フェラーリ 328 GTS リペア&メンテナンス

s-DSC00151

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 328GTS メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328GTSを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC01605

フェラーリ 328 チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC01638

s-DSC01663

プロテクターを丁寧に分解。

s-DSC01654

トラブルシューティング開始です。

s-DSC00054

オイル漏れ。

s-DSC01612

漏れ出したオイルが、全く問題の無い他のパーツに付着し侵食し始めます。

 

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルを付けると、数日でゴムの弾力性が無くなり伸ばすと直に切れてしまいます。

これと同じ事が車輌に生じます。

s-DSC00059

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

s-DSC00058

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

 

また特にパワーユニットやパワートレイン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

 

構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

これらの基礎知識も的確なトラブルシューティングを行うには重要ですね。

s-DSC00060

ピンポイントでトラブルポイントを特定します。

 

次に、なぜオイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定しメンテナンスメニューとしてご提案させて頂きます。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ 328 GTS。

 

車輌に発生しているトラブルポイントを確実にピンポイントで把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

現状車輌に発生しているトラブルポイント。

 

根本的なトラブルの改善メニューをご報告し決定したメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05102

フェラーリ 328 GTS リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC00051

s-DSC00054

リペア&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00076

単に分解するだけではなく、生産時のパーツ精度の誤差、また車歴で精度が低下している部位を項目毎に測定チェックします。

 

まず、クリーニングアップから。

細部までクリーンな状態から、私たちが独自に設定している厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェックします。

独自の数値に適合しない場合、専用機器で加工修正を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00089

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像。

 

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

 

高次元の構造体に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00071

分解パーツ一部の画像です。

s-DSC00080

s-DSC00062

s-DSC00063

まず、全ての分解パーツをクリーニングアップ。

続いて、分解時のチェック項目の1つでもあるパーツ精度を1つ1つ個々に測定。

 

単体から、私たち独自の厳密な精度に確実に加工修正していきます。

このプロセスが、仕上がったリペアポイントの精度を大きく左右します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00095

構成パーツ一部の、クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC00084

1/100ミリの精度へとメンテナンス。

1つ1つの再使用パーツの精度を、独自のクオリティーで格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げます。

s-DSC00118

s-DSC00115

s-DSC00116

ユニット等の構成パーツは、熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

 

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に復元。

また、美しさにもこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00091

全ての下準備が整ったパワートレインに、個々のパーツ精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

 

1つ1つを完璧にリセット。

徹底した管理の下、行ったリペアポイントは、何度も同じ箇所に手を入れなくても良いコンディションを維持します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00119

ボルト、ナット1つに至るまでメンテナンス&クリーニングアップ。

クリーンな状態から、個々に設定している厳密な数値に適合しているか否かをチェック。

 

全てのメンテナンスやクリーニングアップには、確立した理由があります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00121

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-DSC00124

私たちのファクトリーでは、エアーツールなど一切使用しません。

全てメカニックの手と、磨き上げられた工具によって行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00127

1つ1つのメンテナンス済みパーツを丹念に組上げます。

s-DSC00126

s-DSC00128

s-DSC00131

1台1台手作業で、どれだけ効率的に動力性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00143

漏れ出していたオイルを、細部までクリーニングアップ。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00134

メンテナンス済みのシャシーに、クリーニングアップ済みのカウルを組込み。

s-DSC00135

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込み完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00136

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00140

機能性や、精度を完璧に仕上げたパワートレイン。

また、徹底した美しい仕上げを追求。

s-DSC00141

s-DSC00142

s-DSC00144

クルマではなく芸術作品を生み出すという意識で、丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00137

全てのリペア&メンテナンスも完了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC00139

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

s-DSC05672

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

全てのリペア&メンテナンス 終了のフェラーリ 328GTS。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

今回のメンテナンス内容の詳細と写真 103枚 (CD-R 1枚に落としてあります)車輌と一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »