Lamborghini ディアブロ 車検&メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Lamborghini ディアブロ メンテナンス御依頼誠に有り難うございます。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ディアブロ 車検&メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

Lamborghini純正車両診断テスターにて、車両と交信開始させて頂いております。

各Errorコードだけではなく、車両診断テスターを100%使い切り、各部の作動状況などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

このチェックデーターを元に車両各部のチェックを開始させて頂きます。

年数的指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。
マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Lamborghini ディアブロ 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

最終チェック段階に入らせて頂いております。
担当メカニックにより細部までチェックさせて頂きます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂行きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

今回のメニューの油脂類の交換及び、各部のセッティング作業に入らせて頂きます。

油脂類の交換作業の実施です。

ブレーキ&クラッチオイルは、1年毎の交換が望ましい部分。

小さいギヤーで、強烈なエンジン パーワー&トルクを伝達する駆動系。

ミッションや、デフオイルは、極圧剤入りのギヤーを保護できるオイルが好ましい部分。

油脂類の交換も完了。

続いて、足回り全てをトルクレンチを使用し締め付けトルクの調整を行わせて頂きます。

300kオーバーで疾走するロードゴーイングマシン。

規定トルクでの締め付けは、大変重要なポイントです。

続いてエンジンのセットアップに入らせて頂きます。

エンジンのセットアップも完了。

アイドリングも安定。

レーシング時のエンジンのピックアップも非常に良い状態に変化致しております。

続いて、分解時のフェンダー内部のクリーニングアップを実施させて頂きます。

こちらは、現状の画像です。

上記 フロントフェンダー内部のサスペンション&アーム類、またブレーキシステムに至るまで、クリーニングアップ実施後の画像です。

4輪 全て、非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

続いて、中々通常オーナー様が手の入りにくいホイール内側のクリーニングアップも全て実施させて頂きます。

現状の画像です。

上記ホイールのクリーニングアップ後の画像です。

4輪全てクリーニングアップ実施させて頂き、非常に綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

セットアップ&クリーニングアップ完了の、Lamborghini ディアブロの心臓部。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたLamborghini ディアブロ。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、お渡しさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »