Lamborghini ガヤルド マイスターチェック

6088_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

この度は、Lamborghini ガヤルド マイスターチェック御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

6146_1

Lamborghini ガヤルド マイスターチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6148_1

続いて、Lamborghini純正車両診断テスターにて、Lamborghini ガヤルド 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車両診断テスターを100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を的確に把握致します。

6151_1

Lamborghini純正 車両診断テスターを使用し取得した各部のデーター。

現状のLamborghini ガヤルド マシン全体のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、eギヤーのクラッチ残量&のeギヤー調整の状態。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

6152_1

続いて、Lamborghini純正車両診断テスターで取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイント&を現状のマシンの状態を把握し切ります。

ここが、非常に重要なメンテナンスポイントです。

6172_1

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Lamborghini ガヤルドの傾向的不具合発生箇所。

(前期モデル 後期モデルで、傾向的不具合発生ポイントも異なります)

また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

おはよう御座います。

全てのチェックを完了させて頂きましたLamborghini ガヤルド。

担当メカニックが、確実に現状マシン全体のコンディションを把握させて頂きました。

マシンの詳細をオーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂きます。

オーナー様に分かりやすく詳細なマシンの状態を記載させて頂きましたチェックシートを送付させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

全てのチェックを完了させて頂きましたLamborghini ガヤルド。

担当メカニックが、確実に現状マシン全体のコンディションを把握させて頂きました。

マシンの詳細をオーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂きます。

オーナー様に分かりやすく詳細なマシンの状態を記載させて頂きましたチェックシートを送付させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »