フェラーリ 328 GTB 定期チェック

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

フェラーリ 328

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもFerrari 328 GTB メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回もご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-P1130008

フェラーリ 328GTB チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-P1130036

ボデープロテクターの装着。

チェック開始です。

s-P1130196

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ TipoF105Cユニット。

 

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のTipoF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更。

それに伴い最大出力の違いもあります。

s-P1130198

インジェクションも年代で3種類。

 

前期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 Kジェトロ。

後期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 KAジェトロ。

最後期には、ボッシュ製 KEジェトロのインジェクションシステムも存在します。

s-P1130200

s-P1130202

K KA KE ジェトロ。

 

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くても、セットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的な基本セットアップが性能を保ちます。

s-P1130203

エレクトロニクス系統も全て基本作動をチェック。

K KA KE ジェトロの構造や基本原理を熟知したエンジニアが、各項目、全て個別にチェックします。

s-P1130038

鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担も、フレームだけでなくボディパネルにも依存する設計。

s-P1130241

328では、2種類のフレームが存在します。

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

s-P1130236

続いて、メカニカル関連のチェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ 328 各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-P1130073

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

s-P1130075

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や、これまでに至るメンテナンス状況で車輌のコンディションは千差万別です。

s-P1130200

常に、私たち独自の思想また目線でメンテナンスを行わせて頂いている車輌。

よいコンディションです。

今回も、独自の思想また目線でチェックを行います。

s-P1130051

s-P1130032

s-P1130247

以前、サスペンションフルブッシュや、ショックアブソーバーの交換を行っている為、コンディションは抜群。

s-P1130249

車高の問題から、スタビライザーリンクブッシュのみ問題が発生している状態。

s-P1130284

以前より滲みが見受けられていた冷却水。

s-P1130281

常にのチェックで滲みの程度を確認していましたが、今回のチェックでは滲みが漏れに変化しています。

2次的不具合の誘発を防ぐ為にも、この時点でのリペアが好ましいでしょう。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ 328GTB。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめ御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC01372

フェラーリ 328 GTB リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC01821

リペア&メンテナンス開始です。

s-DSC01841

ボデープロテクターの装着。

s-DSC01848

フロントセクションからメンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01855

私たち独自の思想また理念のもと、リペアパーツの設計、製作を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02170

どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02308

s-DSC02311

通常見えない部分には汚れが蓄積しています。

分解と同時に隅々までクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04712

s-DSC04709

クリーニングアップ後の画像です。

ハーネス、ホース類に至るまで、こだわったクリーニングアップを実施。

 

車輌の価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所のクリーニングアップを非常に重要視します。

クリーンな状態から組込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02392

劣化しているウォーターホースの画像。

 

ホースの素材にもよりますが、ホースの劣化は下記が代表的な要因になります。

外部因子作用による劣化

熱による劣化(熱酸化劣化)

光による劣化(光酸化劣化)

オゾンによる劣化

残留塩素による劣化

金属イオンによる劣化

溶剤膨潤による劣化

 

大きく分別しましたが、個々の劣化にはさまざまな要因があります。

このような知識も、トラブルシューティングを的確に行うには、非常に重要なことですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02380

ニューパーツの画像です。

今回はノーマル然としたアップデートパーツを選択。

純正パーツは、分解したホースと同じ当時の素材や工法のパーツです。

オリジナルにこだわらない場合、使用する素材やクオリティーが格段に高いパーツを厳選し換装します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02300

ダクトのリペア。

s-DSC02326

現状のパイピングまた、ジョイントの画像。

再使用パーツは単品から全てメンテナンス&クリーニングアップしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04718

リペア&メンテナンス後の画像。

s-DSC02344

パイピングや、ジョイントは全て分解し、機能性だけではなく美しさも追求するメンテナンスを実施。

組込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04720

全ての下準備も完了。

リペア&メンテナンス済みのパーツを組み込み。

s-DSC04725

組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込み完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02498

パーツを組上げる上での、細かい微調整。

最終的な合わせこみが重要です。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップ済みパーツを基本装着位置の見直しを図り組込み。

s-DSC02494

機能性と美しさを追求し、最新の技術で設計&製作したオリジナルパーツを組み込み。

オリジナリティーを重んじ、且つ最新の技術と素材を駆使しノーマル然とバージョンアップ。

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

 

Maintenance  Reportでは全ての画像をアップ出来ません。

オリジナルパーツの設計、製作また、製作過程、装着後の画像も詳細に撮影していますので、CD-Rでお渡しします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02251

スタビライザーリンクロッドのリペア&メンテナンス。

s-DSC02252

s-DSC02253

まず全てクリーニングアップ。

 

クリーンな状態から、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェック。

チェック項目でメンテナンスが必要であると判断した数値の箇所は、徹底した精度を確実に復元するメンテナンスを実施します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02261

s-DSC02263

交換するスタビライザーを固定する役目のブッシュ。

 

右がニューパーツ。

左が使用許容範囲を超えているブッシュ。

この状態ではスタビライザー効果が全く得られません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02273

リペア&メンテナンス後のリンクロッドの画像です。

s-DSC02274

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

ボルト1本までメンテナンス。

全てが整ったロッドにニューパーツを組み込み。

 

機能性や、精度を完璧に仕上げ、また徹底して美しい仕上げを追求。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02254

リペアポイントのキャラクターを存分に発揮できるよう車輌側もメンテナンス&クリーニングアップ完了。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02282

全ての下準備を整えリペア&メンテナンスパーツをR/H L/Hともに組み込み。

地味なれど重要。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02161

s-DSC02198

エンジン&ミッションマウントの交換を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02177

画像左が、使用許容範囲を超えているマウント。

画像右がニューパーツ。

 

劣化したマウントと、ニューパーツでは、劣化したマウントが約1.5センチ落ち込んでいる状態。

パワーユニット&パワートレイン搭載時には自重が掛かり更に落ち込みます。

 

パワーユニット、パワートレインといった機関内部では、部品が回転する事でさまざまな振動が発生します。

その為、こうした機関とフレームとの間にショックアブソーバーのような働きをするマウントを設け、車輌に振動が直接伝わりダメージを与えない働きをするのがマウントです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02189

構成パーツ メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

ボルト、ナット1つまでメンテナンス。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、再使用パーツに独自のチェック項目を設けています。

生産時のパーツ精度の誤差、また熱害での精度低下部分は専用機器で修正し再使用します。

 

また、全て独自のクオリティーで徹底したクリーニングアップを実施し美しさにもこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02179

マウント装着部位の現状。

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02190

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

全ての下準備を整えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02226

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-DSC02228

私たちのファクトリーでは、エアーツールなど一切使用しません。

全てメカニックの手と、磨き上げられた工具によって行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02234

全ての下準備を行いニューパーツを組み込み。

組み込みは、基本装着位置へと修正し組み込みます。

 

この様なメンテナンスの積み重ねで車輌の基本ベースを底上げします。

s-DSC02235

s-DSC02236

1台1台手作業で、どれだけ効率的にパーツ性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

また、徹底した美しさを追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02239

オイルの交換。

 

車輌のオイルは、大きく分けて2種類に分別できます。

ひとつは、エンジンやミッション、デフなどの潤滑を目的としたオイル。

ふたつめは、ブレーキやクラッチ、F1マチック、パワーステアリングなどの油圧システムのオイル。

 

オイル交換の目安は、『性能が劣化したら…』と、言葉では簡単に言えますが、オーナーはオイル性能が劣化したという自覚症状を感じとることができないので難しいですね。

オイルの性能の劣化はゆっくりと進行するから分かりにくいものです。

 

オイルの性能は、普通に使用しているだけでも時間の経過とともに劣化してしまいます。

空気と触れることで酸化してしまうのが主な理由。

高温になるとより酸化しやすくなります。

 

劣化したオイルのまま使用を続けると、エンジンやミッションなどを壊すことになります。

ちなみにスーパーGTなどのレースチームは、予選と決勝レースの間にもオイル交換をするほどオイル管理には気を遣っています。

 

潤滑系のオイル交換の目安として、使用期間また、使用許容限度が設定されています。

使用期間また、使用許容限度を1度でも超えたオイルは、本来の性能を発揮できずメカニカルを痛めてしまいます。

また、車輌ポテンシャルに十二分に対応できるオイルをチョイスするノウハウも重要です。

 

オイルの管理は非常に大切なポイントですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02243

ドレンボルトをクリーニングアップ。

1度締め付けられたガスケットの再使用はしません。

 

クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02278

ブレーキオイルの交換。

s-DSC02279

油圧システム用のオイルは使用期間また、使用許容限度また、空気中の湿気によっても性能が著しく劣化します。

湿気を吸い込むことで沸点が下がりヴェイパーロック現象が発生しやすくなります。

また、水分を含んだままではブレーキシステム構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

 

通常ストリートでの使用、また乗らなくても1年毎の交換が必須なオイルです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02294

リザーバタンク内部をクリーニングアップ。

クリーンなリザーバタンクの新油は、このような透明なオイル。

 

クリーンな状態から専用機器で交換。

ブレーキオイルは、ブレーキシステムのパフォーマンスに十二分な対応ができるスペックのオイルをチョイス。

s-DSC02320

ブレーキオイル交換と同時に、周辺部分もクリーニングアップ。

これら油脂類の交換過程は、私たちが行うごく通常の交換工程です。

 

他の油脂類も多々存在しますが、全てのメンテナンスをご依頼頂いている車両。

全てデータ管理をさせて頂いています。

他の油脂類は前回のチェック時に交換していますので今回交換の必要はありません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01831

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップを行います。

 

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-DSC01833

s-DSC01832

同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーニングアップします。

 

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

s-DSC01826

同じくリヤセクション。

s-DSC01828

s-DSC01827

全てを管理させて頂いている車両。

非常に良いコンディションです。

今回も、定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02504

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-DSC02505

s-DSC02506

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がよりリアルになると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-DSC02509

同じくリヤサスペンションシステム。

s-DSC02510

s-DSC02512

メンテナンスで機能性を、クリーニングアップで美しさを両立させます。

リペアからメンテナンス、クリーニングアップに至るまで、常に独自のクオリティーで管理し、コンディションを保ち、また向上もします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02313

ホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

s-DSC02316

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02359

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全て表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

s-DSC02360

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

 

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

s-DSC02362

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02531

クリーニングアップ&メンテナンス後のシャシーの画像。

各部のセットアップも行い、パフォーマンスのバージョンアップを図ります。

s-DSC02527

セットアップ済みのシャシーへ、クリーンなカウル類を組み込み。

 

全ての見直しを図り、基本装着位置へと組み込み完了です。

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生しているズレ。

組み込みは、基本装着ポイントへと修正し組み込みます。

s-DSC02532

私たちが行う、ごく通常の作業工程の流れです。

どのようなリペア&メンテナンスに対しても、私たち独自の思想、理念の下、徹底した作業を行います。

 

一見すると地味な作業だと思われるでしょう。

しかし、これら一連の基本技術こそ、パフォーマンス向上と確実なクオリティーを得るには必要不可欠な事なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02515

パワーユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップ。

TipoF105Cユニットの基本原理やマイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

また、独自のセットアップを施し328のポテンシャルを余す事無く引き出します。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02602

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC02591

s-DSC02593

s-DSC02598

s-DSC02596

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

 

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用等は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

s-DSC02535

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-DSC02536

s-DSC02552

s-DSC02549

s-DSC02564

全てのリペア&メンテナンス 終了のフェラーリ 328GTB。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 355枚 (CD-R 3枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-DSC02548

コックピットに乗り込み、エンジンをかける。

ステアリングを握り、アクセルを踏む。

自分とクルマがひとつになり、自由になっていく。

クルマとは本来、自分を解放するものであり、自己表現であり、生き方そのものだと思う。

人生とクルマの本当の楽しみ方を知る大人のために…

私たちはすべての要素を高次元で考えます。

今後も、車輌全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして、共に車輌を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »