ランボルギーニ ガヤルド 車高調整式 サスペンション取付

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

いつもランボルギーニ ガヤルド メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたランボルギーニ ガヤルドを積んでファクトリーに戻って参りました。

 

只今よりご入庫時のエクステリア・インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えするチューニングを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

ご依頼頂いておりました、ランボルギーニ ガヤルドのヘッドライトスモール・コックピットバルブのLED化。

現在装着されているバルブの確認工程に入らせて頂きました。

 

私たちが厳選した品質の高いLEDバルブへと換装させて頂きます。

ランボルギーニ ガヤルド サスペンションチューニング開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

現在、純正サスペンションシステムのロアーシートを調整し車高が下げられている状態。

純正サスペンションシステムは車高が調整出来る為、間違った調整が行われ、見た目重視の車両がほとんど。

フェラーリ・ランボルギーニのサスペンションシステムの基本構造・基礎知識を熟知していれば決して行わないセットアップです。

純正サスペンションシステムに間違った調整を行うと、直進安定性・コーナーリング性能・加速時 減速時性能・ピッチング性能・ヨーイング性能 etc.のデメリットばかりが際立ち、車両の運動性能が著しく悪化します。

ランボルギーニ ガヤルド ナカムラエンジニアリング スペシャルサスペンションへと換装・セットアップ工程へと進みます。

常にメンテナンスをご依頼頂いているランボルギーニ ガヤルド。

メンテナンス時に行わせて頂くクリーニングアップで非常にクリーンな状態が保たれています。

 

クリーンな状態が保たれている為、オイル・冷却水漏れ等のトラブルが発生している場合でも直ぐに確認できます。

クリーニングアップは、この様なトラブルの早期発見の為にも重要なんです。

ナカムラエンジニアリング スペシャルサスペンションへの換装工程を進めます。

ナカムラエンジニアリング スペシャル QUANTUM レーシングダンパー。

 

20種類以上の中から選んだ特性の違うメインピストンと、強さの違うバルブの組合せから導き出される途方もない種類の減衰力特性。

ナカムラエンジニアリング スペシャルの製作に伴う解析データーを下に、QRS様と綿密なお打ち合わせを行いオーナー様のご希望を上回るポテンシャルを秘めていると確信する1set. です。

 

世界で1set.のみ誕生したナカムラエンジニアリング スペシャル。

 

ナカムラエンジニアリング スペシャルの製作に伴うデーター解析。

QRS様の膨大なノウハウと、私どもの解析データーを緻密に融合させた正にスペシャルモデル。

 

この基本コンセプトの違いが、他社とは決定的に違うドライバビリティーとなって現れます。

フロントスペシャルレーシングダンパー。

ランボルギーニ ガヤルド純正リフトUP機能をそのままに、QUANTUM レーシング製リフトUP機能を装備。

リヤスペシャルレーシングダンパー。

ナカムラエンジニアリング スペシャル QUANTUM レーシングダンパー組み込み工程へと進みます。

画像左がフロント ナカムラエンジニアリング スペシャル。

画像右が純正。

 

左右を比較すると、全長がショートになっているのが良く分かる画像です。

フロント ナカムラエンジニアリング スペシャル レーシングダンパー組み込み工程後の画像です。

製作に伴う解析データーを下に緻密な組み込み工程を実施。

 

この工程により更に他社とは決定的に違うドライバビリティーとなって現れます。

リヤ ナカムラエンジニアリング スペシャル レーシングダンパー組み込み工程へと進みます。

画像右がリヤ ナカムラエンジニアリング スペシャル。

画像左が純正。

 

フロント同様、全長がショートになっているのが良く分かる画像です。

リヤ ナカムラエンジニアリング スペシャル レーシングダンパー組み込み工程後の画像です。

フロント同様に、製作に伴う解析データーを下に緻密な組み込み工程を実施。

ナカムラエンジニアリング スペシャル レーシングダンパーを緻密な組み込み工程終了のフロント・リヤ セクションの画像です。

スペシャル レーシングダンパーへと換装に伴い取外したホイールのメンテナンス・クリーニングアップ工程へと進みます。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップを行っていきます。

メンテナンス・クリーニングアップ工程後の画像です。

プロのレースチームでもホイールの磨きは重要な仕事の1つです。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェックします。

 
ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつなんです。

スペシャル レーシングダンパーへと換装に伴い分解したパーツ1つ1つを独自のクオリティーで仕上げます。

コーナーウエイトレシオ・フルアライメントの測定・セットアップ工程へと進みます。

コーナーウエイトレシオ 測定・セットアップ工程へと進みます。

スペシャルサスペンションへと換装後のランボルギーニ ガヤルドにコーナーウェイトゲージを設置。

 

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えます。

コーナーウエイトレシオ 測定・セットアップ。

測定前に、以前のセットアップをセットダウン。

 

セットダウン工程後、1からセットアップ工程へと進みます。

フルアライメント測定・セットアップ工程前に、コーナーウェイト測定・セットアップ工程を行います。

 

荷重移動がスムーズになり、サスペンションの性能がフルに発揮できます。

 

又、コーナーウェイトを合計し、(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

フルアライメント 測定・セットアップ工程へと進みます。

埃一つないクリーンな状態。

 

アライメントをセットできるポイントは多々存在します。

クリーンな状態からでなければ、確実なセットアップは行えないと私たちは考えます。

 

私たちが行う整備の基本方針です。

サスペンションシステムの変更、整備・メンテナンスまた何らかのセットを変更した場合、フルアライメントの測定・セットアップは必要不可欠な工程です。
 

また、変更点が無くてもアライメントは変化してしまいます。

定期的な測定・セットアップが好ましいポイントです。

アライメントのポイントは、サスペンションシステムや、タイヤのキャラクターをどれだけ活かせるかが最重要ポイント。

ですので、基本アライメントは存在するものの、正解は1つではありません。
 

車両の仕様はもちろん、使用用途やドライビングテクニックによっても、最適なアライメントにセットします。

1台1台オーダーメイドのアライメントにセットアップします。
 

タイヤの銘柄、純正でもサスペンションのプリロードの違い、またサスペンションシステムを変更している場合はバンプ、リバンプ、ストロークスピード等々数限りなく違いがあります。

私どもの解析データーを緻密に融合させたデータを下に、オーダーメイドのセットアップを行います。

 

その結果、乗りやすい=リスクを回避できる=積極的にアクセルを踏んでいけドライビングに集中できる。

この法則が大切。

ヘッドライトスモール・コックピットバルブのLED化 工程へと進みます。

私たちが厳選した品質の高いLEDバルブへと換装工程後のヘッドライトスモール・コックピット。

ランボルギーニ ガヤルド最終チェック工程へと進みます。

ランボルギーニ ガヤルド ナカムラエンジニアリング スペシャル レーシングダンパーへと換装に伴う最終チェックも終了。

エクステリア・インテリアの最終仕上げもメンテナンス同様こだわります。

 

問われるのは整備技能だけではないと思います。

メンテナンスに対する品質へのこだわり、テクニック、センスなど、すべての要素が高次元でなければなりません。

ナカムラエンジニアリングが行う、チューニング・セットアップ 終了のランボルギーニ ガヤルド。

 

実施した全てのチューニング・セットアップ工程中の写真。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 269枚(DVD-R 1枚に落としてあります)

 

また、今回のチューニング・セットアップ内容も分かり易く作成させて頂いております。

 

いつもナカムラエンジニアリングへメンテナンスを御依頼頂きまして、誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

ナカムラエンジニアリングは、大人のロマンを形にするメンテナンス ファクトリーです。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »