クラシックフェラーリ 修理 まるで壊れているところがみえていたかのようです

今日の工場ではフェラーリ330gt 2+2の故障診断が進んでいます、

彼の故障診断は正確です、

まるで壊れているところがみえていたかのようです

 

いつもそうなんです、

分解していた部品を丁寧に組み上げ

イグニションキーを回す、

彼のいつもの仕事ぶりです、

 

今でも彼は毎日フェラーリのことについて学んでいます、

これから先もずっとそうでしょう。

 

32年間続けてきた仕事への情熱がさらに熱くなっているような気がします、

 

 

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »