フェラーリ 328 GTB 車検整備

s-DSC08179

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつも フェラーリ 328 GTB メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328 GTBを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC00551

フェラーリ 328 GTB チェック開始準備の為リフトセクションへと…

s-DSC02757

ボデープロテクターの装着。

チェック開始です。

s-DSC02760

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ TipoF105Cユニット。
 

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のTipoF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更。

それに伴い最大出力の違いもあります。

s-DSC02762

インジェクションも年代で3種類。

 

前期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 Kジェトロ。

後期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 KAジェトロ。

最後期には、ボッシュ製 KEジェトロのインジェクションシステムも存在します。

s-DSC02765

K KA KE ジェトロ。

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。
 

システムに異常が無くても、セットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的な基本セットアップが性能を保ちます。

s-DSC02766

K KA KE ジェトロは、経年劣化や長期放置による不具合の発生は少ないですが、要件によりエンジンの初期性能が発揮できなくなっている車両が非常に多いです。

また、エレクトロニクス関連も全てチェック。

s-DSC02768

s-DSC02773

TipoF105C型 エンジンまた、 K KA KE ジェトロの構造や基本原理また、マレリ製マイクロプレックスを熟知したエンジニアが、各項目、全て個別にチェックします。

s-DSC02744

328は、鋼管チューブラーのメインフレームで構成され、前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担も、フレームだけでなくボディパネルにも依存する設計です。

s-DSC02750

328では、2種類のフレームが存在します。

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

s-DSC02741

フェラーリ 328 車両全体の詳細なチェックを行います。
 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ 328の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車両のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 
素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-DSC02811

フェラーリ 328 メカニカルチェックを行っていきます。

s-DSC02767

車両はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 
メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車両として構築されています。

s-DSC02825

車両毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車両の使用状況や用途、保管状態で車両のコンディションは千差万別です。
 

また、これまで車両がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車両のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況で、リペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 
今回も、1から独自の思想、理念また目線で、的確なチェックを行います。

s-DSC02821

常に、私たち独自の思想また目線でメンテナンスを行わせて頂いているフェラーリ 328 GTB。

エンジン、ミッション等の機関にはオイル滲みすら見受けられません。
 

非常に良いコンディションが保たれています。

s-DSC02834

全てのメンテナンス状況をデータ管理させて頂いているフェラーリ 328。

タイミングベルトの交換時期を迎えています。

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車両でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点での交換が必要です。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)
 

交換する期限を厳守しないと、バルブクラッシュを引き起こしエンジンに多大なダメージを与える重要な部分です。

s-DSC02792

ブレーキパッド及びディスクローター。

s-DSC02794

ブレーキディスクパッド。

ブレーキディスクパッドは、残量だけでなく、劣化の見極めも重要です。
 

ディスクパッドは、10〜20程度の複数の複合材料で成型されています。

パッド複合材料の経年劣化も進みます。

劣化が進むと本来の制動能力が著しく低下するだけではなく、磨耗材が剥離し危険な場合すらあります。

s-DSC02792

ブレーキローターの磨耗。

 

ブレーキローター【豆知識】

ディスクブレーキは、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドをブレーキローターに押付け、その摩擦力によって制動力を発揮します。

ブレーキローターには摩擦熱に強く、放熱効果が高い素材が求められることから、鉄製のものが主に使用されています。

アルミニウム製は軽量ではありますが耐久性や熱変形において劣るため、使われることは極僅かです。

F1やスーパーGT、FIA競技車両などのモータースポーツや航空機では炭素繊維強化炭素複合材料を原料としたブレーキローターが使用されています。

炭素繊維強化炭素複合材料製ブレーキローターは、適切な温度域内で使用しないと本来の性能を発揮せず、ブレーキローターの割れや異常磨耗などを発生することもあります。

ブレーキローターは使用に伴って磨耗するので、定期的に交換や研磨が必要です。

日本車ではブレーキローターは廃車まで一度も交換しないケースも少なくありませんが、欧州車では多くのモデルがパッド交換の2回に1回程度のサイクルでブレーキローターの交換を要求されます。

近年のフェラーリに採用されているローターは一台分で300万円程度と非常に高価なセラミックスなどを付加することによって市販車にも使用できるように改良されたブレーキローターです。

 

328のブレーキローターはスチール製。

今後のメンテナンスメニューに組み込んでいきましょう。

s-DSC02848

エンジンフードに装備されているライトのハーネスが断線している状態です。

s-DSC02850

この状態では電源がショートし、高額なヒューズボードを傷めてしまいます。

s-DSC02812

最低でも1年に1度の的確な定期点検で、各部のコンディションのチェックを行う事が大切ですね。

そうする事で車両の状態を把握でき、コンディションを整える事が可能です。

またトラブルポイントを早期に発見できることで車両への多大なダメージを防ぐ事ができます。

 

非常に重要なことですね。

s-DSC02811

車両全体を項目毎にチェックし、問題の所在を的確にピックアップします。

また、コンディションをより良き方向に整えるポイントもピックアップ。
 

全てのチェック終了後、客観的ではなく主観的に見た、車両を向上させる為のメンテナンスメニューを組み立てます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ 328 GTB。

 

確実に現状の車両の状態を把握し切らせて頂きました。

現状の車両の状態を分かり易くまとめ御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC01545

フェラーリ 328 GTB 整備&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC01564

ボディープロテクターの装着。

s-DSC01583

リフトUP。

整備&メンテナンス開始です。

s-DSC01568

油脂類の交換から行っていきます。

s-DSC01580

一言で油脂類と言っても、車両は色々な油脂で潤滑や油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル・ミッションオイル・F1マチックオイル・ブレーキオイル・クラッチオイル・パワーステアリングオイル・エンジン冷却水など。

代表的なエンジンオイルだけでは無く他のオイルも、使用期間また使用許容限度での交換が必要です。
 

オイルメーカー各社、色々なオイルのラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

私たちは、車両のモデル・使用する部位・車両の使用用途など考慮し、厳選した油脂を選択し使用します。
 

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難ですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

生産ラインで使用されるオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、一般には流通しない特殊な高性能オイルです。

決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。
 

私たちは、添加されている成分内容や粘度など、車両のモデル・使用する部位に適した厳選したオイルを使用します。

これにより、より一層車両をベストなコンディションへと導きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01599

エンジンオイルの交換を行います。
 

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくいものです。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…
 

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず車輌を痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。
 

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

 

私たちが厳選した、フェラーリ 328のエンジンに推奨するエンジンオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01612

ドレンボルトをスッキリ クリーニングアップ。

一度締め付けたガスケットの再使用は行いません。

 

クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01643

オイルフィルターの交換。

オイルフィルターを取外し、フィルター取り付けフランジ内部のクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01799

フランジ内部クリーニングアップ後の画像です。

クリーンな状態からオイルフィルターを規定トルクで組み付けていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03173

ミッションオイルの交換。
 

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で、大きなギヤーが噛み合ったり外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますが、ギヤーオイルの場合、この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

 

私たちが厳選した、フェラーリ 328に推奨するミッションオイルを使用します。

s-DSC03177

ドレンボルトに付着している金属粉。
 

金属粉等放置すると研磨剤と同様の影響を及ぼします。

ミッション損傷の原因になる為、その除去は重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03198

ドレンボルトをスッキリ クリーニングアップ。

一度締め付けたガスケットの再使用は行いません。

 

クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01618

エンジン冷却水の交換。

私たちが厳選したフェラーリ 328に推奨するエンジン冷却水を使用します。
 

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを常に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。
 

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回、酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03382

ブレーキオイルの交換工程へと。

s-DSC03413

使用許容期限に近付いたブレーキオイルの画像です。

ブレーキオイル交換前にリザーバタンク内部また、アウターケースのクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03420

リザーバタンク内部また、アウターケースをスッキリ クリーニングアップしました。

クリーンな状態からブレーキオイルの交換をしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03442

ブレーキオイルを専用機器で交換していきます。

ブレーキオイルに至っても、私たちが厳選したフェラーリ 328のブレーキシステムに推奨するオイルを使用します。
 

ブレーキオイル。

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は、気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、これだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生し、ピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

 

通常のストリートでの使用、また乗らなくても1年毎の交換が必要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03476

オイル交換と同時に周辺部分もスッキリ クリーニングアップ。

気持ちよいものですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03490

タイミングベルト交換工程へと進みます。

s-DSC03495

前回のタイミングベルト交換時のクリーニングアップで各部クリーンな状態が保たれています。

今回もメンテナンス及びクリーニングアップを行いながら作業工程を進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03554

タイミングベルト交換前に内部のクリーニングアップを行っていきます。

s-DSC03513

内部も前回のクリーニングアップでクリーンな状態が保たれています。

s-DSC03519

s-DSC03536

s-DSC03526

s-DSC03543

今回も分解前のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03636

クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC03634

細部まで綺麗にクリーニングアップを行いました。

s-DSC03649

s-DSC03652

s-DSC03642

s-DSC03648

s-DSC03658

クリーンな状態からタイミングベルトを分解していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03680

クリーンな状態からタイミングベルトを分解しました。

s-DSC03678

s-DSC03704

s-DSC03673

s-DSC03715

タイミングベルト組込み前に、カムシャフトギヤ及びクランクギヤのメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03745

画像左が、交換時期を迎えたタイミングベルト。

画像右がニューパーツ。

 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車両でも3年 (3年で0kmの走行でも交換)

また3年経過しなくても、前回の交換から2万キロ走行した場合。

どちらか先に達した時点で交換が必要です。

s-DSC03756

よくタイミングベルトが切れたという言葉を聞きますが、コグドベルト自体が切損する場合はほとんど無く、ラバー製の歯がポロリと欠損してしまう事を、タイミングベルトが切れたと表現されています。
 

使用許容範囲超過、水濡れ、オイル漏れ、外界に露出している部分が多い等、さまざまな要因で劣化が促進する為、交換時期の厳守が必要です。

 

劣化が促進したタイミングベルトを使用し続けるとラバー製の歯が欠損しバルブクラッシュを引き起こしエンジンに多大なダメージを与えてしまいます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03750

s-DSC03748

タイミングベルトニューパーツの画像。

私たちは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。
 

私たちは、パーツ管理が行き届いた純正のタイミングベルトのみ使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04030

メンテナンス及びクリーニングアップ後のカムシャフトギヤまたクランクギヤにタイミングベルトを組み込みました。

s-DSC04031

s-DSC04034

s-DSC04033

s-DSC04035

1つ1つのパーツを仕上げ、どれだけ効率的に動力性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

動力性能と美しさを追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04037

タイミングベルト交換に伴い分解したタイミングベルトカバー。

単品からメンテナンス&クリーニングアップしていきます。

s-DSC04038

s-DSC04039

s-DSC04040

メンテナンス及びクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04042

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC04043

s-DSC04044

s-DSC04045

再使用パーツを独自のクオリティーで1つ1つクリーンに仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04060

メンテナンス&クリーニングアップ後のタイミングベルトカバーを組み込みました。

s-DSC04061

s-DSC04062

s-DSC04065

s-DSC04066

s-DSC04067

分解したパーツを1つ1つメンテナンス&クリーニングアップすることで、エンジンが美しく仕上がってきましたね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04069

整備に伴い分解したエアコンコンプレッサーブラケット及び構成パーツの、メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像です。

ボルトまたブッシュ1個まで仕上げを行い組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04070

メンテナンス及びクリーニングアップ後のコンプレッサーブラケットに、コンプレッサーを組み込みました。

s-DSC04072

私たちの行う整備は効率化を求めず、動力性能と美しさにこだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04073

整備に伴い分解したウォーターパイプ。

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

ホース取付けのビート部分の水垢も細部まで除去しました。

 

通常見えない箇所にひと手間かけた整備を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04074

組込み後の画像です。

s-DSC04088

クランプ角度の均一性にもこだわり丁寧に組上げます。

s-DSC04082

担当メカニックが気持ちを込めて1つ1つのパーツを丁寧に仕上げます。

お客様が見えない所に企業の責任があると私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04078

s-DSC04079

整備に伴い分解したエアクリーナーBOX及びダクトの、メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像です。

分解したパーツを組み込み前に丹念に仕上げ組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04081

メンテナンス及びクリーニングアップ後のエアクリーナーBOX及びダクト。

基本装着位置の見直しを図り組み込みました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02855

断線していたハーネスをノーマル然と修復後の画像です。

稀少な車両をオリジナル同様に修復します。

s-DSC02856

エンジンルームライトが点灯回復しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02857

ドアオープナーもメンテナンス完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04094

整備に伴い分解したタイヤハウス内部のプロテクター類。

ナカムラエンジニアリングでは、分解したパーツを1点1点メンテナンス、またクリーニングアップを行い組み込んでいきます。

s-DSC04095

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04096

メンテナンス&クリーニングアップ後のタイヤハウス内部のプロテクター類の画像です。

s-DSC04098

分解パーツは、1つ1つ細部までこだわったクリーニングアップを実施。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02780

フロントフェンダー内部の画像です。

s-DSC02782

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップを行います。

定期的な、足回り&車両全体のトルク管理が必要です。
 

今回も、各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-DSC02783

s-DSC02784

s-DSC02788

s-DSC02787

s-DSC02786

s-DSC02792

常にメンテナンスをご依頼頂いているフェラーリ 328 GTB。

 
毎回のクリーニングアップで非常に綺麗な状態を保っています。

今回もメンテナンス&クリーニングアップを行いコンディションを整えます。

s-DSC02795

リヤフェンダー内部の画像です。

s-DSC02797

s-DSC02800

s-DSC02803

s-DSC02802

s-DSC02801

s-DSC02808

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04110

メンテナンス&クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

サスペンションシステム ステアリングシステムも、本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-DSC04112

s-DSC04113

s-DSC04114

s-DSC04117

s-DSC04116

s-DSC04115

s-DSC04121

s-DSC04118

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がよりリアルになると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

今回も、きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施しました。

s-DSC04100

リヤフェンダー内部のメンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC04102

クリーニングアップ後のプロテクターカウルも基本装着位置を見直し組み込み。

s-DSC04103

s-DSC04104

s-DSC04106

s-DSC04105

s-DSC04122

s-DSC04108

メンテナンスで運動性能を、クリーニングアップで美しさを両立させます。

各部のクリーニングアップやメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

 

ナカムラエンジニアリングが行う整備過程の1つだからです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04130

整備に伴い取外したホイールのクリーニングアップ&メンテナンスを行います。

s-DSC04132

s-DSC04133

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04134

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了しました。

s-DSC04135

プロのレースチームでもホイールの磨きは重要な仕事の1つです。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェックします。

 

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつなんです。

s-DSC04138

整備に伴い脱着したパーツ1つ1つを独自のクオリティーで仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04128

フェラーリ 328 車両底、フロア部分シャシー クリーニングアップ及びメンテナンス後の画像です。

s-DSC04127

クリーンな状態から各部のセットアップを行い、パフォーマンスのバージョンアップを図ります。

s-DSC04123

s-DSC01580

運動性能と機能美を追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04139

s-DSC04140

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、セットアップ済みのクリーンなシャシーに組み込みました。

基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

s-DSC04149

各部のクリーニングアップやメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちが行う通常の整備過程の一貫だからです。
 

ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04172

s-DSC04175

全ての整備&メンテナンス完了のフェラーリ 328 GTB。

最終チェック&セットアップをエンジンアナライザーで行っていきます。
 

TipoF105C型エンジンの基本原理やマイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

また、独自のセットアップを施しフェラーリ 328 GTBのポテンシャルを余す事無く引き出します。
 

最終の詰めの作業。

このプロセスが重要なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04157

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のフェラーリ 328 GTBのエンジン及びエンジンルーム。

s-DSC04160

1つ1つ独自のクオリティーで仕上げたパーツを組み込んだエンジンは、非常に綺麗ですね。
 

ご入庫時のエンジンと比べると、機能性は当然のこと、見た目にも非常に綺麗に仕上がりました。

ナカムラエンジニアリングでは、このような整備を行わせて頂いております。

s-DSC04162

s-DSC04163

s-DSC04165

s-DSC04166

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。
 

これら全てのメンテナンスや精度の追求、またクリーニングアップやセットアップ工程は、ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つでも有ります。

s-DSC04182

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-DSC04192

s-DSC04194

s-DSC04151

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 328 GTB。

 
こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。
 

詳細な写真 368枚(DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-DSC04199

コックピットに乗り込み、エンジンをかける。

ステアリングを握り、アクセルを踏む。

自分とクルマがひとつになり、自由になっていく。

クルマとは本来、自分を解放するものであり、自己表現であり、生き方そのものだと思う。

人生とクルマの本当の楽しみ方を知る大人のために…

 

私たちはすべての要素を高次元で考えます。

今後も、車両全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして、共に車両を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »