フェラーリF430 フロンシバンパー修理・車高調整式サスペンション整備・アライメント調整・コーナーウエイトレシオ測定 整備

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

フェラーリ F430

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F430を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430 チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F430

トラブルシューティング開始です。

駐車中にフロント右にヒットされ、ステアリングのセンター位置がずれている状態。

 

まず、現状のアライメントのチェックを行い問題箇所を特定します。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

各機器をセットアップ。

チェック開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロント右タイヤにヒットされている為、フルアライメントの測定で右サスペンションシステムに異常が発生しているかをまず数値でチェックしていきます。

フェラーリ F430

やはり、右の数値が異常です。

ピンポイントでトラブルシューティング開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

サスペンションシステムの不具合ポイントも各部の厳密な測定チェックで確定。

続いてボデーワークへと。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ボデーワークは、私たちの信頼するパートナーのもとで行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

パートナーの下で完璧なボデーワークリペアを終えたF430。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

最新鋭の設備と技術が整っているパートナーの下で、丁寧な作業が行われ復元したボデーライン。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ボデーラインを一体としてリペアされ流麗なラインが復元されたF430。

フェラーリ F430

続いて、フロントセクション サスペンションシステムのリペア&メンテナンスへと。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

厳密な数値測定&チェックで確定している不具合ポイントのリペア&メンテナンスへと。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フロントR/H サスペンションシステムを分解。

この状態からアルコア社製フレームと、サスペンションシステムの装着部分のメンテナンス&クリーニングアップを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス&クリーニングアップ完了の車輌側接続部分。

 

より精度を高め、リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

同時に周辺部位もクリーニングアップ。

クリーンな状態からリペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

リペアに伴い分解した、フロント R/Hブレーキローター現状の画像です。

フェラーリ F430

ブレーキローターに発生している錆。

 

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトします。

フェラーリ F430

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

メンテナンス&クリーニングアップ後のフロント R/Hブレーキローターの画像です。

クラックチェック、測定による修正、また細部までメンテナンスも完了です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

錆は細部まで完璧に除去。

微塵も残しません。

フェラーリ F430

ディスク面、ディスク内部、ベンチレーテッドフィンやハブで処理工法を変更し、徹底したメンテナンスで構成パーツを復元します。

 

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちが行うリペア&メンテナンスは、単にパーツの組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施し再使用します。

 

メンテナンス&クリーニングアップは、最新の工法で行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーンな状態から、リペア&メンテナンスを実施したパーツを仮組み。

仮組みでフィッティングの確認。

より精度を高め、リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

 

このプロセスが非常に重要。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

トルク管理。

私たちは全てのボルト、ナットの組込みにも徹底したトルク管理を行い規定トルクでロックします。

フェラーリ F430

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

完璧な下準備。

そこへ独自のノウハウ&工法を織り込み、最高のポテンシャルを発揮できるよう組み込み完了。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ボルト1本まで、素材や処理工法に1番適した工法で再使用パーツをリフレッシュ。

フェラーリ F430

私たちのリペア&メンテナンスは、より精度を高め、機能性だけではなく、美しさにもこだわります。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

フェラーリ F430

ブレーキダストなどの汚れが若干付着しているホイール。

フェラーリ F430

締結面のメンテナンスも行います。

クリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

フェラーリ F430

表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

 

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

フェラーリ F430

締結面のメンテナンスも完了。

締結圧力を本来の圧力へ戻すと共に、ホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いて、コーナーウエイトレシオ&フルアライメントの測定&セットアップへと。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

まず測定前に、以前のセットアップをセットダウンし、クリアな状態に。

 

リペア&メンテナンスで適正化したサスペンションシステム。

全てをセットダウンし、適正化したサスペンションシステムに合わせ、1からセットアップします。

フェラーリ F430

セットダウン完了。

コーナーウエイトレシオの測定&セットアップから。

 

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えます。

4輪アライメント調整の前に、コーナーウェイト測定・セットアップを行います。

荷重移動がスムーズになり、サスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

 

セットアップに入っていきます。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フルアライメントの測定&セットアップへと。

 

サスペンションシステムの変更、リペア&メンテナンスまた何らかのセットを変更した場合、フルアライメントの測定&セットアップは必要不可欠な作業。

また、変更点が無くてもアライメントは変化してしまいます。

定期的な測定&セットアップが好ましいポイントです。

フェラーリ F430

アライメントのポイントは、サスペンションシステムや、タイヤのキャラクターをどれだけ活かせるかが最重要ポイント。

ですので、基本アライメントは存在するものの、正解は1つではありません。

 

車輌の仕様はもちろん、使用用途やドライビングテクニックによっても、最適なアライメントにセットします。

フェラーリ F430

1台1台オーダーメイドのアライメントにセットアップします。

タイヤの銘柄、純正でもサスペンションのプリロードの違い、またサスペンションシステムを変更している場合はバンプ、リバンプ、ストロークスピード等々数限りなく違いがあります。

蓄積した膨大なデータで、オーダーメイドのセットアップを行います。

 

その結果、乗りやすい=リスクを回避できる=積極的にアクセルを踏んでいけドライビングに集中できる。

この法則が大切。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてオイル&オイルフィルターの交換へと。

 

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくいものです。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず車輌を痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

 

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更し、ベストなオイルをチョイスし交換する事で、車輌をよりベストな状態へと導きます。

フェラーリ F430

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

オイルフィルターの交換。

まず、周辺部分のクリーニングアップを行い、塵や埃の混入を防ぎます。

 

エンジンオイルには、エンジン内部を清浄に保つ為に、オイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼして、エンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は、上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為に、その性能はある一定のところで抑えられています。

その為、オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し、目詰まりを起こした場合を想定して、バイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりして、エンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

フェラーリ F430

フランジ内部のクリーニングアップを行います。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

フランジ内部もスッキリ クリーンな状態に。

フェラーリ F430

クリーンな状態からオイルエレメントを、基本締め付けトルクで確実にロック。

フェラーリ F430

周辺部位もスッキリ クリーニングアップ。

エンジンオイル&オイルフィルターの交換終了です。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

 

メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F430

フェラーリ F430

クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ F430

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

フェラーリ 430

フェラーリ 430

メンテナンス&クリーニングアップ済みのカウル類をクリーンなシャシーに組み込み完了。

フェラーリ 430

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込みます。

フェラーリ 430

フェラーリ 430

続いて、Ferrari Scuderia ver. デカールを装着。

フェラーリ 430

フェラーリ 430

Ferrari Scuderiaのラインにカスタムするフルセット。

フェラーリ 430

Premium Parts で紹介しています 『Ferrari Scuderia ver. デカールset 』

こちらの商品は、Premium Partsでご購入して頂けます。

フェラーリ 430

フェラーリ 430

全ての作業が終了したF430。

フェラーリ 430

フェラーリ 430

エクステリア、インテリアの最終仕上もげもメンテナンス同様にこだわります。

フェラーリ 430

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 430

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F430。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

2 Comments

  • ぱぱつん| 2012年11月2日 at 10:53 AM 返信

    この度も想像以上のメンテナンスありがとうございました!車が戻ってきたときのボディの輝きには毎回驚かずにはいられませんし、運転した時の素晴らしさには感動します。毎回望むもの以上のメンテナンスとサービス、そして支払った金額以上の価値を得ていると思います。本当に感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2012年11月2日 at 11:56 AM 返信

      いつもご依頼頂き有難う御座います。

      僕自身の理念や思想を理解し、それ以上の思いでメカニックが日々車輌と向き合いリペア&メンテナンスしてくれています。

      オーナーから、こう言うお声を頂くとメカニック冥利に尽きます。

      これからも日々向上心を持って更なるハイクォリティーな技術をご提供できます様努力してまいります。

      こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »