フェラーリ F355 マイスターチェック&修理ご依頼ポイントチェック

s-DSC07273

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC09347

フェラーリ F355 チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC09437

チェック開始です。

 

Ferrari 純正 車輌診断テスター SD2を、フェラーリ F355 コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

s-DSC09438

Errorコードのみのチェックではなく、各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連をチェック。

データを元に、現在の車両の状態を詳細に解析します。

s-DSC09439

ただ、SD2でモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

Ferrari 純正 車両診断テスターが車両全体を全て網羅している訳ではないのです。

s-DSC09551

ボデープロテクターの装着。

 

Ferrari 純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデータ。

現状のフェラーリ F355 車両全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

 

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

s-DSC09707

SD2で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施していきます。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

s-DSC09451

エレクトロニクス関連ポイント。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

 

1 入力: 電子的・機械的なセンサー(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号を車輌システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

 

この3項目から更に分別し、独自のチェックを行いシステムに異常が無いかを見極めます。

s-DSC09707

Tipo F129Bのメカニカルチェック。

s-DSC09714

s-DSC09545

F355の パワーユニットは、90度 V8 DOHC 5バルブ。

348tb/tsのF119G型 TB/GTS用のF119H型をベースに開発されたF129B型。

F119Hからストローク量を2mm延長して、排気量を3.5リッターへとアップしたF129B型パワーユニット。

他にもさまざまな進化を遂げているTipo F129B型パワーユニット。

 

代表的なのは5バルブ化。

IN側に3本 OUT側に2本のバルブを配し、ピストンはマーレー社のショートスカートの鍛造アルミニウム コンロッドはチタン製。

また、R/H L/Hバンクが独立するタイミングベルトでカムシャフトを駆動させます。

更なる高回転型パワーユニットへと進むフェラーリのプロジェクトが垣間見られます。

 

ブロックとヘッドは、鍛造アルミニウム製パーツで構成されている心臓部。

s-DSC09716

最高出力は、380PS / 8,200rpm、最大トルク36.7kg·m/5,800rpmを搾り出します。

高回転型で、フェラーリ最高の官能的なエキゾーストノートを奏でるF129B。

s-DSC09712

s-DSC09711

F129B型パワーユニットのメカニカルまた、モトロニックM2.7 / 5.2 の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

s-DSC09451

フェラーリ F355 車両全体の詳細なチェックを行います。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ F355の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車両のコンディションを整える為の独自のチェックへと。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車両より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-DSC09454

近年の車両は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

 

たとえば、車両下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

s-DSC09457

車両下部全面にアンダーカウルが装備されています。

ダウンフォースを得る為、カウルで覆われているのですが、オイル漏れ等発生してもオーナーには分りにくい反面もあります。

s-DSC09774

フェラーリ F355 メカニカルチェック。

s-DSC09782

s-DSC09810

車両はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車両として構築されています。

s-DSC09775

s-DSC09673

車両毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも有ります。

 

これまで車両がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法で整備&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所の修理だけではなく、車両のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

 

車両のコンディションは千差万別です。

1から独自の思想、理念また目線で、的確なチェックを行います。

s-DSC09689

オイル漏れ。

s-DSC09675

通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックでトラブルポイントを早期に発見し、確実な修理を行うことで多大なダメージを回避することが重要です。

s-DSC09679

ミッションからオイル漏れが発生している状態。

s-DSC09681

s-DSC09683

複数の部位からのオイル漏れ。

 

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

また特にエンジンやミッション関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

なぜオイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定し、ピンポイントで確実なリペア工法を確定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-DSC09692

エンジンマウント&ミッションマウントの現状。

s-DSC09696

エンジンマウント&ミッションマウントが、使用許容範囲を大幅に超過しています。

交換するか否かは厳密な測定また、ドライバビリティーで判断します。

 

エンジン・ミッションといった機関内部では、部品が回転する事でさまざまな振動が発生します。

その為、こうした機関とフレームとの間にショックアブソーバーのような働きをするマウントを設け、車両に振動が直接伝わりダメージを与えない働きをするのが、エンジンマウント&ミッションマウントの役割です。

 

また特にミッドの場合、エンジン&ミッションが左右に動くことで車両の動きがピーキーにもなります。

 

現時点での交換が必須です。

s-DSC09702

s-DSC09662

フロント・リヤのブレーキシステムの状態。

s-DSC09664

s-DSC09668

s-DSC09671

ブレーキディスクローターがかなり磨耗している現状。

偏磨耗している部分もあります。

s-DSC00076

吸入エアーホースの現状の画像。

s-DSC00081

オーバートルクで締め付けられ切損している状態。

切れている箇所からエアーを吸い込み空燃比に異常をきたします。

s-DSC09651

フューエルプレッシャーの異常。

s-DSC09654

フューエルシステム系統を項目毎にチェックしていきます。

表面的なチェックではなく、根本的な主原因を特定します。

s-DSC09810

L/Hラジエターファンの画像。

s-DSC00363

ヒューズBOXに貼り付けられたスペアヒューズ。(L/H側)

規定以上の電流が流れヒューズが断線してしまうときがあるのでしょう。

切れたら交換するということを何度も繰り返されていた模様です。

 

ヒューズが切れた時点で的確なトラブルシューティングを行い根本的な修理が必要です。

的確な修理を行わないで使用し続けると、必ず他のパーツに多大なダメージを与えてしまいます。

s-DSC09660

R/H側ラジエターファンの画像。

s-DSC00255

R/H側も同じようにヒューズを入れ替えて使用されてしまっていたのでしょう。

完全にショートし、R/H側のヒューズはプラスチック部分が溶けている状態。

s-DSC00332

やはりR/H側は他のパーツにダメージを与えています。

各ハーネスやカプラーが焼損している状態。

L/H R/H側共に早期の対応が必須です。

 

このような状態では連鎖的不具合を更に発生させ、また車両火災を引き起こす原因にもなります。

s-DSC00339

エレクトロニクス系統にトラブルを抱えています。

 

エレクトロニクスでのトラブルは、ポイントにもよりますが2次的不具合の誘発、また車輌火災を引き起こす箇所でもあります。

車輌全体を這い巡っているハーネスやカプラ。

フェラーリ ランボルギーニのエレクトロニクスは非常に繊細です。

 

メカニカルから、エレクトロニクスの司令塔〜末端のコントローラーや、センサー等を完璧に見極め、ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

s-DSC00276

フロントタイヤの現状。

s-DSC00278

残り溝が1.6mmに達したスリップサインに近づいた状態。

s-DSC00279

長年の装着で硬化し、ひび割れてきた状態。

s-DSC00273

リヤタイヤの現状。

s-DSC00275

あまり目にする事のないトレッドに亀裂が入り危険な状態です。

 

タイヤ交換には色々なポイントがあります。

単に残り溝が1.6mmに達したスリップサインに近づいた状態。

溝が残っていても長年の装着で硬化し、ひび割れてきた状態。

 

ただ、タイヤ本来のパフォーマンスを発揮させるには、タイヤによって異なりますが、3年〜5年でタイヤ交換時期の1つの目安といえます。

3年〜5年程度でタイヤのゴムが劣化しコンパウンドが硬くなり、本来のパフォーマンスを発揮出来なくなります。

s-DSC09775

最低でも1年に1度の的確な定期点検で、各部のコンディションのチェックを行う事が大切ですね。

そうする事で車両の状態を把握でき、コンディションを整える事が可能です。

 

非常に重要なことですね。

s-DSC09451

車両全体を項目毎にチェックし、問題の所在を的確にピックアップします。

また、コンディションをより良き方向に整えるポイントもピックアップ。

 

全てのチェック終了後、客観的ではなく主観的に見た、車両を向上させる為のメンテナンスメニューを組み立てます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ F355。

 

確実に現状の車両の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車両の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01714

全てのチェック完了のフェラーリ F355。

 

こちらのMaintenance Reportにはチェック内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、チェック中の分解写真。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 157枚 (DVD-R1枚)を車両と一緒にお渡しさせて頂きます。

今回、マイスターチェック御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »