レストア

オリジナルへの追求心を満足させるクォリティを目指します

ボディレストア

ボディ・シャシーのコンディションを綿密に分析し、ベストなボディレストアを実施します。
ボディはオリジナル コンディションを前提に復元致します。
スチール・アルミ・FRP・プラスチック製パーツ等、復元が不可能な場合が御座います。
復元が不可能なパーツは、オリジナルパーツへの交換または設計・製作を行わせて頂きます。

フルレストア

フルレストアとは、車両全てをパーツ単位にまで分解し、個々のパーツ1点1点を新品のコンディションに回復またはオリジナルパーツへの交換を行い組み上げ直す事を意味します。
新車当時のコンディションに回復させるのがフルレストアと言います。
フルレストアを実施させて頂く車両は、時が経過しているビンテージカーが多く全てを新品に復元する事は容易ではありません。

その様な場合、極力オリジナルに近いコンディションを目指し復元します。
経年劣化パーツ・スチール製の小さなパーツは腐蝕し原型を留めていない場合があります。
ラバーパーツ等の経年劣化してゆくパーツは年々入手が難しくなっきているのが現状です。

株式会社 ナカムラエンジニアリングはイギリスに拠点を置く自社のパーツセンター Nakamura Engineering.UK.を運営しています。
Nakamura Engineering.UK.は全世界にネットワークを持ちフェラーリ社・ランボルギーニ社が世界欠品でメーカーから入手出来ないパーツを、ほぼ全て入手できるのが強みです。

しかし1部のパーツは入手できない場合もあります。
入手が完全に不可能なパーツに関しては1点1点 設計・製作しオリジナルへの復元にこだわります。

レストアにおけるメニューについて

レストアにおける非常に大切な事柄はお客様とのコミュニケーションです。
このコミュニケーションなくしてレストアは成立しません。
事前に時間をかけ丁寧にご説明させて頂き十分なご理解を頂く事はもちろん、綿密なお打ち合わせが非常に大切です。

また、レストア中に至っても常にお客様とコミュニケーションを行いながらお客様のご希望に添えるようレストア工程を進めます。
金属疲労など外観上では分析し切れない部分もあり個々の車両コンディションによって差が生じます。
一台として同じレストア作業はありませんが、これまでの経験を踏まえ作業工程を密に認識して頂いております。

また、レストア終了後に実施するテストランでお客様に同乗をお願致しております。
納品直前までお客様のリクエストにお応えする体勢を整えております。
レストア後再びガレージに戻ってきた愛車のステアリングを握り、車両から伝わってくる五感への刺激・再び豊かな個性をしっかりと自己主張をし始める魅力を体感して頂きその醍醐味をぜひ味わって頂きたいのです。

お問い合わせ

Back to top
Translate »