ランボルギーニ ガヤルド エアコン修理 整備

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

ランボルギーニ ガヤルド

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもランボルギーニ ガヤルド メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたランボルギーニ ガヤルドを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

ランボルギーニ ガヤルド

トラブルシューティング開始です。

 

まず、第1段階。

Lamborghini 純正車両診断テスター LDASを、ランボルギーニ ガヤルド 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Lamborghini 純正車両診断テスター LDASで、エレクトロニクス関連の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

ランボルギーニ ガヤルド

トラブルポイント各部の作動状況や出力波形に至るまで、LDASで出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

ランボルギーニ ガヤルド

Lamborghini 純正車両診断テスター LDASで取得した各部のデータ。

 

トラブルポイントのメカニカルまた、エレクトロニクスパーツの作動状況。

また、セット状況。

各部のデータを取得。

最新のランボルギーニ アップデートデータとの比較も行います。

 

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

ランボルギーニ ガヤルド

LDASで取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

コントロールメインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

LDASでモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

 

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

トラブルポイント、また関連部位を専用機器を使用しトラブルシューティング。

ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

ランボルギーニ ガヤルド

エアコン効き不良のトラブルシューティングへと。

エアコンガス圧力が規定値より著しく低下している状態。

エアコンガス漏れが発生しています。

 

エアコンガスが足らないと、ガスのみ補充される場合をよく見受けます。

安易にエアコンガスを注入するのはエアコン系統に多大な2次的ダメージを与えます。

これは人災です。

 

エアコンの構造上ガス漏れは、コンプレッサー潤滑用のオイルと同時に大気開放します。

エアコンガスを補充する事で、更にオイルが無くなる方向へと促進されます。

根本の主原因のガス漏れが直っていない訳ですから…

ついにはコンプレッサーの焼き付を引き起こします。

そこまでに至ると、焼き付いたコンプレッサー内部構成パーツの破片がエアコンライン内に飛散し、多大なダメージを引き起こします。

なので、エアコンガス圧が低下しエアコンが効かない場合、安易な補充は避けるべきです。

 

ガス漏れが発生している不具合ポイントを確実に見極めリペアすることが必要です。

ランボルギーニ ガヤルド

車輌 フロント インテリア内 フロアー ユニット等々に巡っているエアコンライン。

また、制御パーツからのガス漏れポイントのトラブルシューティングに入ります。

ランボルギーニ ガヤルド

ガス漏れポイントのトラブルシューティング。

車輌全体に巡らされているエアコンパイプや、パーツを全て専用機器を使用しリークポイントを的確にチェック。

 

ここでの誤診は致命的です。

ランボルギーニ ガヤルド

専用機器は数種類完備します。

漏れの大小で全ての機器を使い分けます。

赤外線での設備も完備。

最先端の設備とエアコンの基本構造を熟知したエンジニアがトラブルシューティングを実施。

 

確実にリークポイントを特定します。

ランボルギーニ ガヤルド

エアコンガスは、劣化しません。

よく、エアコンガスの入れ替え等、薦められる場合がありますが、全く意味の無いものです。

漏れ等が発生しない場合半永久的に使用できます。

ランボルギーニ ガヤルド

全てのチェックが終了したランボルギーニ ガヤルド。

 

現状車輌に発生している不具合個所を確実にピンポイントで把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめご連絡させて頂きます。

ランボルギーニ ガヤルド

車輌のトラブルポイントまた、なぜトラブルが発生したのか。

確実なリペア&メンテナンス方法をご報告し、決定させて頂いた今回のメンテナンスメニュー。

 

早速、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

ランボルギーニ ガヤルド

リペア&メンテナンス開始です。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

ボデープロテクターの装着。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

全ては、車輌構成から始まり、エレクトロニクス、メカニカルシステム、素材まで含め熟知したエンジニアが独自のトラブルシューティングを行います。

メカニカルから、エレクトロニクスの司令塔〜末端のコントローラーや、センサー等を完璧に見極め、ピンポイントでトラブルポイントを確定。

 

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定済み。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

的確なトラブルポイントのリペア&メンテナンス開始です。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

リペア&メンテナンス後、一部の画像です。

リペア&メンテナンスと同時に周辺部位もクリーニングアップ。

スッキリ、クリーンな状態を取り戻します。

 

単にパーツ交換するだけではなく、問題の無いパーツや、ニューパーツとの接続部等、独自のクオリティーで徹底したメンテナンスを行います。

こうした細部の技術こそ確実なクオリティーを得るには必要不可欠なことと私たちは考えます。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

リペア&メンテナンスに伴い分解したパーツ群を組込み前にクリーニングアップ。

ボルト、ナット1つまでメンテナンス&クリーニングアップを行い組上げます。

ランボルギーニ ガヤルド

この積み重ねが、この車輌のコンディションを整えます。

ランボルギーニ ガヤルド

クリーニングアップ済みのクリーンなカウル類を組み込み。

 

カウル1つの組み込にもこだわります。

基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

続いて、全てのリペア終了後の最終チェック。

 

入力されていたERRORコードなども全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Lamborghini 純正車両診断テスター LDASで、ランボルギーニ ガヤルドの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェックを実施します。

また、メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

最終チェックも完了。

クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

ランボルギーニ ガヤルド

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

ランボルギーニ ガヤルド

全てのリペア&メンテナンス終了のランボルギーニ ガヤルド。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 105枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »