばかりが大きくなります。

経年劣化によるヘタリが、許容範囲を超えて落ち込んだり、亀裂が入ってしまうとボデー全体に振動が直接入力され、常にの衝撃で、ボデーまたフレームのねじれや結合部の破損など、マシンの基本骨格へ致命的なダメージを与えます。

 

見逃されがちなサスペンションブッシュ。

車輌にとって非常に重要な個所ですし、交換する事でフレームを確実に守り、またドライバビリティーも格段にアップします。

フェラーリ 328

スタビライザーブッシュの画像。

 

劣化したスタビライザー本体より外径が大きくなっている現状の状態。

この状態では、シッカリとスタビライザーを固定する事も出来ず、本来のスタビライザーの役目を果たす事も出来ません。

費用がかかる為、見て見ぬ振りをされがちなサスペンションブッシュ。

車両に対する価値観と、与えるダメージの重大さを思えば、やはりきちんと向き合わなければ…….

許容範囲を超えて落ち込み、亀裂が入りボデー全体に振動が直接入力され、ボデー自体に致命的なダメージを与えます。

また、ドライバビリティーも著しく落ちてしまいます。

フェラーリ 328

チェックを怠るとエンジンブローを引き起こすポイント。

専用機器で細部のデータ取りを行い、独自のノウハウで解析します。

フェラーリ 328

極僅かなオイルの滲みが見受けられますが、今回はクリーニングアップを行い今後の進捗状態を見極め、判断していきたいと思います。

フェラーリ 328

全てのチェックが終了したフェラーリ 328GTS。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 328

幾通りかのメニューの中から、お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328 リペア&メンテナンス開始の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ 328

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

パワーユニットからリペア&メンテナンス。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンスに伴う各油脂類の抜き取り。

 

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、328にベストな油脂を注入します。

フェラーリ 328

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

パワーユニット フロントセクションからリペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

常にリペアからメンテナンスに至るまでご依頼頂いている車輌。

 

内部もクリーンな状態が保たれていますが、一度全てクリーニングアップします。

作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為。

また分解するボルト、ナットetc.再使用パーツ保護の為に行います。

見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

 

現状のパワーユニットフロントからの画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ後のパワーユニット フロントセクションの画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーンな状態から各部にストレスをかける事無く分解作業を行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

現状のカムシャフトギヤの画像です。

タイミングベルトラバーや、汚れ等が付着している状態。

フェラーリ 328

以前のメンテナンスで、ギヤ間の錆は完全に除去しているので錆の発生は無い状態。

確実なバルブタイミングにセット出来る様に各ギヤの汚れをクリーニングアップします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてタイミングベルトテンショナーの現状の画像です。

フェラーリ 328

こちらもメンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ&メンテナンス後のカムギヤの画像です。

フェラーリ 328

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これで確実なバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

フェラーリ 328

続いて、タイミングベルトテンショナー メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ 328

328のタイミングベルトテンショナーは、メカニカルタイプ。

 

テンショナーは、タイミングベルトに適切な張力を与え、スムーズで静粛な駆動による伝動能力を最大限に発揮させる重要な部位。

基本張力が発揮できる様に現品をメンテナンス。

テンショナーのメンテナンスで、下記の効果を発揮させます。

タイミングベルトの緩みによるバルブタイミングのズレを防ぎます。

3年(3年で0kmの走行でも交換)もしくは2万キロどちらか先に達する間に、劣化で伸びたタイミングベルトから生ずる揺動、振動を静粛にします。

 

独自のメンテナンスで、タイミングベルトとの駆動性を高めます。

フェラーリ 328

メンテナンス&クリーニングアップ完了のパワーユニット フロントセクション。

独自のクオリティーで、1つ1つの再使用パーツ精度を格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

画像右がニューパーツ。

画像左が使用期限に達したタイミングベルト。

フェラーリ 328

画像上がニューパーツ。

下が3年の使用期限に達したタイミングベルト。

前回3年前の交換から5000キロのみの走行ですが、3年の使用期限に達しやはり劣化が進んでいます。

 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点で交換が必須。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

フェラーリ 328

私たちは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。

 

私たちが使用するタイミングベルトは、パーツ管理が行き届いた純正パーツのみです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

下準備が整ったパワーユニットに、ニューパーツを組み込み。

フェラーリ 328

各部の締め付け。

 

基本締め付けトルクで確実にロックします。

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、パワーユニットの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンス ポイントは、徹底した管理の下、精度を復元。

独自のノウハウを盛り込みポテンシャルアップし組込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ユニット等の構成パーツは、熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

 

その誤差を独自の厳密な数値に修正し、基本精度を底上げ。

フェラーリ 328

回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正&メンテナンスを行い、精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

このプロセスが仕上がった構造体としてのパワーユニット精度を大きく左右します。

 

また、分解前、分解中、単体でのクリーニングアップで機能美まで復元します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、ウォーターポンプのオーバーホールに入ります。

現状の画像です。

フェラーリ 328

ウォーターポンプは、エンジン冷却水を循環させるパーツ。

内側にはインペラーが付いています。

このインペラーでエンジン冷却水を循環させます。

エンジン冷却水の劣化や濃度不良でも、ウォーターポンプ本体に二次的不具合を誘発させます。

また、ウォーターポンプの回転軸を支えているベアリングにガタが生じて、内部シールに影響を与え冷却水漏れを起こす事があります。

タイミングベルトの奥に位置しているので、同時のリペアが好ましい部分の1つです。

純正アッセンブリーパーツは非常に高額。

 

現品フルオーバーホールを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ウォーターポンプ フルオーバーホール開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フルオーバーホール&リフレッシュ終了のウォーターポンプ。

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを行いオーバーホール完了です。

フェラーリ 328

機能性また、美観まで新品同様に仕上げました。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

構成パーツもメンテナンスで精度を復元。

また同時に、細部までクリーニングアップ。

 

メンテナンス済みの構成パーツにフルオーバーホール完了のウォーターポンプを組み込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

フェラーリ F355

フェラーリ 328

精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

全ての締結部分を、1/100ミリの精度へとメンテナンス。

シール剤を塗らなくてもよい位まで精度を出します。

 

ユニット等の構成パーツは、熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

 

誤差を確実に修正し、基本精度を底上げ。

リペア部分のロングライフ化を図ります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のクオリティーで、徹底した管理の下メンテナンスを行ったパーツを、パワーユニットへ組み込み。

ボルト1本まで、素材や処理工法に1番適した工法で再使用パーツをリフレッシュ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、タイミングベルトカバーのメンテナンス&クリーニングアップへと…

現状の画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

3年経過すれば、露出しているタイミングケースは走行での汚れが付着しますね。

フェラーリ 328

タイミングケース内部の現状の画像。

 

新しいパーツに汚れが付着しない様、クリーニングアップ開始です。

同時にクリーンな状態からクラックチェック&メンテナンスも行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

タイミングベルトケース メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

効率にとらわれる事なく、1つ1つのパーツを独自のクオリティーで仕上げます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

素材毎に、一番適した工法を精査し、メンテナンス&リフレッシュを行います。

クリーニングアップのみで、この状態を取り戻します。

フェラーリ 328

滑らかな素地。

 

汚れた部分をペイント等で包み込むような安易な作業は一切行いません。

オリジナルの状態を完璧に復元する設備を完備します。

フェラーリ 328

徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、組み込みに備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてクランクプーリーのメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ 328

Vベルトの回転部分等に発生している錆。

錆の発生でVベルトが紙やすりで削られる作用が発生しています。

その為、Vベルトが攻撃され、指定交換時期までVベルトがもたない状態。

 

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

完璧に錆を除去し、クランクプーリーやVベルトを錆から守るメンテナンスも行います。

フェラーリ 328

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クランクプーリー メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ 328

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトします。

同時にクラックチェックも完了。

フェラーリ 328

クリーニングアップのみで、この状態まで復元させます。

1つ1つのパーツを完璧に復元し再使用します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

トルク管理。

私たちは全てのボルト、ナットの組込みにも徹底したトルク管理を行い規定トルクでロックします。

フェラーリ 328

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、エンジンの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

画像右が装着されていたVベルト。

左がニューパーツ。

 

使用許容範囲を超え、心線が出てしまっています。

Vベルトは定期交換パーツ。

V部分のラバーも減る為、接触面積が少なくなりスリップ率が高くなる為、確実な伝達能力が減少します。

フェラーリ 328

Vベルト。
 

動力の伝達に摩擦力を使う(摩擦伝動)ベルトドライブ(回転型の動力伝達機構)の一種です。

ベルト断面は外周側が広く内周側が狭い台形(V字形状)をしているのが特徴。

主に、オルタネーター、ウォーターポンプ、エアコンコンプレッサーの駆動に使用するのが一般的なVベルト。

摩擦伝動には平ベルトとVベルトがありますが、Vベルトはその形状による接触面積の大きさとくさび作用によって、同一幅の平ベルトよりも強い摩擦力を発生します。

そのため平ベルトよりすべりが少なく大きな伝達能力を発揮します。

ベルトのV字角は通常40°です。

ベルトの構造は まず幅広い上部に強靭な紐(心線)をゴムで固めた構造があり、その内周側(V字の下のほう)はプーリーでの曲げに対応する柔軟なゴム(下ゴム)。

ベルトの上下はゴムで固めた布でおおわれています。

 

近年ではVベルトより、更に接触面積の大きなリブベルトが一般的です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

回転部分、接合部分、軸受けetc.部分のメンテナンスも完了したパーツ群を独自のノウハウを盛り込み組込み。

1つ1つのパーツ精度を限りなく高める事で、構造体の精度を格段にアップデートさせます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

また、全て単体で細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

機能美が放たれます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてウォーター系統のリペアへと。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

画像右が劣化したウォーターホース 一部の画像。

画像左が換装するアップデートパーツ。

 

ウォーターホース。

代表的な素材の指定交換パーツです。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

また、常に熱害にさらされ劣化が促進します。

ラバーは、色々な劣化の仕方があります。

この劣化の状態は弾力性が失われるタイプ。

ガスケット ラバー シール等々使用される素材は使用用途で素材を変え形成されます。

 

年式を問わずどの車輌にも起こりうることです。

定期的なチェックを行うことで車輌のコンディションを整えます。

フェラーリ 328

画像左 換装するアップデートパーツ 一部の画像。

オリジナルにこだわらない場合、使用する材質やクオリティーが格段に高いパーツを吟味し取り入れます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ホース&パイピングの取り回し角度や、クリアランスを最適なポジションへと見直し組込み。

個々の干渉を防ぎ、メカニカルトラブルを抑止します。

機能性、美観と共に不安要素もアジャスト。

 

こだわったリペア&メンテナンスをご提供します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

エンジンオイル&オイルフィルターの交換。

まず、周辺部分のクリーニングアップを行い、塵や埃の混入を防ぎます。

 

エンジンオイルには、エンジン内部を清浄に保つ為に、オイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼして、エンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は、上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為に、その性能はある一定のところで抑えられています。

その為、オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し、目詰まりを起こした場合を想定して、バイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりして、エンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

 

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フランジ内部もスッキリ クリーンな状態に。

クリーンな状態からオイルエレメントを、基本締め付けトルクで確実にロックします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてブレーキオイルの交換へと。

フェラーリ 328

リザーバタンク内部底に、大気中の水分を吸って加水した浮遊物が貯まっています。

この状態ではブレーキシステム構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

 

まず、加水した浮遊物のクリーニングアップから。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ後の画像。

新油は、このような半透明なブレーキオイル。

フェラーリ 328

クリーンな状態から専用機器で交換開始。

ブレーキオイルは、328のパフォーマンスに十二分な対応ができるスペックのオイルをチョイスし交換します。

 

ブレーキオイル。

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は、気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生し、ピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

 

通常のストリートでの使用、また、乗らなくても1年毎の交換が必須。

フェラーリ 328

ブレーキオイル交換と同時に、周辺部分もクリーニングアップ。

スッキリ。

 

フェラーリ 328の車輌スペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロントセクション サスペンションシステム 現状の画像です。

 

今回もサスペンションシステム ステアリングシステムのクリーニングアップを行います。

同時に締め付けトルクのチェックを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

また、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

 

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ 328

同じくリヤセクション。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

今回もクリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロント リヤ クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

サスペンションシステム、ステアリングシステムも、きめ細やかなクリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ 328

同じくリヤセクション。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

今回、サスペンションシステム系統のリペア&メンテナンスは行っていません。

使用許容範囲を超えているサスペンションシステムでは、セットアップを行っても車輌に反映されないばかりか、逆に悪影響を及ぼすからです。

今回はクリーニングアップのみの実施。

構造体としては、使用許容範囲を超えてしまい車輌の基本骨格を守る大切な役目と、車輌本来の安定した走行フィールをドライバーに約束してくれる非常に大切な構造体の1つです。

 

次回のリペア、最重点ポイントです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロント&リヤブレーキローターの現状の画像。

フェラーリ 328

ホイールとの締結面に錆が発生しています。

この状態では確実な面圧でホイールと接触できません。

 

フロント&リヤ共にメンテナンスを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロント&リヤブレーキローター メンテナンス後の画像。

フェラーリ 328

ホイールとの締結面の錆も加工修正。

ホイールとの締結圧力も本来の圧力へ…

アライメントも変化します。

 

徹底した、メンテナンスを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

フェラーリ 328

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

フェラーリ 328

ホイール側 締結面にも錆が発生しています。

ブレーキローター同様加工修正し精度を出します。

また、錆の侵食からもホイールを守るメンテナンス。

 

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

ホイール4輪全て表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

 

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

フェラーリ 328

ホイールの錆も加工修正。

締結圧力も本来の圧力へ戻すと共にホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

汚れている現状のフロアーの状態。

フェラーリ 328

フロアー、シャシーのメンテナンスを行うため、細部に至るまでクリーニングアップを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

シャシー細部までクリーニングアップ完了です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行っていきます。

チェックと同時にまた、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

フェラーリ 328

クリーニングアップ&メンテナンスを行ったシャシーに、クリーンなカウル類を組み込み。

カウル1つの組み込にもこだわります。

基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

 

私たちのごく通常の作業工程の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

シャシー関連、メンテナンス&クリーニングアップまた、セットアップ後の、フェラーリ 328。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロアー部分に至っても、全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、パワーユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップを行います。

フェラーリ 328

TipoF105Cユニットの基本原理やマイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

 

メンテナンス部分の本来のキャラクターを存分に引き出します。

また、独自のセットアップを施し328のポテンシャルを余す事無く引き出します。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

フェラーリ 328

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ 328

メンテナンス同様、仕上げにもこだわります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ 328GTS。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 279枚 (CD-R 2枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお渡し致します。

 

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »