フェラーリ F355 トラブルポイント チェック&修理

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

s-DSC05064

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ F355 メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお応えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

s-DSC04251

フェラーリ F355 トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC04256

トラブルシューティング開始です。

 

Ferrari 純正 車両診断テスター SD2を、フェラーリ F355車両コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari 純正 車両診断テスター SD2で、項目毎のパラメーターを詳細にチェックします。

s-DSC04295

トラブルポイントの情報を項目毎にチェック。

 

ただ、コントロールメインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

SD2でモニタリングしたデータは、あくまでもデータとし受け止めトラブルシューティングを行います。

 

テスターには表示されないERRORコードも多々存在します。

データ全てを鵜呑みにせず、各ポイントの状態を専用機器で独自のトラブルシューティングを行います。

s-DSC04261

ボデープロテクターの装着。

s-DSC04262

エレクトロニクス制御系統のトラブルシューティング。

表面的なトラブルポイントだけではなく、パラメーターをもとに奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

s-DSC04287

メカニカル系統のトラブルシューティング。

同様に、奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

s-DSC04271

s-DSC04269

s-DSC04272

s-DSC04294

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを見極める事が重要です。

また、複合したトラブルも的確に判断します。

 

間違ったトラブルシューティングでのリペアでは、一向に不具合は改善されません。

エレクトロニクスまた、メカニカルの基本構造を熟知したエンジニアが、確実なトラブルシューティングで主原因をピンポイントで確定します。

s-DSC04278

s-DSC04279

以前に手荒な作業が行われています。

電源ハーネスがむき出しの状態。

 

このような状態では連鎖的不具合を発生させ、また車両火災を引き起こす原因にもなります。

s-DSC04290

エレクトロニクス系統にトラブルを抱えています。

 

エレクトロニクスでのトラブルは、ポイントにもよりますが2次的不具合の誘発、また車輌火災を引き起こす箇所でもあります。

車輌全体を這い巡っているハーネスやカプラ。

フェラーリ ランボルギーニのエレクトロニクスは非常に繊細です。

 

メカニカルから、エレクトロニクスの司令塔〜末端のコントローラーや、センサー等を完璧に見極め、ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

確定した現状車両に発生しているトラブルポイント。

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のリペアメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05008

フェラーリ F355 修理&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04310

ユニットを確実に現品修理可能と判断。

繊細なユニット内部の回復工程を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04307

キャパシティー 一杯で製作されている各ユニット。

ニューパーツは非常に高額。

現品を完璧にリペアしつつ、なおかつキャパシティーを大幅にアップさせるカスタマイズをノーマル然と基盤内部に施工します。

 

エレクトロニクスを熟知したエンジニアが専用機材を使用し、修理&カスタマイズを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05028

フロントセクションの修理&メンテナンス工程に入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05061

フロントラッゲージの内貼りを丁寧に分解。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05033

フロアーカウルの分解も行いフロントセクションの修理&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05048

通常、目にする事の無い部分には汚れが蓄積しています。

修理に伴い分解したフロントセクション内部のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05049

通常見えない箇所を細部までクリーニングアップ。

クリーンな状態からリペア&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05051

クリーンな状態から各部を修理&メンテナンス。

見える所は勿論の事、見えない箇所ほど重要視します。

 

機能性と美しさを両立させるメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05038

整備に伴い分解したパーツ。

通常このまま組み込まれるのが一般的です。

 

私たちが行う整備は、分解したパーツを1点1点クリーニングアップ&メンテナンスを行い組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05053

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC05067

s-DSC05068

1つ1つのパーツを効率にとらわれる事無く丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05070

s-DSC05071

車両側、装着部分のメンテナンスも終了。

 

クリスタルのようなインテリアパーツを組上げる上での、細かな微調整。

左右の均一性、また細部までチリ合わせ等、最終的な合わせこみを行い組み込み。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05059

クリーニングアップ後のフロアーカウルを車両に組込み。

s-DSC05057

修理に伴い分解したパーツはそのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちが行う修理&メンテナンスは、修理に伴い分解したパーツを1点1点クリーニングアップし車両に組み込みます。

s-DSC05055

クリーンなカウルを基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込み。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込みます。

s-DSC05060

私たちは妥協しない徹底した整備また、メンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05076

修理&メンテナンス後の最終チェック。

 

Ferrari 純正テスター SD2で、入力されていたERRORコードなども全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブのチェック&セットアップ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05083

最終チェックも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC05085

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を回復。

s-DSC05087

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

 

ナカムラエンジニアリング クオリティーの特徴の1つです。

s-DSC05130

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

全ての修理&メンテナンス 終了のフェラーリ F355。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 134枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお渡しします。

今回、メンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »