無線 ファイバースコープによる確実なトラブルシューティング

無線 ファイバースコープです。

通常のファイバースコープは、無線式では無く、スコープを一人でのみ覗き込むタイプです。

私共のファクトリーでは、無線式を有設備させて頂いております。

先端の画像を無線にて飛ばし、専用モニターに、映し出せます。

これにより、より、大画像にて、的確に判断出来ると共に、担当メカニック以外のメカニックも、全て一緒に画像を見て総合的に判断する事が可能です。

こちらの画像は、ファイバースコープをエンジン シリンダー内部に挿入した、ピストンヘッドの画像です。

分解する事無くエンジン シリンダー内壁やバルブの状態などを全て確認する事が出来ます。

無線式 ファイバースコープでの車両診断中の画像です。

モニターを見ながら各部の映像を映し出して各部的確に判断していきます。

お問い合わせ

Back to top
Translate »