Lamborghini ディアブロ SV  クラッチ不良 フロントセクション板金ペイント 及びマイスターチェック

Lamborghini ディアブロ SV  クラッチ不良 フロントセクション板金ペイント 及びマイスターチェック 弊社へと、ご依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答えさせて頂けますメンテナンス実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

弊社4tフルフラットボデー積載車にてお引取りさせて頂き、只今 弊社4tが帰って参りました。

只今よりファクトリーにLamborghini ディアブロ SV  入庫させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

弊社 特別プログラム マイスターチェック実施の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

マイスターチェックの第1段階の項目、ランボルギーニ純正 車両診断テスターにて、車両の現状の状態をコンピューター上で把握させて頂いてまいります。

フロント少し痛々しいですが、チェック完了後、お見積もり段階の間に、弊社の信頼できるパートナーの下でフロントセクションの板金ペイントを実施させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

特別プログラム マイスターチェック実施、第1段階の項目、ランボルギーニ純正 車両診断テスターにて、車両の現状の状態をコンピューター上で把握させて頂いてまいります。

こちらの画像は、車両と交信開始の最初のランボルギーニ純正 車両診断テスター トップページです。

このページよりモデルや、年式、ミッョンが、eギヤーか、6速ミッションか、などの項目を選び出します。

エンジンをスタート。

ランボルギーニ ディアブロ SVと、ランボルギーニ純正 車両診断テスター交信開始です。

マイスターチェック最初の項目の、ランボルギーニ純正 車両診断テスターにて、車両と交信させて頂き、各部のERRORコードの読み出しや、各部の作動状況のチェックを開始させて頂きます。

ERRORコードが入力されていないからOKと言うチェックでは、本当の車両の現在の状況は把握が出来ません。

各パーツや、センサーの作動状況や、エレクトロニクスの波形の状態、指定範囲内で全て起動しているかどうか。
範囲内でも、そろそろ範囲外に達しそうな箇所が有るかどうか、などなど…….
全てをチェックさせて頂き、車両の現状の状態を把握します。
このチェックにより未然に高額な修理を免れられる場合も多々有ります。

こちらのランボルギーニ純正 車両診断テスターの画像は、すでにERRORコードのチェックを済ませ、現状の車両のパラメーターのチェック画面に入らせて頂いております。

ランボルギーニ純正 車両診断テスターにて、車両ECUのトラブルコードのチェック及び車両全体の各部のエレクトロニクスや、作動状況の確認完了させて頂きました。

続いて、次の項目の年数的、指定交換パーツ 走行距離的、指定交換パーツ、また、使用状況下による各部のチェック、Lamborghini ディアブロ SV  の傾向的不具合箇所のチェック及び計測に入らせて頂きます。

こちらの画像は、フロントショックブッシュが完全に切れてしまい変形致しております画像です。

続いて、足回りのブッシュの画像です。

ブッシュラバーの亀裂がかなり入ってしまっており、走行時の車両の挙動が不自然な動きをしてしまいます箇所です。

ステアリングギヤボックスよりのオイル漏れが発生致しており、漏れたオイルが風圧でフロアーに付着致しております。

こちらは、オイルが風圧で付着致しておりますフロアーの画像です。

続いて、ミッションからのオイル漏れの状態です。

ランボルギーニは、Ferrariと違い、タイミングチェーンでの駆動です。

こちらは、タイミングチェーンに張力を保つ為のテンショナーからのオイル漏れの状態です。

テンショナー装着部のエンジン上部からの画像です。通常オーナー様が見られている状態では、この様にオイル漏れが把握出来ない箇所に装着されております。

エンジン下からの画像です。

エンジンからのオイル漏れなどは一切無い状態です。
全体的には、経年劣化パーツの交換が施されていない状態に感じ取れますが、基本的には、コンディションは非常に良いSVです。

引き続き各部のチェック及び計測 実施させて頂いております。

このチェックにより現状の車両の状態をオーナー様が把握して頂けます事が、1番大切な事だと思います。

弊社でチェック後の状態と、車両のキッチリと致しましたメンテナンスの施工の仕方を全てご説明させて頂きますが、一期に全てを施工するのは非常にベストですが、やはり少しずつ、現状車両が一番求めている箇所より、広く浅くのメンテナンスではなく、
ピンポイントで1つの不具合を徹底的にメンテナンスする方法が、一期に整備費用もかさまず良いと思います。今後のメンテナンスメニューを弊社で製作させて頂きますので、お時間出来ました時点で、1つの不具合箇所に対してピンポイントで奥深くメンテナンスを施工する方法が一番良いと思います。全て施工完了時に完璧な車両にさせて頂ける一番の近道だと思います。

弊社、特別プログラム マイスターチェック実施 全て完了させて頂きました。

弊社で、全ての内容一度整理させて頂き、お電話にての現状のLamborghini ディアブロ SV の状態 詳細にお伝えさせて頂きたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

その間にフロントセクションの板金ペイントを弊社の信頼できるパートナーの下へ本日、搬送させて頂き、作業実施させて頂いて置きますので、宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ディアブロ SV 信頼できるパートナーの下で、フロントセクション板金ペイント申し分無い仕上がりで完了し、弊社ファクトリーへと帰って参りました。

右フェンダーウインカーレンズのみ入荷待ちとなっております。

宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »