フェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B エンジン不調 チェック・メンテナンス

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

今回、フェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B ナカムラエンジニアリングへと メンテナンスを御依頼頂き誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F355 IDING F365-S3 Type Bを積んでファクトリーに戻って参りました。

 

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えするメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B トラブルシューティング 開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

 

トラブルシューティング Concept ⇒https://www.nakamuraengineering.com/services/deptlist/#troubleshoot

フェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B トラブルシューティングへと進みます。

ナカムラエンジニアリングが有する多種多様な解析機器で、車両末端に至るまで緻密なモニタリング チェックを行います。

 

解析データを下に、ナカムラエンジニアリングのデータベースと緻密に融合させた検証を行います。

フェラーリ 純正テスターは、Errorコードのモニタリング・各部の作動状況や出力波形etc…チェックに使用するのみです。

ナカムラエンジニアリングでは、トラブルシューティングの指針を見極める為に使用します。

 

純正テスターであっても、1つ1つの末端パーツまで全てを網羅している訳ではありません。

解析データーを下に、緻密なトラブルシューティング行います。

次にナカムラエンジニアリングのデータベースと融合させチェックします。

電子パーツ コンディションチェック。

エンジン コンディションチェック。

ナカムラエンジニアリングが行うトラブルシューティング 終了のフェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B。

 

私たちが推奨する1セクションを奥深く確実に整備し、1度でトラブルを改善するメニューを作成しご提案させて頂きます。

 

トラブルシューティング Service Policy ⇒https://www.nakamuraengineering.com/services/deptlist/#troubleshoot

私たちが推奨するメニューをご提案させて頂き、ご承諾頂きました今回のメンテナンスメニュー。

 

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

 フェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B 整備へと進みます。

エンジンからのオイル漏れ。

 

マフラー取り付けフランジ締め付けボルトの欠損。

エキゾーストガスケットの欠損。

 

 

至っては車両火災を引き起こし人命に関わる状態です。

エキゾーストガスケット製作へと進みます。

電子パーツの交換。

 

整備に伴い分解したパーツをクリーニングアップ。
組み込み後の状態です。

クリーニングアップは、ナカムラエンジニアリングの基本整備ですので無償で行わせて頂きます。

 

詳細はこちらまで⇒https://www.nakamuraengineering.com/services/deptlist/#troubleshoot

最終チェック・セットアップ終了後のIDING F365-S3 エンジン。

整備・メンテナンス終了のフェラーリ F355 IDING F365-S3 Type B。

 

実施した全てのトラブルシューティング・整備時の画像。

また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影しています。

詳細な写真 195枚をDVD-R 1枚に保存しております。

 

また、今回のメンテナンス内容・今後のメンテナンスメニューを分かり易く作成させて頂いております。

 

今回、ナカムラエンジニアリングへとメンテナンスを御依頼頂き、誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

ナカムラエンジニアリングは、大人のロマンを形にするメンテナンス ファクトリーです。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »