フェラーリ348 タイミングベルト交換 ・エンジン水漏れ修理

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

オフィシャルサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

Ferrari 348 ナカムラエンジニアリングへと メンテナンスを御依頼頂き誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えするメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

Ferrari 348 チェック 開始準備の為、クリーンなリフトセクションへ…

ボディープロテクターの装着。

タイミングベルト交換に伴う、エンジン分離前の車両チェックへと進みます。

私たちはトラブルを一度で確実に見極めます

恒久的またオリジナルを大切に.

フェラーリにとって最高の整備をご提案します

ご予算の中でオンリーワンの整備を…

ボデープロテクターの装着。

348 エンジン分離へと進みます。

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

オイルを抜いたメカニックの手

分解・組立もこの手で…

一流のメカニックは手を汚さない

ニューパーツへと交換します

エンジン分離工程へと進みます。

専用リフトで車両からエンジンを分離。

タイミングベルト交換前のクリーニングアップへと進みます。

 

僕は整備する前にエンジンもミッションも足回りも綺麗にしてから始めます

掃除に始まり掃除に終わる。

 

これってすべてに通じると僕は思う。

Before ⤴

After   ⤵

問われるのは整備技能だけではないと思います。

メンテナンスに対するこだわり、テクニック、センスなど、すべての要素が高次元でなければなりません

ウォーターポンプの交換へと進みます。

クランクシールの交換後の画像です

Before ⤴

After   ⤵

ベアリング交換に伴いテンショナーをオーバーホール

カムシャフトギヤー・クランクギヤーのメンテナンスへと進みます。

Before ⤴

After   ⤵

私たちが行うタイミングベルト交換は、ただベルトを交換するだけではありません。

動力性能と美しさへの絶え間ない追求。

クランクプーリーのメンテナンスへと進みます。

私たちが行う整備は、どの部位においても効率化を求めず丹念に仕上げます。

フェラーリのタイミングベルト交換時期

タイミングベルトの交換期限は、モデルに関わらず手厚く保管されている車両でも3年 (3年で0kmの走行でも交換が必要)

また3年経過しなくても、前回の交換から2万キロ走行した場合です。

 

どちらか先に達した時点での交換が必要です。

メンテナンス・クリーニングアップ済みエンジン

私たちはこの状態から初めてタイミングベルトを組み込みます

全ての整備をメカニックの綺麗な手と、磨き上げられた工具によって行います。

私たちのサービスはここから始まります。

タイミングベルト交換後の画像です

タイミングベルト交換時のみ可能なクリーニングアップへと進みます。

Before ⤴

After   ⤵

 

再使用するパーツは、ボルト・ナット1本までクリーンに仕上げます。

私たちが行うクリーニングアップは、パーツ本来の肌艶を回復させ新車当時と同じカラーを蘇らせます。

 

私たちのサービスはここから始まります。

フェラーリを本当に愛する大人の為に…

ナカムラエンジニアリングの整備は、クルマではなく芸術作品を生み出すという意識で日々作業に取り組んでいます。

オイルフィルターの交換

フランジ内部のクリーニングアップへと進みます。

クリーンな状態からオイルフィルターを組み付けます。

オイルフィルターは純正品を使用します。

 

クランプ角度にこだわり組み上げます

 

動力性能と美しさへの絶え間ない追求。

エンジン搭載前の車両側クリーニングアップへと進みます

エンジンを積む前に隅々まで、できる限りクリーニングアップする

しかし新車時から溜まった汚れは1回ではきれいになりません

これをエンジンを下したときにする

この積み重ねが最終的にビカビカになります

 

このプロセスが僕は大好き

メカニカルはもちろんフェラーリは美しくないとね

見えるところだけでは、僕はダメ

僕のフェラーリもお客さんのフェラーリも同じ

 

タイミングベルトだけ交換する整備は僕はしたくない

 

 

ボルト・ナット一本までクリーニングアップ

それだけでは組み込まない

ボルト・ナットに凄く良い溶剤を塗布してトルクレンチで最終ロック!

これ以上も、これ以下もない

 

これが僕たちの整備です

 

リブベルトも伸びています

同時交換がお勧めです

こう言うパーツも肝心

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

 

動力性能と美しさへの絶え間ない追求。

Before ⤴

After   ⤵

新しい部品ではありません

整備するために外したパーツはメンテナンスを行います

交換するホースはレッドに合わせます

このエンジンについていた元からのホースを磨き上げて再使用

そのホースの色に合わせて…

 

バッチリ色が合っていますね

 

エアクリーナーBOXのクリーニングアップへと進みます

Before ⤴

After   ⤵

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

ブレーキオイルの交換へと進みます。

交換期限を超過したオイル。

リザーバタンク アウターケース・タンク内部 クリーニングアップ後の状態です。

綺麗な状態から交換へと進みます。

 

タンクの中のヘドロもスッキリ

私たちは全ての整備をメカニックの綺麗な手と、磨き上げられた工具によって行います。

オイル交換

されどオイル交換

タイミングベルト交換に伴うフロント/リヤ サスペンションシステム・フェンダー内部のクリーニングアップへと進みます。

寒むーい海沿いからのご依頼だけど

塩化カルシュウムの時期は大事にしてもらっている348

Before ⤴

After   ⤵

見えない箇所にも最善を尽くす。

私たちは妥協しない整備・メンテナンスを行います。

タイミングベルト交換に伴うホイールのクリーニングアップ・メンテナンスへと進みます。

Before ⤴

After   ⤵

タイミングベルト交換に伴いフロアーカウルのクリーニングアップへと進みます。

Before ⤴

After   ⤵

最終チェックへと進みます

問われるのは整備技能だけではないと思います。

整備に対するこだわり、テクニック、センス 全ての要素が高次元でなければなりません。

 

私たちは、決して妥協しないメンテナンスをご提供します。

Nakamura Engineering.  大人の趣味をサポートするメンテナンス ファクトリーです。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »