フェラーリ F355 チェック&リペア

s-DSC06384

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC06998

トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC06932

ボデープロテクターの装着。

s-DSC07110

トラブルシューティング開始です。

s-DSC06928

s-DSC07054

s-DSC07055

エンジン冷却水及びオイルが多量に漏れ出している状態。

s-DSC07056

エンジン冷却水また、オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

 

代表的な素材の1つに、ガスケットやラバー素材のパーツがあります。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

また特にパワーユニットやパワートレイン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもエンジン冷却水また、オイル漏れを発生させてしまいます。

 

構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生し、エンジン冷却水また、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

なぜエンジン冷却水また、オイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定し、ピンポイントで確実なリペア工法を確定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-DSC06929

項目毎に独自のトラブルシューティングを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのトラブルシューティングが終了したフェラーリ F355。

 

車輌に発生しているトラブルポイントを確実にピンポイントで把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

幾通りかのリペアメニューの中から、お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のリペアメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC08104

フェラーリ F355 リペア開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC08109

ボデープロテクターの装着。

リペア&メンテナンス開始です。

s-DSC08152

多量に漏れ出し飛散してしまっている油脂類。

リペア&メンテナンスに伴い、クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08172

クリーニングアップ後の画像です。

私たちは、通常見えないポイントまで徹底したクリーニングアップを行います。

 

細部までクリーンな状態から、リペア&メンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08178

交換ホース 一部の画像。

画像左が内部劣化が発生しているオイルホース。

画像右がニューパーツ。

 

ホースの素材にもよりますが、ホースの劣化は下記が代表的な要因になります。

外部因子作用による劣化

熱による劣化(熱酸化劣化)

光による劣化(光酸化劣化)

オゾンによる劣化

残留塩素による劣化

金属イオンによる劣化

溶剤膨潤による劣化

 

大きく分別しましたが、個々の劣化にはさまざまな要因があります。

このような知識も、トラブルシューティングを的確に行うには、非常に重要なことですね。

s-DSC08177

世界欠品の純正パーツ。

入手困難なパーツでも独自のパーツルートで全世界から入手します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08198

下準備が整ったパワーユニットにニューパーツを組み込み。

メンテナンス済みのパーツを組上げる上での、細かい微調整。

最終的な合わせこみが重要です。

 

徹底した機能性と美しい仕上がりを追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08218

s-DSC08219

リペアに伴い分解した、フロアーカウル現状の画像。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、分解パーツを1つ1つメンテナンス&クリーニングアップし組み込みます。

 

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09579

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC09583

私たちのリペア工程は、分解したパーツ全てを独自のクオリティーで仕上げます。

機能性、また美しさを徹底して追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08240

クリーニングアップ済みのクリーンなフロアーカウルをシャシーに組み込み。

s-DSC08241

s-DSC08243

s-DSC08244

私たちは、通常見えないポイントまで独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08398

全てのリペア&メンテナンス完了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC08400

s-DSC08408

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので、隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

 

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

s-DSC08342

全てのリペア終了のフェラーリ F355。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 71枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のリペア内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお渡しします。

いつも、メンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »