フェラーリ テスタロッサ タイミングベルト交換・クラッチ修理・エンジン調整 整備

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

オフィシャルサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、フェラーリ テスタロッサ ナカムラエンジニアリングへと メンテナンスを御依頼頂き誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ テスタロッサ車両チェック開始準備の為、クリーンなリフトセクションへ

タイミングベルト交換に伴うエンジン分離前のチェックへと進みます

 

 

 

流石、実走33716km

 

27年経過しているラバーパーツは交換を…

特にタイミングべルト交換時は費用が最小限に抑えられるのでお勧めです

最低でも1年に1度定期チェックをしましょう

 

 

 

 

 

仕上げていくには抜群の個体ですね

 

 

 

 

 

 

エンジン内部に砂埃や塵が入らないように

 

 

 

 

 

 

 

エンジンルームから見える箇所は⤴

見えない箇所は        ⤵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整備前にエンジン、ミッション、足回りを綺麗にしていきます

Before ⤴

After ⤵

💯

 

これは手作業でメカニックが全部仕上げます

愛情のこもったクリーニングアップ

 

日々向上心を持って作業に取り組んでいます

 

綺麗な状態から分解

後でしっかり錆び取りをして綺麗にします

綺麗な手と磨き込まれたSnap-On

 

 

スムーズで無駄のない動き

彼の頭脳の中にはマニュアルは当然、沢山の引き出しを持っている、日々引き出しが増えている

その頭脳の中で最善のクオリティーを導き出す。

ウォーターポンプへ

 

Before ⤴

After   ⤵

 

Before ⤴

After   ⤵

クリーニングアップとメンテナンス

お客様が見えないところもナカムラエンジニアリングのクオリティーで仕上げます

 

Before ⤴

After   ⤵

1つ1つのパーツを素材に応じ仕上げて組み込みます

 

続いてカムシャフトギヤーとクランクギヤーのメンテナンス

Before ⤴

After   ⤵

 

ここまで仕上げてタイミングベルトを組み込む

気持ちが良いものです

 

続いてメカニカルテンショナーのオーバーホール

Before ⤴

After   ⤵

お客様が見えない箇所に至っても最善を尽くす

 

Before ⤴

After   ⤵

テンショナーベアリングは毎回の交換を…

Before ⤴

After   ⤵

タイミングベルトは3年毎に交換しよう

 

組み込みへ

Before ⤴

After   ⤵

動力性能と美しさを追求したメンテナンスを行います。

問われるのは整備技能だけではないと思います。

メンテナンスに対するこだわり、テクニック、センスなど、すべての要素が高次元でなければなりません。

クリーニングアップ後のタイミングベルトケース。

 

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

Before ⤴

After   ⤵

動力性能と美しさへの絶え間ない追求。

 

Before ⤴

After   ⤵

クラッチシステムのメンテナンスへと進みます。

 

細かなところにも気を配る

1つ1つに意味があります

Before ⤴

After  ⤵

見えない箇所にも最善を尽くす。

 

フェラーリはこうでなくっちゃ

 

1つ1つのボルトをトルクレンチで組み込む

通常のレンチでは、締め付け不足による緩み・締め過ぎによる破損・あるいは締め付けの個人差によるばらつきが生じます。

 

トルクレンチで最終ロック。

とても重要なことなんです。

Before ⤴

After   ⤵

綺麗だけじゃない

細かな箇所にも最善を尽くして組み上げる

機能性と美しさまでも追求

 

Before ⤴

After   ⤵

 

エンジン搭載前のクリーニングアップへと進みます。

Before ⤴

After    ⤵

自分のフェラーリだったら必ずクリーニングアップするよね

それを僕たちプロフェッショナルが隅々までクリーニングアップする

それも時間をかけて

ヤッパリ うちはこういう整備しかしたくない

フェラーリの整備っていいよね

 

動力性能と美しさまでを追及。

これらの工程を終え初めてエンジンを搭載します。

私たちは全ての整備をメカニックの綺麗な手と、磨き上げられた工具によって行います。

私たちのサービスはここから始まります。

Before ⤴

After    ⤵

細かな箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

問われるのは整備技能だけではないと思います。

メンテナンスに対するこだわり、テクニック、センスなど、すべての要素が高次元でなければなりません。

 

 

ブレーキ・クラッチオイルの交換へと進みます。

リザーバタンク アウターケース・タンク内部 クリーニングアップ後の状態です。

ナカムラエンジニアリングでは、主成分・添加成分内容・使用許容温度etc…を、使用する車両に応じて変更します。

 

周辺部分もクリーニングアップ

新油はこのように透明なオイル。

タイミングベルト交換に伴う、フロント/リヤ サスペンションシステム・フェンダー内部・ホイールのクリーニングアップ後の画像です。

クリーニングアップは、手作業で仕上げます。

 

最終チェックへと進みます。

動力性能と美しさへの絶え間ない追求。

コックピットに乗り込み、エンジンをかける。

 

ステアリングを握り、アクセルを踏む。

自分とクルマがひとつになり、自由になっていく。

クルマとは本来、自分を解放するものであり、自己表現であり、生き方そのものだと思う。

 

人生とクルマの本当の楽しみ方を知る大人のために…

 

 

 

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »