手に入らない部品はありません フェラーリの修理屋ですから

ディノ 246 エンジンオーバーホールのようすです、

 

クランクシャフトの点検中不可解な部分がみつかり浸透検査へ

やはりおもった通りの結果でした。

現在の技術をもってしても完全修理できる内容ではありません。

このクランクシャフトの再使用は断念します、

 

ここまで見切って初めて交換の判断をします。

新しいクランクシャフトです、

手に入らない部品はありません。

 

私たちはフェラーリの修理屋ですから、

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »