AMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION. 車検&メンテナンス

s-IMG_1097-300x225

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも6.0-4V HAMMER メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_2830-300x225

s-IMG_2831-300x225

AMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION. チェック開始準備の為、リフトセクションへと…….

s-IMG_29711-300x225

チェック開始です。

s-IMG_29831-300x225

プロテクターを装着。

s-IMG_2987-300x225

AMGは、1967年、レース用エンジンの設計・製作会社として誕生。

創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト、エンジニアのエバハルト・メルヒャー、アウフレヒトの故郷のグロース・アスパッハの頭文字を取りAMGと社名を銘銘。

現行販売されているAMGは、メルセデス傘下に入りメルセデス側が新車開発する段階でAMG側に車両情報を送るところからスタート。

そのためメルセデスの新車公開とほぼ同時にAMGを公開出来、メルセデスの生産ラインで大量生産されています。

このAMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION.は メルセデスの傘下に入る以前の魂のこもったチューニングを一台一台に施し、理想の車、究極のメルセデスを追い求めたチューニングメーカーだった当時のモンスターマシン。

当時AMGの輸入元だったAMGジャパン(ヤナセの子会社)が数台のみ日本に輸入したマシン。

当時のアウトレヒィト社長の最高傑作といわれる、AMGの代表車・・・ 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION.です。

当時のカタログには“ホイールスピンさせずにスタートするには、あなたの強い自制心が必要”と謳われていた位のハイパワーエンジン。
エンジンは稀少な前期型・・・

メルセデス V8 M117型の腰下ブロックをベースにAMGが6.0Lへとアップデート。

その6.0のブロックにコスワース製のツインカム4バルブを組み込んだ非常にピーキーなモンスターエンジン。

当時色々なエンジンを作ってきたAMGですが、このハンマーだけはW124ボディーを、AMGマイスターがエンジンルーム形状を変更させてまでアップデートしたエンジンを搭載させたモンスターマシン。

また、エンジンパワーに耐えうるボディの補強をはじめ、ありとあらゆる部分が別物のように仕立てられてます。

AMG車の最後を飾る歴史的な一台といっても過言ではないのではと思います。

s-IMG_2986

AMG製のモンスターエンジンの噴射量を制御するシステムはKジェトロ。

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

6.0Lのブロックに、ハイカムシャフトが組み込まれているツインカム4バルブエンジン。

エレクトロニクス関連また、メカニカルチェックを実施。

s-IMG_3056

s-IMG_3057

続いて、メカニカル関連のチェック。

AMGで仕立て上げられるている各部。
年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

s-IMG_3060

s-IMG_3061

路面とのヒットで、変形してしまっているオイルパン。

s-IMG_3054

s-IMG_3053

オートマチックからATFが多量に漏れ出してきてしまっています。

経年劣化によるものですね。

s-IMG_3066-300x225

経年劣化でVベルト裏面が…

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb239-300x225

全てのチェックが終了したAMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION.

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb256-300x225

今回のリペア&メンテナンス個所、また今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、その中で1セクションを確実にメンテナンスする方法で決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_5517-300x225

AMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION. リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_55611-300x225

リペア&メンテナンス開始です。

s-IMG_55471-300x225

ヒットし変形しているオイルパンの交換。

s-IMG_5548-300x225

オイルプレッシャースイッチの交換。

s-IMG_5549-300x225

カートリッジタイプ オイルフィルターの交換。

s-IMG_55511-300x225

s-IMG_5560-300x225

単にエレメントの交換だけではなく、カートリッジ内部 外部もクリーニングアップ。

s-IMG_5559-300x225

左がオイル漏れが発生していたブレッシャースイッチ。

右がニューパーツ。

s-IMG_5587-300x225

s-IMG_55881-300x225

s-IMG_5591-300x225

オイルパン交換の為分解されたユニット。

ユニット側オイルパン接触面 歪の加工修正を行います。

また、ユニット内部 スラッジのクリーニングアップを同時に実施します。

もう少し早めのオイル交換をお勧めします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb293-300x225

s-IMG_5602-300x225

s-IMG_5604-300x225

加工修正&スラッジのクリーニングアップ後。

スッキリ。

同時にオイルレベルセンサーも交換。

s-IMG_56051-300x225

右がニューパーツ。

ニューパーツも摺り合せし組み込みに備えます。

続いてブレーキのリペアに入ります。

s-IMG_5739-300x225

s-IMG_5740-300x225

s-IMG_5742-300x225

ディスクパッドは、10〜20程度の複数の複合材料で成型されていますね。

パッド複合材料の経年劣化も進みます。

劣化が進むと本来の制動能力が著しく低下してしまいます。

残量だけでなく、劣化の見極めも重要です。

s-IMG_5744-300x225

左がニューパーツ。

s-IMG_5767-300x225

Vベルト。

右がニューパーツ。

s-IMG_5770-300x225

組込み完了。

s-IMG_57722-300x225

エキゾーストラバー。

s-IMG_5790-300x225

左がニューパーツ。

s-IMG_5792-300x225

組込み完了。

続いてディスクジョイントのリペアに入ります。

s-IMG_57731-300x225

s-IMG_5775-300x225

ディスクジョイントに入った亀裂。

リペア&メンテナンスに入ります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb298-300x225

s-IMG_5799-300x225

周辺部分もクリーニングアップ。

リペア&メンテナンス完了のディスクジョイント。

続いて、ジャッキアップポイントラバーの交換に入ります。

s-IMG_5777-300x225

s-IMG_5778-300x225

s-IMG_5779-300x225

s-IMG_57801-300x225

こちらも各リペアポイントと同じくラバーパーツ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb297-300x225

s-IMG_5793-300x225

左がニューパーツ。

s-IMG_5794-300x225

s-IMG_5795-300x225

s-IMG_5796-300x225

s-IMG_5797-300x225

交換終了。

続いてロアーボールジョイントブーツのリペア&メンテナンスに入ります。

s-IMG_5811-300x225

s-IMG_5812-300x225

s-IMG_5813-300x225

s-IMG_5824-300x225

ボールジョイントブーツが劣化。

亀裂が入り内部に砂や誇りが混入しボールジョイント自体にガタを発生させます。

今回はまだガタの発生が無い為ボールジョイントのオーバーホールを…….

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb301-300x225

s-IMG_5826-300x225

右がニューパーツ。

s-IMG_5822-300x225

オーバホール後のボールジョイント。

s-IMG_5884-300x225

s-IMG_5886-300x225

R/H L/H 組み込み完了です。

エンジンユニット ボデー関連等、マシン各部におびただしい数が使用されているラバーパーツ。

ラバーパーツは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

定期的なチェックで2次的不具合発生前にリペア&メンテナンス。

続いて油脂類の交換に入ります。

s-IMG_5751-300x225

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

スーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので的確な時期で定期交換が必要です。

s-IMG_5752-300x225

まずブレーキオイルの交換。

現状のブレーキオイル&リザーバタンクの状態。

もう少し早めの交換をお勧めします。

ブレーキオイルの交換時期はオイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

通常のストリートでの使用また、乗らなくても1年毎の交換をお奨めします。

ブレーキオイルは吸湿性が高く大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けるとハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをベーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生しピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

ブレーキ系統による危険性を良く理解したうえでメンテナンスを行いましょう。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb303-300x225

s-IMG_57531-300x225

リザーバタンク内部また、周辺部分もクリーニングアップ。

クリーンな状態から交換を実施。

s-IMG_5756-300x225

専用機器で交換。

s-IMG_5761-300x225

AMG 300CE 6.0-4V HAMMER のマシンスペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

s-IMG_57621-300x225

s-IMG_5763-300x225

続いて見逃されがちなパワーステアリングオイルの交換。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb304-300x225

s-IMG_5764-300x225

リザーバタンク内部また、周辺部分もクリーニングアップ。

クリーンな状態から交換を実施。

s-IMG_57651-300x225

パワーステアリングオイル。

パワーステアリングは、エンジンの出力を利用してポンプを作動させることで高圧な油圧発生させ、その力でステアリング回転力を軽減する部位。

ラック&ピニオン式とボールネジ式に大別されます。

パワーステアリングオイルの劣化が進んだ場合には、パワーロスによる操作性悪化やポンプからのオイル漏れが発生するなど、2次的不具合を誘発させます。 的確な交換距離及び年数での交換が必要です。

s-IMG_57661-300x225

専用機器を使用しパワーステアリングオイル交換終了。

同時にエンジン冷却水も交換。

s-IMG_5889-300x225

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb308-300x225

s-IMG_59011-300x225

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_5927-300x225

続いて追加ご依頼頂きましたフロントグリルメッシュのリペイント。

パートナーの下で復元されます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb323-300x225

s-IMG_6462-300x225

復元されたフロントグリルメッシュ。

s-IMG_64662-300x225

ノブはニューパーツにブルーブラックペイント。

s-IMG_64701-300x225

グリルに組み込み。

s-IMG_6617-300x225

6.0-4V HAMMER WIDE VERSION

独自のセットアップも終了。

s-IMG_6620-300x225

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_6621-300x225

s-IMG_6622-300x225

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

s-IMG_6612-300x225

s-IMG_6610-300x225

全てのリペア&メンテナンス終了のAMG 300CE 6.0-4V HAMMER WIDE VERSION.

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

4 Comments

  • ナカムラエンジニアリング
    ナカムラエンジニアリング| 2011年2月12日 at 9:31 PM 返信

    いつも有難うございま~す!!

    毎日見てくれる方たちに感謝!感謝!です。

    日々のレポートや、その他等々頑張って更新してま~す!

    マシンの仕上がりを楽しみにしていて下さいね。

    こちらこそ宜しくお願い致します。

  • Nishikawa| 2011年2月12日 at 3:32 PM 返信

    毎度お世話になりまーす。

    いつもメンテナンス状況をwebで見られま進捗状況が良くわかり感謝!感謝!でーす。

    社長更新毎日大変でしょうが頑張って更新してくださいね。

    今回もお世話になっておりますが、いつもの事ながら細かいところまで気を配って頂き

    感謝いたします。

    引き続きよろしくお願いいたします。

  • Nishikawa| 2011年1月15日 at 1:57 PM 返信

    本日はお邪魔しました。

    先ほど帰宅しましたがやっぱりこちらは雪で~す。
    まわりはうっすら白くなってきています。
    この調子で降るんでしょうね。

    今日、明日はコタツと仲良くなりそうです。

    では、また

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2011年1月15日 at 4:11 PM 返信

      いつも楽しいひと時有難うございます。

      こちらは、ちらほら晴れ間も出ています。

      明日は、WRC のライコネンになれますね。
      気をつけてフルカウンターでSS駆け抜けて下さいね(笑)!!

      また、遊びに寄って下さい。
      お待ちしていま~す!!

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »