フェラーリ 328GTB オーナーご依頼ポイント チェック&メンテナンス

フェラーリ 328

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 328GTB メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328GTBを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328GTB チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

トラブルシューティング開始です。

フェラーリ 328

常にのご依頼で、1から仕上げさせて頂いている車輌。

非常に良いコンディションを維持しています。

 

1セクションを確実に。

そのメンテナンス方法で、確実にメンテナンスを行わせていただいている車輌。

その積み重ねが、このコンディションを生み出します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

間違ったトラブルシューティングでのリペアや、使用を継続すると確実に他の関連パーツを破損させる負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

車輌に異変を感じた場合は、早急な対応が必要不可欠です。

 

それも、確実なトラブルシューティングで主原因を1回で的確に判断しリペアしないと、負の連鎖反応が全く違った系統に飛び火します。

フェラーリ 328

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

パーツを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

どのようなトラブルシューティングも同じですが、ここで間違うと致命的。

独自のトラブルシューティングでトラブルポイントをピンポイントで確定します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

エアコン効き不良のトラブルシューティングへと。

エアコンガス圧力が規定値より著しく低下している状態。

 

エアコンガス漏れが発生しています。

フェラーリ 328

エアコンガスが足らないと、ガスのみ補充される場合をよく見受けます。

安易にエアコンガスを注入するのはエアコン系統に多大な2次的ダメージを与えます。

これは人災です。

 

エアコンの構造上ガス漏れは、コンプレッサー潤滑用のオイルと同時に大気開放します。

エアコンガスを補充する事で、更にオイルが無くなる方向へと促進されます。

根本の主原因のガス漏れが直っていない訳ですから…

ついにはコンプレッサーの焼き付を引き起こします。

そこまでに至ると、焼き付いたコンプレッサー内部構成パーツの破片がエアコンライン内に飛散し、多大なダメージを引き起こします。

なので、エアコンガス圧が低下しエアコンが効かない場合、安易な補充は避けるべきです。

 

ガス漏れが発生している不具合ポイントを確実に見極めリペアすることが必要です。

フェラーリ 328

また、エアコンの1番の大敵は湿気です。

ガス漏れが発生しているということは大まかに言うと、漏れ出す穴が開いているという事。

その穴から湿気の混ざった大気がエアコンラインの中に混入します。

夏 冬また、エアコンを使用する しないに関わらず、放っておくとエアコンラインの中に大気(同時に湿気も混入します。)がエアコンガスの変わりに入り込みます。

 

他車輌の画像ですが、このような状態に…

大気の湿気だけで十分エアコンライン全体の内部にアルミ特有の錆が発生します。

錆が発生するとパイプの強度が低下。

1つの不具合が全体のパーツに悪影響を及ぼします。

その場合、穴の開いているポイントを的確にリペアしても、強度不足に至ってしまった他のエアコンパーツからガス漏れが発生するといういたちごっこになってしまいます。

それだけは避けたいものです。

フェラーリ 328

車輌 フロント インテリア内 フロアー ユニット等々に巡っているエアコンライン。

また、制御パーツからのガス漏れポイントのトラブルシューティングに入ります。

フェラーリ 328

ガス漏れポイントのトラブルシューティング。

車輌全体に巡らされているエアコンパイプや、パーツを全て専用機器を使用しリークポイントを的確にチェック。

 

ここでの誤診は致命的です。

フェラーリ 328

専用機器は数種類完備します。

漏れの大小で全ての機器を使い分けます。

赤外線での設備も完備。

最先端の設備とエアコンの基本構造を熟知したエンジニアがトラブルシューティングを実施。

 

確実にリークポイントを特定します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

専用機器での的確なトラブルシューティング。

 

エアコンガスは、劣化しません。

よく、エアコンガスの入れ替え等、薦められる場合がありますが、全く意味の無いものです。

漏れ等が発生しない場合半永久的に使用できます。

フェラーリ 328

全てのチェックが終了したフェラーリ 328。

 

現状、車輌に発生しているトラブルポイントを確実に把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 328

お打ち合わせさせて頂き決定しましたメンテナンスメニュー。

今回は、パワーユニットを1セクションとしリペア&メンテナンスを行います。

 

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328GTB リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ 328

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

常に定期チェックからメンテナンスに至るまで、全てをご依頼頂いている車輌。

隠れた内部までクリーンな状態を維持しています。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

まずイグニッションコイルのメンテナンスから。

フェラーリ 328

取外したブラケット。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

まず、ブラケット類のメンテナンス&リフレッシュから。

 

第1段階 アームに発生している錆を除去。

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

 

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&リフレッシュ完了のブラケットの画像です。

錆は細部まで完璧に除去。

微塵も残しません。

 

ブラケット素地のコンディションを整え第1段階〜第5段階へと最新の工法でメンテナンス&リフレッシュ完了。

フェラーリ 328

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちの行う作業は、単に組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し再使用します。

フェラーリ 328

メンテナンス完了。

組込みに備えます。

フェラーリ 328

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

 

メンテナンス後のパーツを持っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗うという当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス済みパーツを組込む前に、車輌側もメンテナンス&クリーニングアップ。

ボルト、ナット1つまでクリーンな状態を取り戻します。

フェラーリ 328

クリーンな状態からリペア済みパーツの組込みに備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

取り付けも、再度適正化を図り組込み。

組込み1つにもこだわります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

装着されていたパーツ。

ディストリビューターキャップ プロテクターが切損している状態。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

今回装着するパーツは、全ての問題点を最新の技術と素材で改善し製作した、オリジナルパーツです。

国産の厳選素材を使用し、私たちが設計、製作したプラグコード。

オリジナルにこだわらない場合、使用する材質やクオリティーが格段に高いパーツを吟味し取り入れ、オリジナルでアップデートパーツを製作します。

フェラーリ 328

設計、製作の時点で、取り回し角度やクリアランスを最適なポジションに装着できるよう製作しています。

個々の干渉を防ぎ、メカニカルトラブルを抑止します。

コード自体もアップデート素材を使用し、プラグへの供給電圧をアップさせ、ポテンシャルアップを図ります。

機能性、美観と共に不安要素もアジャスト。

 

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

スパークプラグの交換。

画像右が、使用限度を超過したスパークプラグ。

画像左が、Tipo F105Cユニットの燃焼を更に促進させるため、蓄積したデータから選択したスパークプラグ。

 

フルインジェクション化に伴い、今では余り気を使わなくなったスパークプラグ。

3年以内、または走行2万キロを目安にパーツそのものを一新する事が必須。

フェラーリ 328

新品のプラグであっても、製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によっては、プラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス済みのパーツを組み込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

オリジナルプラグコードで、取り回しを全てアジャスト。

全てのクリアランスを左右均等に組込み機能美も復元します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、パワーユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップを行います。

 

K KA KE ジェトロ基本調整後、セットアップを行いメンテナンス部分の本来のキャラクターを存分に引き出します。

TipoF105Cユニットの基本原理や、マイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

フェラーリ 328

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

精度を取り戻すメンテナンス。

 

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ 328GTB。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 127枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »