フェラーリ 328 GTS エンジン不調

s-DSC04952

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

いつも フェラーリ 328 GTS メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328 GTSを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC03598

フェラーリ 328 GTS トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC03599

トラブルシューティング開始です。

s-DSC03600

s-DSC03601

リヤプロテクターのパンチングホールより溶け出したものが見受けられます。

s-DSC03603

エキゾーストフロントパイプ遮熱カバーが変形し、内部のグラスウールが溶解している状態です。

s-DSC03604

リヤプロテクターを脱着。

s-DSC03605

s-DSC03606

s-DSC03607

エキゾーストフロントパイプが異常な温度まで上昇し、アルミ製の遮熱カバーが変形し内部のグラスウールが溶け出したと思われます。

更にトラブルシューティングを進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03611

トラブルシューティングの為、取外したエキゾースト及び触媒コンバータです。

s-DSC03612

まずは触媒コンバータから…

s-DSC03610

s-DSC03617

触媒コンバータ内部の状態です。

内部のセラミックが砕けてしまっています。

 

触媒コンバータが破損する原因は色々とあるのですが、今回の状況から考察すると、触媒コンバータの経年的劣化と考えられます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03634

エキゾーストの現状です。

s-DSC03635

内部からは、砕け散った触媒コンバータ内部のセラミックが…

s-DSC03636

考察すると、高速走行中、一気に触媒コンバータ内部のセラミックが砕けてしまい、排圧により触媒コンバータの出口及びエキゾーストフロントパイプ付近で詰まり異常過熱したと考えられます。

主原因は、触媒コンバータの経年的劣化です。

s-DSC03633

異常過熱により、リヤバンパーサポートラバーが溶解している状態。

s-DSC03629

s-DSC03630

車両側遮熱カバーも焼け焦げている状態です。

クリーニングアップを行い綺麗な状態に回復させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのトラブルシューティング完了のフェラーリ 328 GTS。

現状車両に発生しているトラブルポイント。

なぜトラブルが発生したのか?
 

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回の整備メニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC03930

パーツが揃いましたので整備&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03947

焼け焦げていた車両側遮熱カバーをクリーニングアップ後の状態です。

s-DSC03948

s-DSC03949

鏡のように美しく仕上げました。

通常見えない箇所の美しさにこそ、こだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03933

s-DSC03934

過熱により溶解したリヤバンパーサポートラバーの交換へと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03952

画像右が溶解したリヤバンパーサポートラバー。

画像左がニューパーツです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03955

ニューパーツを装着し、リヤバンパーを組み込み。

組込みは、左右の均一性やチリ合わせを行い綿密に組上げます。

s-DSC03963

ニューパーツのサポートラバー。

リヤバンパーの左右の均一性を整える為、劣化していたサポートラバーを左右共に交換しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03969

画像上がセラミックが砕け散った触媒コンバータ。

画像下がニューパーツです。

s-DSC03970

s-DSC03971

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03964

s-DSC03968

装着するニューパーツの触媒コンバータ。

この内部のセラミックが劣化により一気に砕け散り、エキゾーストを詰まらせた訳です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03982

エキゾーストフロントパイプが異常な温度まで上昇し、アルミ製の遮熱カバーが変形し内部のグラスウールが溶け出した現状。

車両の価値観を理解し、ノーマル然と復元していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03983

アルミより更に遮熱効果が高いステンレス製パイプを曲げ加工。

エキゾーストフロントパイプにフィットするよう更に加工を進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03985

製作したエキゾーストフロントパイプ遮熱カバー。

s-DSC03986

ノーマル同様に製作させて頂きました。

s-DSC03987

接合部はTIG溶接。

 

【TIG溶接の豆知識】

TIG溶接は、高品質であり、ほとんど全ての金属の溶接が可能です。

薄板溶接や、スパッタを嫌う溶接に向いていて、アルミからステンレスまでいろんな金属の溶接が可能です。

両手を使うため熟練が必要で難易度は高いのですが、溶接の適応力が広い溶接方法です。

このように仕上げるにはかなり高度な熟練したテクニックが必要なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04002

ノーマル然と復元したエキゾーストを車両に装着後の画像です。

s-DSC04003

s-DSC04004

s-DSC04008

触媒コンバータもニューパーツへと…

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04014

s-DSC04020

エキゾースト取り付け角度や、左右のチリの均一性にこだわり組上げました。

徹底して美しい組込みを追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04028

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 328 GTS。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての整備&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。
 

詳細な写真 130枚(CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。
 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »