フェラーリ 599GTB フィオラノ ステアリングオイル漏れ 修理

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもフェラーリ 599GTB Fiorano ナカムラエンジニアリングへと メンテナンスを御依頼頂き誠に有り難う御座います。

 

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお応えするメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 599GTB Fiorano トラブルシューティング 開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

 

フェラーリ 599GTB Fiorano トラブルシューティングへと進みます。

ボデープロテクターの装着。

油圧システムのコンディションチェック。

フューエルシステムのコンディションチェック。

ナカムラエンジニアリングが行うトラブルシューティング 終了のフェラーリ 599GTB Fiorano。

 

私たちが推奨する1セクションを奥深く確実に整備し、1度でトラブルを改善するメニューを作成しご提案させて頂きます。

私たちが推奨するメニューをご提案させて頂き、ご承諾頂きました今回のメンテナンスメニュー。

 

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 599GTB Fiorano  整備・メンテナンス開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

フェラーリ 599GTB Fiorano  整備・ メンテナンスへと進みます。

私たちは、大人のロマンを形にするメンテナンス ファクトリーです。

ボデープロテクターの装着。

パワーステアリングポンプ・オイルホース交換へと進みます。

パワーステアリングポンプ・オイルホース分解後の画像です。

 

分解時のみ可能なクリーニングアップへと進みます。

クリーニングアップ後の画像です。

見える箇所だけでなく、通常見えないポイントまでクリーニングアップを行います。

 

整備の基本と私たちは考えます。

パワーステアリングポンプ ニューパーツの画像です。

画像左がニューパーツ。

右が劣化したオイルホースです。

1つ1つの構成パーツをクリーニングアップ。

 

ボルト・ナット1本までクリーンに仕上げます。

私たちが行うクリーニングアップは、パーツ本来の肌艶を回復させ新車当時と同じカラーを蘇らせます。

 

クリーニングアップは油圧システム整備に伴う基本メンテナンスですので無償で行います。

クランプ角度・ホースの取り回しに至ってもこだわります。

ステアリングギヤボックスの整備・メンテナンスへと進みます。

画像上がNakamura Engineering.UK.パーツセンターが厳選したUSEDパーツ。

 

画像下がトラブルが発生しているステアリングギヤボックスです。

 

 

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

ホイールのクリーニングアップ・メンテナンスへと進みます。

フロアーカウルのクリーニングアップ。

整備の基本と私たちは考えます。

クリーニングアップは整備に伴う基本メンテナンスですので無償で行います。

ナカムラエンジニアリング品質です。

フルアライメント 測定・セットアップへと進みます。

サスペンションシステムの整備・変更等を行った場合フルアライメントの測定・セットアップが必要です。

 

基本アライメントは存在するものの正解は1つではありません。

1台1台オーダーメイドのアライメントにセットアップします。

 

フルアライメントの測定・セットアップ Price 50,000円 (税別)

最終チェックへと進みます。

1度でトラブルを直したいあなたに…

 

クリーニングアップは整備に伴う基本メンテナンスですので無償で行います。

ナカムラエンジニアリング メンテナンスプログラム マイスターチェック

USEDフェラーリ・初めてご依頼頂く車両にお勧めします。

Price 103,000円 (税別)

 

 

高速料金のみで、ご依頼車両のお引取り、及び納車をさせて頂いております。

遠方のお客様もお気軽にお申し付けください。

 

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »