フェラーリ 348 車検取得・オーナーご依頼箇所チェック

オフィシャルサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、フェラーリ 348 ナカムラエンジニアリングへと メンテナンスを御依頼頂き誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

ありがとー💗

バッチリ仕上げるねー😘

フェラーリ 348 車検取得チェックへと進みます

Ferrari 348 メカニカル・エレクトロニクス機能のコンディションチェック✅

フェラーリ 車両診断テスターは、Errorコードのモニタリング・各部の作動状況や出力波形etc…チェックに使用するのみです

車両診断テスターであっても、1つ1つの末端パーツまで全てを網羅している訳ではありません

解析データを、ナカムラエンジニアリングのデータベースと融合させチェックを行います

ボディープロテクターの装着。

 

エンジンのコンディションチェックへと進みます。

①メカニカル性能は低下していないか

 

②メカニカル各部のクリアランスは正しいか

 

③メカニカル機能の電源・電流チェック

 

④メカニカル機能のタイミング

 

⑤メカニカル機能が異常発熱していないか

 

⑥周波数の高い金属音が発生していないか

 

⑦同期した異音また振動が発生していないか

 

⑧吸気量・排気圧は高過ぎ・低過ぎないか

 

⑨排気ガス濃度は高過ぎ・低過ぎないか

 

⑩冷却水は規定圧力・規定量が循環しているか

 

⑪配管等からの漏れはないか

 

⑫メカニカルシール部分からの漏れはないか

 

⑬各部に使用されている潤滑油の粘度が低下していないか

この項目から更に分別しチェックします。

車両全体のコンディションチェック。

経年数での指定交換パーツ。

走行距離での指定交換パーツ。

フェラーリ 348 前期・後期・モデル・ 国別仕様でのチェック。

また車両のコンディションを整える為のチェックを行います。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車両より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

Ferrari spa.が推奨される指定交換パーツ。
必ずしも交換が必要とは限りません。

車両を構成している多種多様なパーツが使用許容範囲内か否かをチェックします。

 

ナカムラエンジニアリングが行う車検取得チェックは、『ただ乗って走るものとしての存在』の一般的なチェックではなく、

『フェラーリから伝わってくる五感への刺激を回復させる』という私たちのコンセプトの下行います。

テスターを接続しリフトUPで主たる箇所のみチェックする一般的な点検ではなく、隠れた内部にまでチェックは及びます。

 

不具合箇所の特定だけではなく、新車時のコンディションに回復させるという観点で行います。

ナカムラエンジニアリングが行う車検取得チェック項目の1つ。

テスト走行によるプロフィールチェック。

 

エンジンパフォーマンス・ドライビングプレジャーをセクション毎にチェックします。

プロフィールチェック後、再度リフトUP。

ナカムラエンジニアリングの解析データーを下に、再度チェックへと進みます。

車両のコンディションは、現在に至るまでのメンテナンス状況で、1台1台全く異なります。

多種多様な解析機器でのトラブルシューティング

ナカムラエンジニアリングが設備する多種多様な解析機器を使用し綿密なトラブルシューティングを行いピンポイントでトラブル箇所を確定し、且つ論理立て検証。

解析データを緻密に融合させた分析を行います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »